なべちゃんFACTORY

業務フロー作成(アプリ製作) ・https://ntiwatanabe.wixsite.com/website-1 ・MG・TOC研修 ・状況を伝わる様にことばにするワークショップ

なべちゃんFACTORY

業務フロー作成(アプリ製作) ・https://ntiwatanabe.wixsite.com/website-1 ・MG・TOC研修 ・状況を伝わる様にことばにするワークショップ

    最近の記事

    2022年を振り返る

    教育のためのTOC 駅伝 Advent Calendar 2022の2日目の記事です。 この機会を提供して頂いた、坂下美千子さんに感謝です。 読書で振り返る 読書数は、約60冊(漫画含まず)。おかげで本棚を増設することになった。 「あなたにとって、読書とは?」との問いに、 20年前は、「他人の人生(考え方)を1000円程度で買える、リーズナブルな投資」と答えていた。今年に入って、「世界を知りたい」から「読書をしてる」と気づいた。  びわこシーガルクラブ11月の内部研究

      • 20221120 日本のものづくりを救う! 最強の「すり合わせ技術」津曲公二 酒井昌昭を読んで

        気になった言葉 直接率のような効率指標を振り回すのは逆効果、制約理論の方が良い すり合わせ技術とは、 組織の機能がうまく働いていいる(個々の弱みを補い、強みが発揮される) こだわりのリーダーが核にいる(慕われる人) 組織の風通しの良さ(組織の機能がうまく働いているなら当然かな?) すり合わせ技術は、つなげる技術 目に見えない、縁起の技術 OJTは日本の文化(今もあるのか) 今見ていると、水平の教えあいはあるけど、垂直はあまりないように見える 大事なことは、上手くいっ

        • 20221119 愛着障害の克服 岡田尊司 を読んで

          気になった言葉 いくら頭で知っていても、上手に操縦することはできない。知識に加えて、練習を積んでいく必要がある なんの結論も、何の解決も、その話し合いで見出せたわけではなかった その状況は、周囲との関係の中で、周囲の環境や大人との関係にある 医学モデルでは、「症状」だけで診断する。医師は「症状」を見ると病気=原因を「診断」する 医師がもつ治療のレパートリーに診断が左右される。(自分も同じ) 神なき時代に生きる人々がすがるものとして、医学の隆盛があるのかもしれない 「

          • 20221117 真夜中の密室 ジェフリー・ディーヴァーを読んで

            久しぶり、やっぱりディーヴァー、読み応え

            20221108見えないものを見る「抽象の目」を読んで

            気になった言葉 デジタル技術を駆使し、データをいかに活用して業務の仕組み(ビジネスモデル)を高い抽象で構築すること 要は世の中が「細切れ化」している バーチャルな財政や金融は、「史上最高」となり、コロナが落ち着き始めたとき、株価の暴落や物価高の「史上最悪」 所有から利用、名詞から動詞へ 認知革命という「見えない革命」 「あるもの」からの発想と「ないもの」からの発想 「ないもの」を意識して捉えるようとしている人でなければ、捉えることもできません ルール、お役所的官僚主

            20221030ライオンのおやつ 小川糸を読んで

            自分なら、何にするかな~ 叔母さんが作ってくれた、おはぎ、笹団子 祖母が作ってくれた、ちまき 料理が不得意なお母さんが作ってくれた、イチジクの甘露煮、白玉団子、 たまに買ってきてくれた、スギサキのたまごケーキ、蒸しパンも食べたい、 夏に行った、スギサキのかき氷、 娘と毎年食べた、新発田まつりの縁日のフォー 叔母の義母の葬式に向かう、セントレアのトランジットで、お母さんと食べた天むすと味噌カツサンド 嫁にはじめて作ってもらった料理、ロールキャベツ 下宿してはじめて作った、マヨ

            20221020 倒産続きの彼女 新川帆立 を、読んで

            元彼も面白かった、 スロースタート、走り抜けた、疾走感 こんなに走っていることは、当事者にはわからないかも、 終わって、振り返ってわかる事なのだろう

            20221017 元気な日本論 橋爪大三郎×大澤真幸を読んで

            面白かった~~ 日本という国を、成り立ちから学べた 一回性の歴史で、何を選択したのか、 その当時では、なぜ最善と思ったのか その選択したが故に抱えるた矛盾と折り合いをつける。 それが文化として発達してくる 個人は、文化に影響され、文化を形作り、変えていく。 こんな風に、身の回りや世界を捉えられたらなぁ

            20221010 パワハラ依存症 加藤諦三 を読んで

            気になる言葉 相手に恥をかかせることが目的 パワハラする人の長年にわたって積み重ねられ、隠された怒りが表現される。その時、心が癒される 今までの長年にわたる悔しい気持ちをある人に向かって放出している 本質的な問題は心の病んだ人の職場で残業が多いこと 日本の労働生産性の向上施策の失敗は、心理的要因の無視 いじめられる人間は、自分を知らない いじめられる人間には隠された憎しみがある。自分の無意識にある憎しみに気が付いていない。その無意識にある憎しみ、拒絶がパワハラする側のい

            20221009 算数文章題が解けない子供たち 今井むつみ を読んで

            脳に認知的負荷がかかるのは嫌だな~と実感。 この本を読むときに実感。 かんがえるたつじん①であるように…といわれてそのままだとダメだった。しかし、そのすぐ後に具体的に問題の質が書いてあって、読み続けられた。 ネットでURLがついていれば、楽。 紹介された通りに、入力するとできるら、楽。 相手にとって楽(脳の認知的負荷を低減する)を、提供すると採用される率が高くなる:仮説 気になった言葉 理解するために必要な前提知識と認知能力、何が足りないかをつまびらかにする 国語・算数

            20220930 やらかした時にどうするか 畑村洋太郎 を読んで

            気になった言葉 失敗学は「創造的(クリエイティブ)に生きるための哲学です 失敗したときに、対処する方法 「他人のせいにすること」 「愚痴を言うこと」 「気晴らしをすること」 真の理解とは、「ある現象の因果関係がきちんと理解できる」 失敗で体験的知識を身に着ける 「絶対に失敗にしない」ということはあり得ない 悪い失敗とは、失敗した人にとって意味がなく、反省もされないのです、習慣的に繰り返され、やがて大きな失敗につながるリスクがあるからです。 逆に失敗したひとにとって意味

            20220926 回避性愛着障害 岡田尊司 を読んで

            9年前の本とは思えない。今読んだからこそしっくりくる 「母という病」「父という病」「カサンドラ症候群」「死に至る病」「発達障害グレーゾーン」を読んだからこそ味わえたのだろう。 愛着が不安定 不安型は過剰なまでに大騒ぎ、回避型は何事もないかのようにただ一人で耐える 他人と過ごすのに全く興味がないわけではないが、そこに苦痛と努力を伴う 回避性 嫌われるという不安が強い:リスクを冒すより現状維持・危険回避 依存性 顔色に敏感で、ノーが言えない:尽くそうとする余り支配的な振る舞い

            20220924 「みんな違ってみんないい」のか? 山口裕之を読んで

            ジャケ買いでした。金子みすゞの有名な、「私と小鳥と鈴」の一節。 「みんな違ってみんないい」多様性を受け容れているフレーズで、良く使ってました。使い古された表現になると、本当の意味で使えているのか疑問に思っていたので、ジャケ買いに至ったのでしょう。 気になった言葉 本来、政治とは、意見や利害が対立したときに妥協や合意点を見つけ出すためのはたらき ある理論体系は、その理論体系に含まれない原理や事実について正しいとも間違っているともいうことができないのです →アインシュタイ

            20220917 青い犬の目 ガブリエルガルシアマルケス を読んで

            大学生のころ、筒井康隆に傾倒して、その中で紹介されていた、中南米の小説。 リョサの緑の家、ボルヘス、マヌエル・プイグ、そして、マルケスの1百年の孤独、族長の秋、予告された殺人の記録、エレンディラ、ママグランデの葬儀。 当時の学生にしては、思い切っての、新刊本の購入だった。読むうちに惹き込まれて行った。次の発刊を心待ちにし、探していたのがこの「青い犬の目」。 買うことは30年を過ぎて、ようやく叶った。 あの時の自分が読んだらどう思っただろうと考えながら、読み進めた。中南米の

            20220913 桜底 内藤了を読んで

            20220912 認知症の私から見える社会 丹野智文を読んで

            気になった言葉 みなさんが関わる認知症の人たちが、「幸せと感じているか」を振りかえる ひとりになると自然と涙が出てくるのです。それだけ不安と恐怖に押しつぶされそうになっていた。 誰でも、言ったことが否定されるのは嫌なものです 当事者のことを思って話をしていることが、当事者を傷つけている場合もある 悪口は本人のいないところで、言葉にする前に先に言われる。そして黙る。そしてこの人は話も、何も出来なくなりました。 →…イライラが募って、不満が溜まり、爆発する。 あきらめて我慢