z-house 自邸の設計

6
記事

3)タープでもいい。

キャンプの好きな瞬間に「タープを張り終えたとき」というのがある。わが家で使っているタープはシンプルなヘキサゴンタープといわれるもので、六角形の布を二本のポールでひっかけただけのものである。ロープでピンと引っ張られた布が雨や日差しから守ってくれる空間を作る。「最も軽量でシンプルな建築だ!」とキャンプ場では思えてくるから不思議だ。もちろん、タープやテントは建築基準法上の建築物ではない。
タープといえば

もっとみる

2) 新築だけは嫌だった。

そういうわけで、西武中央線ゾーンの物件を探し始めた。しばらくして善福寺に手頃な物件があるという情報が入った。杉並区善福寺、いい響きだ。地名に寺がついてる=昔から寺がある=いい地盤。そういう理屈だ。これまでは接道が悪い物件が多かったがばっちり公道に接道していてなおかつ借地権ではなく、ほぼ予算の範囲内という物件は初めてだった。か・な・り!小さい土地ではあったが古家がちゃんと上にのっていたし。「古家あり

もっとみる

1)幻の西武中央線ゾーン

鷺ノ宮駅から徒歩数分のところに住んでいるのにも関わらず、どこに住んでいるのか聞かれると必ず「阿佐ヶ谷」と答える友人がいる。彼は大学時代から西武新宿線を最寄り駅に転々と引っ越しているのだが、そのたびに中央線の駅を「俺の駅」といってはばからない。僕はその「実際には西武線が近いんだけど、響きがいいのでので中央線の駅を思わず答えてしまう」エリアを「西武中央線」ゾーンと名付けた。「巨大な横浜駅」と同じ構図だ

もっとみる