見出し画像

樹の音色の人


空気を震わす弦の音
幾重にも同心円を拡げながら
じっくりと、じっくりと行き渡る

通奏低音を奏でる
コントラバスの音色

深く温かい色

細心に弓を当て
たっぷりと響かせる

聴衆は響きに身を任せ
ひとときの夢を見る


薄暗い森の中に分け入ると
落ち葉の積もった湿った土の匂い
樹齢百年を超える木

見上げると濃く折り重なって茂る葉が
風に撫でられ
大きくうねりざわめく


時を閉じ込めた部屋
色褪せた写真
子どものおもちゃ

静寂の中
時計の針は
一定のリズムで時を刻む


変わらずに在り続ける

解き放たれる
その瞬間まで


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ながさかりえ

サポートありがとうございます!! 綴れる幸せ。

嬉しくって転がっちゃいます!
1
たんたん と。 私がそこに感じとったそのままを。 言葉にするにはあまりにも抽象的であるが故に、あえて見過ごしていた感覚。 けれど伝えたかった本当の部分。