新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【逗子STAY LOCALポスター】

逗子海岸の来訪を控えていただくポスターを掲出しました。

今年の逗子海水浴場は、新型コロナウイルス感染症流行下における安心・安全を確保した運営が困難であると判断し、開設を断念いたしました。
そのため、新型コロナウイルスの感染予防と十分な安全対策が提供できないことから現在逗子海岸への来訪も控えていただいております。
広く市外の方に知ってもらい、来訪を控えていただけるように、ポスターの企画・制作を逗子アートフェスティバルの企画運営を担っている逗子アートネットワークの皆さんにご協力いただきました。写真は逗子在住のプロカメラマン志津野雷氏が撮影しました。
ポスターはJR逗子駅や逗子・葉山駅など市外の駅を中心に掲出します。
 (逗子市経済観光課)

画像1

               Produced by ZushiArtNetwork     Photo by Rai Shizuno

市民と行政が協業して町をデザインするプロジェクトとして逗子市経済観光課からの依頼を受けZushiArtNetworkが企画・制作を行いました。

【志津野 雷プロフィール】                      写真家/CINEMA CARAVAN代表
東京工芸大学芸術学部写真学科卒業

幼い頃より自然に囲まれ、いつしかその尊く美しい様子にファインダ を向け始める。
近年、活動の場を国内外に拡げ、訪れた場所の背景にある文化や
そこで暮らす人々に着目し独自の視点で写真を撮り続けている。
ANA機内誌「翼の王国」等雑誌、Ron Herman、The NORTH FACE等広告撮影の他、現代美術作家栗林隆氏、騎馬劇団『ZINGARO』ドキュメンテーションの撮影などドキュメンテーション制作にも力を注ぐ。ARTISTとコラボレーションした移動式野外映画館『CINEMA CARAVAN』を主宰し、国内外で活動するなど、その活動は写真家の域を超えて多岐に渡る。
2016年には初の写真集「ON THE WATER」を発表。
2018年撮影、監督 旅する映像作品『Play with the earth』を始動
http://playwiththeearth.com
朝日新聞DEGITAL & TRAVEL『生きるレシピ』連載中
https://www.asahi.com/and_travel/20180327 /11591/

CINEMA CARAVAN代表の写真家・志津野 雷が世界を旅して切り取った記録を紡いだ映像作品「Play with the Earth」は10月に開催される逗子アートフェスティバル作品として10月10日(土)逗子文化プラザホールにて上映を予定しています。

【逗子アートフェスティバル2020】の詳しい情報はこちら ⇩    



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7

こちらでもピックアップされています

逗子アートフェスティバル
逗子アートフェスティバル
  • 40本

逗子アートフェスティバルのマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。