美食エッセー少2

第11回 紹興の豆腐

中国には腐乳というものがある。豆腐を塩と酒で発酵させたもので、チーズのようでもある。北京、広州、台湾などで作られているが、わたしは腐乳と言えば、紹興のものをこよなく愛していて、とにかく紹興がいい、紹興でなければならぬ、とまで頑固ではないけれど、やっぱり紹興がいい。

紹興と言えば「紹興酒」であり、あれは街の名前で浙江省にある。歴史が古く、中国史の春秋時代では「越」で、紀元前の話である。越の首都が「会稽」であり、これが今の紹興の地になる。会稽は山だけれど、その名を取った紹興酒がある。

この続きをみるには

この続き: 2,475文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

結月美妃が綴る100の美食エッセー。

または、記事単体で購入する

第11回 紹興の豆腐

結月美妃

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結美堂代表取締役 コンサート&イベントプロデューサー