見出し画像

気づいたら、お花屋さんでビールを飲んでいた。

ちょっと不思議な日常の1ページ。

このあいだの6月7日のくりこ誕生日パーティー(じぶんでパーティーひらいたのね)のときに、ひまわりをたくさん買って、来てくれたみんなに配った。その花を買ったお気に入りのお花屋さんに「こんど寄りなよ」というようなことを言ってもらって、昨日の夜に寄ったのだけれど。

訪ねると、店主さんがお店のなかの席に呼んでくれた。

「なに飲む?やっぱりビールだよな」

気づくと、わたしはお花の入っている大きなガラスの冷蔵庫(?)から取り出されたビールを飲んでいた。しかもおつまみに殻つきのピスタチオも出してくれる。

店主さんは、テーブルの向こうに座って、アコースティックギターを弾く練習をしていた。ふつうに上手だ。ギターにはいっぱいマジックでなにかが書いてある。

ちょっと店主さんと世間話でもして帰るのだろうな、とうっすら予想していたので、じぶんの筋書きと違う状況に、わくわくしてくる。

飲みはじめてすぐ、もう1人の来客。デザインをやってるというお兄さん。

店主さんは「どうぞ話してて」とギターの練習を続け、ときに花を買いにお客さまが来ると立ち上がる。

はじめて会うお兄さんでも、いつものお花屋さんだからか、ビールを飲んでるからか、話がそこそこなめらかに進む。

彼はここのお花屋さんにはお世話になっていて、店主さんのおかげもあってお花を使ったアクセサリーのブランドを立ち上げたのだと教えてくれた。よく遊びにきているらしい。

わたしも、このお花屋さんでお花を買うようになって、花びんをつくりたいのだと話す。そんな話を、店主さんは涼やかでチャーミングな顔で聞いていた。

はじめて、店主さんの名前も知った。

「こんどインタビューをしたい」と話すと、「いいですよ」と言って、過去にインタビューされた20年くらい前の雑誌を見せてくれた。いまと同じような雰囲気のことを言っているけれど、なんだか大きな規模で会社をやっていたみたい。いま、ここのお花屋さんは、店主さんがほぼひとりでやってるのに。

デザインをしているお兄さんが帰ってからも、店主さんとふたりポツポツ話をした。

どうやら、このお花屋さんで一緒に新しいこと、できそうな気配。お手伝いしたいな。

まだなにもわからないけれど、動き出した感じ。わくわくが、どんどん膨らむ。

もらったビールを飲み終わって、ピスタチオの袋も空になって、家に帰った。

月が綺麗な、いい夜だったな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

さいごまで読んでくださり、ありがとうございます! 基本的に無料で読めるようにしていますが、サポートしてくださったら、とてもよろこびます。たぶんそのお金でおいしいものを買います。

ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
52
写真がすきなライター。毎日30分でnoteを書いてます。長崎県にある焼きものの生産地、波佐見町。2020年この町で暮らしはじめました。山に囲まれて窯元さんがいっぱいあって、いいところ!お仕事の依頼はTwitterのDMからお願いいたします。

こちらでもピックアップされています

30minutes
30minutes
  • 585本

400日以上、毎日ずうっと30分で書いています。これからも書くつもりです。とくにテーマもなにもなく、思いついたことを並べています。

コメント (7)
masayuki502さん
生花もあるしドライフラワーも吊るされてるし、いい空間で飲む酒はうまいです笑
とても素敵な花屋さん。
心がほわってなりました。
よーこさん
そうなんです!これからお花のブランドをこのお花屋さんとつくろうと思っています。
童話の世界のお話のようで、いい記事ですね。文章もゆったりしていて、気持ちよく読ませて頂きました。有り難うございます。私はまだ1ヶ月半程前にnoteを始めたばかりで、今朝たまたまくりたまきさんの記事に行き当たりました。もし宜しければ、本当にお手隙の折にで構いませんから私の記事にも立ち寄って頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。