美食エッセー少2

第12回 リヨンのローストチキン

結月美妃

その土地に再び訪れることがあれば、必ずあれだけは食べておきたい、と強く思うもの、絶対的な必須であり、むしろそれがあるからその土地を再訪するのだとすら感じる根強い欲望、そんな思い出深いご馳走がそのひとにどれだけの数あるかが幸福を計るひとつの指標ではないか。

この続きをみるには

この続き: 2,424文字

結月美妃が綴る100の美食エッセー。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結月美妃
結美堂代表取締役 コンサート&イベントプロデューサー