見出し画像

初めて訪れた長崎アウェイで見たもの、感じたこと

久々の更新です。今回は長崎アウェイでのことについて書いて行きたいと思います

諫早駅からトラスタまでの道のり

諫早駅からトラスタまでは大体2キロ程でしたが、そこまで長い距離とは感じなかったですね。まぁ普段福岡空港からレベスタまで歩いているってこともあってか、苦とは思わなかったですね

Vファーレンロード

先述した諫早駅からトラスタまでの道のりで「Vファーレンロード」と呼ばれているルートがあります。その道を通ってスタジアムまで行ってみました。写真はないですが、途中にVファーレンの幟や、選手パネルが設置されてあったり、ヴィヴィくんのマンホールがあったり、初めて来る人達でも分かりやすく、楽しめる工夫がなされていたように思えます。道中、商店街を通るので、時間によってはおもてなし等を受けることができるなど、様々な取り組みが成されているなと感じました

決戦の地、トラスタ

予定してた時間よりはかなり早くトラスタに着いた為、暇すぎたんですが色々幕の準備等して、時間もあっという間に経過していきました。時間は余ったので、トラスタはどんな感じになっているのか、色々見てみました

画像1

1番最初に驚いたのは、スタジアムに到着するやいなや、メインゲートに体力の選手の幟、そして

「NAGASAKI,the ONE!」

と書かれた幕ですね。レベスタでは毎試合、階段アートを実施していますが、それ以上の迫力を感じたし、先述したVファーレンロードでの、幟やパネルなど、地域へのVファーレンの根付きというものを強く出来ているなと思いましたね

あざとかわいいヴィヴィくん

画像2

Vファーレンといえば?という質問に対して、ヴィヴィくん。と答える人が多くいるほど、全国的にも知名度の高いヴィヴィくん。個人的にもヴィヴィくんは凄く好きなので、半年振りに会えたことに対して嬉しさもありましたね。まぁ試合中は別ですけど。何よりも驚いたのは、ヴィヴィくん関連のグッズコーナーに恐ろしいぐらいの人だかりが出来ていたことです。開門前にも関わらず、多くの人達がヴィヴィくんのグッズを買い求めて長蛇の列を成していたことに、驚きを隠せなかったです。そして、ヴィヴィくんといえば、「ぶいえすヴィヴィくん」という声も少なくないと思います。ぶいえすヴィヴィくんとは?と思う人もいるかと思うので簡単に説明を。毎週木曜日の夕方ぐらいにYouTubeで長崎の公式から配信されるYouTube番組で、その名の通り、ヴィヴィくんがマスコットや選手達と対決をする。という内容です

画像3

グッズコーナーのところで、過去の放送回をずっと流していたのも、長崎の上手い戦略だなと感じたところです。(ちなみに毎週自分も欠かさず、ぶいえすヴィヴィくんは見ています笑)


予想通り白熱したバトQ

画像4

今までトラスタでの試合は3度のスコアレスドロー、そしてアビスパのウノゼロ。「塩試合」と言われる程、得点が入らない試合だと言われています。前半終わった段階で、またスコアレスドローかよ。みたいな空気が漂っていたのを感じましたけど、そんなことはないだろうな。先に点取った方が勝つな。っていう気持ちではいましたね。後半始まってすぐ、松田のシュートがディフレクションしてクロスバー直撃など、前半とは打って変わって積極的に前に出てくるアビスパの攻撃陣。しかし、一瞬の隙を与えて失点。その後も城後のクロスバー直撃のバイスクルシュート等々、チャンスは作ったものの、決め手を欠いて敗戦。実に長崎県立での試合、21年振りの敗戦、そして長崎県立にアウェイチームとして乗り込んで初めての90分での敗戦。長崎に初めてトラスタで失点。結果という面では負けた以上、何も言うことはないかと。選手は最後まで走って頑張っていただけに、結果がついてこなかったのが痛いところです。サポーターもホーム以上の雰囲気を作り出すことが出来ていたし、何よりも絶対勝つという強い気持ちを感じましたね。14年アビスパ応援してきて、初めて負けて涙が出そうなくらい悔しかったですね。試合終わって30分近くほぼ言葉も発することなく、何も動けずに呆然としていました。(えみりー写真ありがとう!)

長崎のスタジアムで感じたもの

観客が発表になった時、偶然ビジョンを見ていたのですが、8628人という発表に、えっ?って思いましたね。パッと見1万人は軽く超えてるだろうと思ったぐらい人が入っていたように見えたんですが、気のせいでしょうか??それはさておき、試合中気づいた点は2つあります

1つ目はコーナーキックやフリーキックでのサポーターの後押し

レベスタは専スタなのでゴール裏とバック、メインがそれぞれ独立したような形にありますが、トラスタは陸スタなので、ピッチの周りを完全に座席で覆われているため、専スタよりも迫力を感じたような気がします。その要因は、バック、メイン関係なくタオマフを回して点を取らせようという空気作りを一人一人がやっていたように思えます。その迫力というのはやはり、アウェイ側から見ていて嫌なものは感じましたね

2つ目は得点シーン

これに関してはトラスタの屋根の反響等もあったかもしれませんが、個人的には今まで行ったアウェイの中で1番嫌な雰囲気でした。得点直後の異様な盛り上がり方は恐ろしかったですね。それをより強くさせているのは、大旗なのかもしれないですね。あれだけ多くの大旗があって、得点直後にそれが一気に上がれば恐ろしさは増すものです

試合以外はとても楽しかった

そんなこんなで長崎アウェイでの出来事をまとめていったわけですが、試合以外は非常に楽しかったですね

画像5

中々のメンツで撮ったわけですが、にしてもツッコミどころ満載すぎて、どこから突っ込んでいいのやら、、(左上から、たるばやし、かみたまさん、えみりー、左下いって、ケロリ、自分、ハラショー氏。どう考えてもカオスなメンツです、、笑)

試合後も長崎市内の方で夜中まで長崎サポの先程登場した、たるばやし、かみたまさん、そして、ゆうこさん。うちのサポーターからケロリと自分。の5人で色々お互いのサポーターのこととか、プライベートなこととか、普段中々出来ない話をできたことは楽しかったですね。年末にU-22の日本代表戦がトラスタであるので、再びその時に集合して色々と話ができることかと思います。(某長崎サポーターが血祭りにされる可能性高そうですが、、笑)

画像6

そしていただいた大量のおみやげ

頑張って食べきります、、笑





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
'97/AVISPA FUKUOKA/福岡(18年)→大分(現在4年目)/大分からアビスパのために
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。