見出し画像

新卒入社した会社を1か月で辞めた件について①

にいち

お世話になっております。
〇〇〇〇株式会社の○○です。

表題の件について、下記内容でのお見積もりを頂けないでし…

おっと。職業病が←


皆さんお疲れ様です。
昨日から何となく始めたnoteですが、さっそく2回目の投稿をしようと思います。

今回は僕の人生の中でも一大イベントになった、
新卒入社した会社を1か月で退職したお話について、だらだらと書いて行こうと思います。


〇就活~内定まで


僕は今年の3月に大学を卒業し、
とある大企業の小売店に「総合職」として入社しました。

((まあ総合職とはいっても、実際は9割が店舗の人間としてずっと働き続けるわけですが。。。))


なぜそこに就職したのかというと、大学生時代にやっていた

超特殊なお店でのアルバイト(これについてはまた別の投稿で話すわ☆)


の経験から、「商売って面白いな」「店舗経営って面白いな」という漠然とした関心があったこと。

また、企業説明会~面接まで担当してくださった人事の方が
自分のことをすごく評価してくださったこと。

そんな感じの理由で、その企業に就職を決めました。

就活自体もめんどくさかったし、そんなことしてる暇あったら
軽音楽部の活動に全力注ぎたい!って想いもありました。


〇レッツ入社☆~1週間くらい


そんなこんなで初出勤日。
自分の場合は4月から正社員として働き始める1週間前くらいから、
アルバイトとしての研修期間があったため、
3月下旬から店舗に配属され、働き始めました。

スーツを身にまとい、緊張した面持ちで
初めてお会いする人事の先輩に案内された控室で待っていると…

自分にとって初めての同期の子が来た!


だが、「初めまして~」とあいさつを済ませ、しばし雑談をしていると、
あることに気づいた。

「あれ?なんか学生時代の話が嚙み合わないな。。。」


自分の大学時代の話をしていると、なぜかその子のリアクションが薄い。
大学生あるあるみたいな話を振っても、イマイチ手応えがない。

「なんでだろう」と考えながら過ごしていたが、
人事の方へ入社に際しての必要書類などを提出している際に気づいた。

「あ、この子、高卒(18歳)や。。。」


そう。

同期だと思っていたその子は、同期ではなかったのである。


(いや年齢が違うだけで正確には同期だが)

僕が入社した会社が大卒と同時に高卒の募集も行っていたことは
事前に知っていた。
しかし初めての同期が4個下とは…正直驚いた。

※誤解されたくないので書いておくが、僕は決して高卒の子を大卒より下に見ているわけではない。ただ、入社前の内定者研修会や内定式などでは、基本的に周りが全員大卒の子たちだったので、年下の同期という存在に対してどう接していいか距離感が分からず、心の壁を感じてしまったって話。


4歳も差があれば、話が合わない部分があるのも当然である。
ましてや大学生あるあるを高卒の子に話しても、共感されるわけがない。

とまあそんな感じで、初めての同期が4個下という所から
僕の社会人生活が若干の不安を残したままスタートしたわけだが、

とはいえ大卒の方が高卒よりも人数は倍くらい多く採用されているし、
僕が配属された店舗には、僕含め合計で4名の新入社員が入社する
という話を聞いていたため、

「まあさすがに1人くらい同い年の子いるっしょ!」


と考えていた。どうやら残り2名は僕らよりも
1週間遅れて研修に参加する予定になっているようだ。(←なんで?)

どんな子が来るんだろう?楽しみだなぁ~♪


〇入社1週間後~


研修という名のバイトをこなしつつ、大学の卒業式も終え、
ついに迎えた、同じ店舗の同期全員が初めて顔を合わせる日。

午前中は別々の研修が入っていたため、お昼休みのタイミングで
いざ、同期とご対面!!

一同「はじめまして~」

ワイ「これで同期全員揃いましたね」

同期A「そうですね~でも皆さん優しそうな方々で安心しました」

同期B「本当ですね!僕ら(AとB)高卒なんで馴染めるか不安だったんですけどw」

同期C「え!?僕も高卒ですよ!!仲間ですねw」

え?



ゑ?????????????????????


そう。なんと、同じ店舗に配属された同期の中で、

自分しか大卒がいなかったのである。


②へ続く。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!