見出し画像

「ほしがり聖夜」-メイキング

30日ですがクリスマスのイラストです。
「こんな絵が描きたいな〜」という構想は練りつつも、ここ数年はお仕事や何やでちゃんとした一枚絵が描けていませんでした。
なので「今年は遅くなってもこれを描き上げよう」と思ったのです。

ツリーのように積み上げられたギフトボックスの頂きに佇む、星の人。
欲しいものはいくらでもあったけど、
今はそれよりあの人とお話をしてみたい。
てっぺんからの景色をいっしょに見てみたい。
はじめまして、のあとは、なんて言おう。
そんなことを考えながら、贈り物の山を登る、登る。

…そんなかんじの絵です。
家人からは「星の王子様だ」と言われました。


ちなみに、この「ほしがり聖夜」には前身とでもいうべき作品があります。

2011年作「よくばり聖夜」

こちらはギフトボックスではなく、たくさんの靴下がぶらさがった空間。
大学を卒業してすぐくらいの古い絵ですが、私の作品の中ではわりと人気ですし私自身とても気に入っています。
「かわいい」「わくわくする」「でもちょっと怖い…?」
なんて言っていただけて嬉しかったです。
別に怖さを狙って描いてはいなかったのですが、自然とそうなってしまうのですかね。また、特にこの頃は「赤・黒・緑」のカラーリングを好んで使っていました。彼女、OLIVIYAのテーマカラーです。

大学の先生には
「君は欲張るだけでなく人に与えるということを覚えねばならんよ」
というありがたいお言葉をいただきました。
2018年も相変わらずほしがっております。しょうがないね。また来年。


以下、簡単なメイキングです。


1:ラフ

一応パースは引いてますがなんとなくそれっぽく見えればいいよね〜というノリで。境目がわかりやすいよう、パーツごとに色分けしています。

2:線画

出力したラフをシャーペンでケント紙にトレースダウンし、それをスキャンして背景を透明化。線画データにします。

3:地塗り、パーツ分け&影つけ

パッと見でツリーっぽくしたかったので緑色を基調に。
パースに合わせて箱に模様を入れたりもします。

4: 塗り込み

箱の模様を増やしたり、テディベアの毛を描き込んだり。
ラフの時点では緑の箱に黒や茶色のリボン、赤は人物にだけ…と考えていたのですがそうすると画面が重くなりすぎてしまったので試行錯誤。
テクスチャもうっすら入れています。

5: 雪を追加&色調整

箱のいくつかを赤色に。
雪を降らせたりもしておおむね完成っぽくなった気はしますが
なんだかしっくりこない…

6: さらに微調整して完成

赤が多すぎてとっちらかった印象になってしまうのでは?
と緑を増やしてみる。主線にも色をつけてやわらかくしてみる。
テクスチャがうるさすぎる気がしたので消したり薄めたりして調整。
雪も手描きで大粒にしてみる。
画面の中央は黄色寄りに明るく、画面の外側を緑色に暗く。
なるべく彼女が目立つように。

かなり迷走して悩みまくりましたがこれにて完成!

賑やかな画面をまとめるのは難しいですね…


最近はありがたくもお仕事が忙しく、なかなかこうした趣味の絵を描けずにいましたが。原点回帰というかんじで楽しかったです。
25日の午後にラフを描き始め、29日に塗り終わって、その後も微調整しつつ30日にnote公開…
なのでかかった時間はだいたい4〜5日でしょうか。
(実際のお仕事だと打ち合わせがあったり、他のお仕事と同時進行していたりでもう少しかかります)
この絵の場合は、「こんな絵が描きたい」と思いながらとりあえず資料だけ集めていたり…という時間が長かったので厳密に「いつから描き始めた」のかはちょっとよくわからないのですが。

そうやって後回しにしておいていつまでも描けないものがたくさんあるので、2019年は趣味絵も積極的に描いていきたいです。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた売り上げはイラストレーターとしての活動資金や、ちょっとおいしいごはんを食べたり映画を見たり、何かしら創作活動の糧とさせていただきます。いつも本当にありがとうございます!!

感謝感激雨霰!!!
4
フリーランスのイラストレーター http://1zeroberry.tumblr.com/ ・ 書籍装画→ https://booklog.jp/users/1zeroberry ・ 得意ジャンル→メルヘン、ミステリー、ファンタジー、ホラーなど ・ イラストレーターズ通信会員
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。