スリー・ロウズ・オブ・ロボティクス・コンプレックス

 お前も知っているだろう。ロボット三原則。

 強くなくてはならない。
 デカくなくてはならない。
 カッコよくなくてはならない。

 最近のヤツは「人型である必然性がない」「自動操縦でいいのに人が乗せる意味がない」と小さくまとまろうとする。ケータイもパソコンも小型化も進んだ。それはそれでいい。しかし浪漫まで矮小化させるこの風潮を私は許せなかった。

 ここまで一息で言い切り、決め顔で私は告げた。

「そこでだ。君にはパイロットをやってもらう」

 拘束された冴えない青年の答えは私の予想を大きく裏切った。

「すいません。意味が分かりません」
「何故だ!」
「えっと、何を、するんですか?」
「テロだ」

 ロボット三原則を認めさせるため、世間にどうアプローチするか。私が出した答えは「最強の犯罪者になり、有用性を示す」だった。わざわざ「彼がそんなことをするなんて」と言われそうな冴えない若者を拉致したのも、それらしい雰囲気を出すためだ。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1858本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。