見出し画像

怖すぎます!シュミラクラ現象

早口で言ってみてください。

「シュミラクラ現象」

これ、実は別に早口言葉ではないんです。

こんな言いにくい言葉ですが、実はこれにたまに悩まされます。


HSPに方は特にそうなんですが、僕は常に人とコミュニケーションを取る際に、相手の表情を見て感情を読み取ろうとする癖が強いです。

ちょっとした変化にとても敏感なんです。

そのせいもあってか、人間じゃないのに人間の顔に見えてしまうものがやたらとあるんです。

3点のものを見ると人間の顔に見えてしまう認識のことを「シュミラクラ現象」と言います。

例えば我が家のトイレのドアの鍵

画像1

ああ、見られてるぅ~

目が合う~

めっちゃ見られていて、トイレに入るのが怖いんです。

トイレの鍵に対して、

「やめて、こっち見んとって!いや~…なんか恥ずかしい…」

ってつい逃げ出したくなるんです。


これを心霊写真という人もいます。

画像2

そういうふうに見るから見えるんですよね。

でも、これなんて顔やん!

画像3

ていうか鳥やん!


子どものころは、車がいろんな顔に見えて仕方がなかったんです。

この状態がリアルに見えていました。

画像4

おじさんたちの乗ってる車が、あのおじさんだから車もこんな顔してるんやなぁ…

車の表情にそれぞれいろんな性格を見出していました。

そして同じ車種でも色や見る時間帯によって、表情が違って見えていました。

「あ、今あのカローラ怒ってる」

「あのスカイライン、ふだんイカついのに今日は悲しそうな顔してた」

なんて思っていました。


最近は文字で「絵文字」とやらが一般的になってきましたよね。

(・ω・)、(’A`)、(^V^)

これを発明した人はすごいですね。



それにしても…

そんなふうに脳は自動的に認識してしまうなんて、人間はそれほどまでに顔というものに意味づけをしようとする生理的メカニズムがあるんですね。

つまり、表情ってものすごく人に強烈な影響を与えているんです。

ということは、「笑顔」そのものがギバー:GIVER(与えている人)なんです!

怖い顔しないで笑っていたいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
松田大亮 傾聴と寄り添いであなたの心の健康をサポートします。コーチカウンセラー
コーチカウンセラーとして活動しています。 メンタル不全へのキャンプセラピー 心の健康や幸せな人生にするためのマインドセット、皆さんの日常に役立つ情報をシェアします。