Clark

日々様々に思うことを発信するのと、「限られたリソースの中でいかにそれらを用いて最大効果を発揮できるか」をテーマとし、形や数字、紙などを用いて、それらを組み合わせたり変形させたりしながら、何か力のありそうなものや美しいと感じられるものを求める。

制約から物事が進む。

制約があるからこそ、物事を考えられる。 細田守監督作品「未来のミライ」に出てくる建築家のお父さんの家は実際に建築家が設計したものであり、”坂”をイメージして、そ…

考え方の枠組みとしてのアートやサイエンス

人ってほんと様々だなぁと思う。 すげーロジカルに物事を考える人もいれば、アートで事象をとらえる人もきっといる。 僕はどちらもできるようになりたいと願わくば思うけ…

迷う時、人生の指針を思い起こす

就活をしていると、必ずと言っていいほど将来のことについて考える 将来どうなりたいから、こういう会社でこういう仕事をしたい。 確かに自然な流れのように思える。 し…

自分の置かれた環境を自覚する

人間の意志とは関係なく、人間は環境に支配されている 今回のウィルスにしても、日本の経済規模衰退にしても、自分自身がどのような環境下で生きているかによって、おのず…

”時間”を管理するのではなく、”自分自身”を管理する

7つの習慣より、”最優先事項を優先する”ということについて少し考えてみる。 漫画内で(漫画版を読んでいる)「時間はそもそも管理できない。時間通り仕事が片付いたか…

豊かな人生を送るには他人のリソースを有効活用すること

人生をどれだけ裕福に過ごすことができるだろうか。 そのためにどのように生きれば良いだろうか。 普遍的な問いと言える。 裕福さが何を指すかは置いておいて、今回は他…