見出し画像

ジョンが出会った読者たち【第100話】

★出演者がめちゃくちゃ増えてます! と同時に、会場足りるの?という声もSNSでちらほら上がり始めたので、急遽、会場をもう1カ所押さえて、4会場にパワーアップ! しかも新しい会場は、これまでの3会場から徒歩わずか20秒くらいという立地。ナイス俺! というわけで、今回の『フェスボルタ 宮益坂上』ですが史上最大、4会場同時開催という、もはや街コンのような規模になってきました。ちょうど8/20は、家の目の前から見える神宮前花火大会とかぶっていたのがショックでしたが、どう考えてもフェスボルタのほうが楽しいぞ! ちなみに、この号が開催前の最後の号に当たるので、その後の追加出演者の発表や、タイムテーブルの発表は、ホームページやツイッターをご覧ください。それでは当日をお楽しみに!

文/ジョン・ヒロボルタ

アイドル、SSW、バンド、エアギター、吟遊詩人、フリーペーパー、夏の魔物、まめおやじ、ロマン優光…!

2017年8月20日(日)開催『フェスボルタ 宮益坂上』

出演アーティスト第六弾 および新設第4会場発表!!

元祖手作りフェス男

THE 夏の魔物

  ロックフェス『夏の魔物』の主催者である成田大致によって、2017年1月6日に結成されたペンライトを振れるロックンロールバンド。メンバーは成田大致、泉茉里、麻宮みずほ、大内雷電、鏡るびい、アントーニオ本多。2017年7月に前山田健一作曲による『シン・マモノBOM-BA-YE』を含むEPを、VAPよりメジャーリリース。

最強のサブカルアイドル

あヴぁんだんど

オーディション選考から漏れたメンバーで結成され、自然とセルフプロデュースになった、まさに“見捨てられたアイドル”。ソウルフルで荒削りなパフォーマンスでハートを掴むあヴぁの“いま”を目撃せよ! ちなみにメンバーの小鳥こたおちゃんはブロス読者におなじみ「まめおやじ」ご本人です。お母様、ぜひ見にきてください!

ロマン優光も立ち上がった!

プンクボイ&無銭カレンダー

「プンクボイ」は、かつてブロスでも連載をしていた「ロマン優光(ロマンポルシェ。のDELAY担当)」さんによる、ひとりパンクユニットです。今回はアイドル無料ライブ一覧「無銭カレンダー」を作成している中の人のtakumiさんとのコラボで出演します。これはアイドルカルチャー、サブカルファンなら避けて通れないライブでしょう!

爽やかな放課後感アイドル

MELLOW GREEN WONDER


メンバーは双子の姉妹「ちさと」&「みさと」、そして、日本一の高さからバンジージャンプを達成し、文字通り“飛び道具”的なポジションの「さき」の3人組グループ。Tシャツにスカート、スニーカーというシンプルな衣装にPOPな楽曲の組み合わせは、とにかくかわいいんです! これぞ正統派アイドルですね。爽やかな放課後感がやばいです。

さすらいのエアギタリスト

頭夜中サハラ

大学卒業後に就職するも、ステージに立つことを諦められずに始めたのが「エアギター」。えっ? そこいく?という疑問と、「頭夜中サハラ」という強烈な名前が頭から離れません。エアギター公式からも推されている(!?)彼は、現在、世界エアギター選手権に向けて絶賛修行中だそうです。修行の様子が気になりますね。

夕暮れをチャリ漕ぎながら聴きたい

からくりごっこ

さわやかな歌声と、パワフルなリズムが特徴のサマーロックバンドです。それはまるで、夕立後の立ち込める空気に照らされた紅い夕日のよう。彼らを見ずして夏は終われません。ポップでセンチメンタルな真夏のキラーチューンを引っさげ、フェスボルタに「からくりごっこ」旋風を巻き起こします! 今、インディーズ界隈で注目のバンドです。

メルヘンパンクアイドル

吉野なお

「吉野なお」とは、ボーカル・作詞・総監督を一手に引き受けている「吉野なお」をアイコンとした、「吉野ラボ」が創り出すメルヘンパンクアイドルだそうです。かわいいと思って近づいたらその独特の世界観にヤラれること必至。ちなみに東京理科大に進学した、めっちゃ理系です。フェスボルタのメルヘン担当・デイジーとの対バンを見逃すな!

闇ポップ・シンガーソングライター

しずくだうみ

その独特の闇な雰囲気から、初対面の人には「怖い人だと思っていた」とよく言われるそうですが、素顔はキュートでおちゃらけたSSWです。ぜひ、会場で話しかけてみてください。でも、せっかくのお顔を花で隠しまくるアー写のテイストには、どこかちょっと闇を感じます。姓は「しずくだ」、名は「うみ」と覚えてください。

フリースタイル吟遊詩人

からすやま るい

即興で詩を書いたり、朗読したり、絵日記を書いたり、被写体になったりと幅広いジャンルで表現活動を行うアーティストです。なんと「シバノソウ」に憧れて創作を始めたというからびっくり! ということでバノさんファンも必見! えも言えぬ独特な雰囲気が、フェスボルタに絶妙にマッチしていると思います。

都会のシューゲイザー

残響オーケストラ

4人編成のサイケデリックポップパンク“アイドル”バンドとのことですが、わかりやすく言うと、シューゲイザーとかパンクの類です。激しいノイズの中に、はかなくもポップでキュートな声が響いて、心地いい雰囲気はまさにオーケストラのよう。都会の夜、渋谷宮益坂の夜にぴったりな聴き心地のあるバンドです。う〜ん、この浮遊感、素敵。

サブカル科ミニマルポップ

篠田美月

SSWで、作詞、作曲、編曲、ドラムもできて、さらにはDJもやるというマルチな彼女。彼女から発せられる心地いいミニマルポップを浴びれば、フロアで横乗りする人が続出するでしょう。クラブのバースタッフやPAの経験もあるとかで、まさに裏も表も音楽漬け。これをきっかけに、ぜひフェスボルタのPAなども手伝ってほしい!(切実)

フリーペーパー展示&物販

小6ボルタ

大阪・中津の「はちみつとフリーペーパーのお店 はっち」から店員さんがわざわざ、全国各地のフリーペーパーを展示しにやってきてくれます。その店員さんとは、なんと、このページでもおなじみの「小6ボルタ」さん。その独特のセンスをご堪能あれ。フェスボルタの一服の清涼剤、ヒーリングスポットとしてぜひご利用ください!


ひょっとしたら大物参戦の可能性も!?

電話一本で誰でも出られるフェス

『フェスボルタ 宮益坂上』

2017年8月20日(日)
@渋谷LUSH、HOME、イェネガ、Cozmo’s Café(コズモスカフェ)の4会場
入場料(出演者も一律):2,500円+1D
時間:お昼~22時(時間は未定)出演・出店・出展希望者は、

090-6143-2407(ジョン・ヒロボルタ)

または、hirotaku@aol.comまで!

タイムテーブルや追加出演者発表は、こちらの新公式サイトまで!
https://fesvolta.themedia.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ジョン・ヒロボルタと弟子のみやまるボルタで更新してます。テレビブロス、cakes https://cakes.mu/creators/381テレビブロスの連載をここに転載します。