見出し画像

そこの青学生へつぐ!夏期ボランティアに参加することをすすめる4つの理由

 梅雨の時期となり、じめじめとした日が続いていますね。さて、今回は夏期ボランティアに参加することを進める4つの理由を書こうと思います。4月に新入生に対してボラステに入ることを進める理由を書きました。おかげさまで私は教育実習やら就活やらでまだあまり関われていませんが、例年と変わらずボランティア精神の高い新スタッフが入ってくれまして、嬉しく思っている次第です。 
 そんな初々しい1年生が入ったばかりなのですが、団体として今が毎年一番忙しい時期なんですね。なぜか?
それはボランティア・ステーションにとって一番熱い夏
「夏期ボランティア」が8月に行われるからです!!!
その企画、説明会に向けて急ピッチで準備を進めているからです!!!

正直、去年だったらこんな記事書いてる余裕はなかった(笑)
そこで今回は青学生必見、今だからこそ行ってほしいボランティアの魅力を東北ボランティアに寄るかもしれませんが、述べようかなと思います。

① 大学生活にとってかけがえのない1週間を送ることができる。
 基本的にボランティア・ステーションの東北、国際ボランティアは1週間~2週間の中期のボランティアを企画・運営しています。そうした中期滞在をする理由としては、楽しさだけでなく辛さも感じる部分が長期であると出てきますが、そこを乗り越えると充実や本当の楽しさに変わる部分があるからです。ボランティアをするって、「人のためになっているのか?」、「この活動は本当に必要なことなのか?」といろいろな葛藤が生じます。この期間は毎日、PDCAを回しながら自己成長を高めていくには最適な期間ではないかと思ってます。誰かの為に行動する利他的な精神は人を大きく成長させます。1週間を通して、学生が大学で勉強しているときよりも、考え、行動する姿は企画する側にとっても非常にやりがいを感じる部分です。

② 「何もない」という良さを感じられる。
 東北では宮城県塩竈市、岩手県陸前高田市の2つのプロジェクト。国際はインドネシアとフィリピン。渋谷にキャンパスを構えている青学生にとっては田舎真っ盛りな地域です。塩竈の宿泊の拠点は野々島という離島なため、お店と言うお店はなく、お金を使うとしたら自販機が1台ある程度。コンビニなんて一軒もありません。そうした環境だからこそ、体験できる良さがあります。人との関係性は非常に密ですし、夜は東京では考えられないくらいの満点の星空です。非日常に触れ、いかに青学が都会かということを感じるとともに、田舎の良さを存分に感じることができるでしょう。

③ 良い仲間に出会えることができる。
 
これはボラステに入ることをすすめる理由でも書きましたが、ボランティアの期間でかけがえのない仲間に出会えることでしょう。学科やサークルの友人だとなかなか社会問題についてなど真面目な話と言うのはしづらいと思います。しかし、ボランティアにくる仲間は何かしらそうした考えを持って、参加してくれます。青学内にいてもなかなか話すことのない人たちと交流をするこは、有意義な学びとなります。もちろん、考えがなくても大丈夫です。ボランティアに行ってみようと思うその勇気が大事です。ボランティア・ステーションのスタッフはそんな皆さんの一歩を大きな一歩へと変えられるようサポートします。

④ あなたにとってその一歩が社会に目を向ける大きな一歩となる。
 ボランティア、社会貢献を行うハードルって結構高いですよね。なかなか一人では参加しづらい面も多いです。しかし、同じ青学生ということでいくばくかその障壁は低くなるかと思います。そういう方たち向けにきちんとアイスブレイクや気持ちよくボランティアを行ってもらう準備も私たちは行っています。そんな障壁なんて、一回超えてしまったら広い世界が見えています。このボランティアの経験を踏み台にして、多くの社会的な活動に関心を持ち、挑戦してほしいと思います。

そしてなんとそんな夏期ボランティアについて詳しく知れる説明会が今週開催されるわけです!詳しくはこちらになります。

2016年度夏期ボランティア説明会
<日時・場所>
・青山キャンパス 
6/16(木)@1144教室,6/17(金)@1143教室
第1回 17:00-、第2回 18:40-
・相模原キャンパス
6/20(月)@F308教室 18:40-
<内容>
東北ボランティア(宮城県塩竈市、岩手県陸前高田市)、
国際ボランティア(フィリピン、ネパール)のボランティア説明
<お問い合わせ先>
agu.vsta.2016@gmail.com 
Twitterホームページでも情報更新中!

こちらがチラシです!

私も4年生ですが、毎年行うこの夏は本当に濃く忘れられないものばかりで、学生生活で経験した大事な財産です。まずは説明会に来てみてください。多くの青学生の参加お待ちしております。ちなみに私は島でドローン飛ばそうなんて考えてますボソッ。(笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
95年3月生まれの24歳。青学卒のち、地元仙台に(たまたま)Uターンし青い会社で教育の仕事。祖母の地元大曲でシェアハウス作りたい。夢は東北で高校の校長になり、超面白い学校を作ること。准認定ファンドレイザー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。