見出し画像

実はまちがいな、ピアノの乾燥対策

ピアノ調律師の書斎

ピアノには乾燥し過ぎも良くないということがだいぶ浸透してきたようで、冬の乾燥対策をされているお宅が増えてきました。

でも、せっかくの対策が残念ながら効果がなかったり、逆効果なやり方になってしまっていることがあるので...よくあるNG事例をご紹介します。

1.部屋干しでの加湿

部屋干しをすると確かに一時的に湿度が上がりますが、困るのは服は必ず乾くということです。そうすると湿度がガクッと下がります。 一日の中で夏と冬が来たような状況になり、湿気・乾燥両方のダブルパンチになってしまいます。

2.寝るときに加湿器を切ってしまう

誰もいなくなった部屋では加湿器を切りたくなりますが、人が寝ている間もピアノは環境の影響を受け続けます。 自動設定にして、加湿器には24時間働いてもらいましょう。

3.日光がピアノに当たるときだけカーテンを閉めている

ピアノに直接当たっていなくても、部屋に日が入るだけで温度が上がり、乾燥しやすくなります。 天気や時間帯の影響を少なくする意味でも、日当たりが良い部屋では閉めっぱなしでも暗くならない遮熱のレースカーテンがオススメです。

4.湿度計を見ていない

人間の感覚は当てにならないもので、意外と体感と実際の湿度が結構ちがうことがあります。 ぜひ見やすい位置に湿度計を置いて数字でチェックを。

5.ストーブとヤカンで加湿

部屋干しと同じで、ヤカンをかけている間だけ湿度が爆上がりするので逆効果になります。 蒸気は冷えると結露の原因にもなってしまいます。

6.バケツに水

水はたくさんあっても蒸発しないと湿度が上がりません。 残念ながら水を置いただけではほとんど加湿効果はないのです。

まとめ

とにかく安定的に湿度を保つには、加湿器が唯一の方法です。湿度が保たれた場所のピアノは音の狂いも少なく、寿命も伸びます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!