見出し画像

1−2 既に起こった未来

この世界の未来を正確に予測することなど、誰にも、当然、私たちにもできませんが、音楽業界の "今" の一部は、他の業界の一部にとっての "未来" かも知れないと思うことが多々あります。

よく使うのは、今の音楽業界は「どこでもドアが普及した時代の鉄道会社」という例えです。

鉄道業界をはじめ他業種にとっての未来は、音楽業界からすれば「経験済みの過去」である場合があります。つまり「既に起こった未来」と言える部分があるのです。もちろん、逆も然りです。だからこそ、他業種間での交流や協働が重要になっています。

レコード会社で働いてきた我々は、運良く変化の先端に立たせてもらう、もしくは、運悪く立たされる環境に身を置いたことで、ある分野では「既に起こった未来」をほんの少しだけ垣間見た可能性があります。未来視能力が高いなどと言うつもりは一切なく、単純にそんな環境で育ったというだけのことです。

よって、未来予測ではなく擬似経験でしかありませんが、その視点から見る「未来に向けた本質の一部かも知れないコト」を書いていこうと思います。

---------

【 n e x t 】
1−3 「成長カーブを下る時にこそ空を見上げる」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
avex内のファントム組織でxRを中心としたレーベル兼コレクティヴ。IMMERSIVE SOCIETY=没入社会を提唱し、Google・GUCCI・Microsoft・Panasonic・SoftBank・VOGUE等にクリエイションを提供。http://urx3.nu/nmWR

こちらでもピックアップされています

IMMERSIVE SOCIETY 3.0
IMMERSIVE SOCIETY 3.0
  • 5本

「IMMERSIVE SOCIETY 3.0」は「Society 5.0」や「After Digital」を内包し、内包されるような解釈でもあります。 それを構成する「ANTIFRAGILE」「EMPOWERMENT」「INCORPOREAL」「MATERIALIZE」「MULTILAYERED」「NARRATIVE」という6つのファクター(キーワード)。あらゆるボーダーやインターフェイスを消し去り、三千世界が溶け合おうとする現在現実における『xRビジネス』の本質とは? 独自のVR/AR/MRの定義と歴史観。 レコードメーカー内のコレクティヴという立場だからこそ、テクノロジーの進化と共に発展してきた一方で、それによって常に脅威にも晒され続けてきた音楽業界の「真実と無意識の嘘」を暴くことをエビデンスに、下り坂をむしろ全力疾走で駆け下りながら、笑って未来を見上げる方法を描ければと思っています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。