山中優|写真家

写真が仕事になり15年。技術&サービスを日々研究。プレイヤーからマネージメント業にステップアップ中。/脱サラ直後24歳で自転車日本一周/'83生/挑戦と向上が好き/焚き火とアウトドアとさんぽ/撮影ノウハウなどを書いてます。/三重県津市/株式会社foosha代表

山中優|写真家

写真が仕事になり15年。技術&サービスを日々研究。プレイヤーからマネージメント業にステップアップ中。/脱サラ直後24歳で自転車日本一周/'83生/挑戦と向上が好き/焚き火とアウトドアとさんぽ/撮影ノウハウなどを書いてます。/三重県津市/株式会社foosha代表

    マガジン

    • 撮影日誌

      どんな撮影にも学び、気付きがある。できるだけ振り返り、反省点、よかった点を残していくマガジン。

    • LIFE(家族の日常をよりよく写真に残すために)

      家族の日常写真(LIFE)を撮れるようになりたい人向けのマガジンです。オンライン・オフラインでの写真講座、35mm相当のレンズを装着したカメラのレンタルなど、カメラに苦手意識を持ったパパママのお力になるためのプロジェクトを始めます。プロジェクトの軌跡、報告を行っていきます。2022.3月より準備開始。

    • 前撮り

      ウェディングの前撮りについて。前撮りレクチャープランの開発。

    最近の記事

    固定された記事

    35mmで撮る家族写真。

    写真の撮り方で、「視線は動く」ということを表現しようと撮り始めたのが6,7年前。ちゃんと撮りすぎない。視線は動くんだから、もっと、人にすんなり入っていくような写真を。まるで、目で見ているような光景を。 どうしても、ちゃんと撮ろうとすると構図や背景を気にします。でも、そのタガをあえて外すのです。足を開いて、右に左にスライドしたり、ぐいんぐいんまわったり。 人の目はどこか一点を見ているとき、周りのことを見ているようで見れていません。その人の胴体のことを凝視しているわけではあり

    スキ
    60
      • 指示書の横行。

        最近、結婚式や前撮りで、誰かのマネをしたような「カメラマンへの指示書」がとにかく多い。 このままこれが増えるならボク、この業界去りますとプランナーさんに言ったら笑っていた。 信頼されていないのがイヤなのか、そうではない。 その場で偶然生まれる、ドラマというものを愛しているからイヤなのか、そうでもない。 きっと、あの文体だ。 インスタグラムにもそう書いてあるんだろう。「決してカメラマンさんの気を損なうことなく、立てつつ、こちらの希望を伝えましょう!」というような。

        スキ
        6
        • notionを使う。

          知識欲高まってます。 NewsPicksのプレミアム会員になってしまおうかと考えてます。 「社長online」に入会すれば、プラスでNewsPicksがついてくるそうな。ニュースや時代にうといので、それを打破するチャンス。 本を読むと、本の内容+αが入ってきて、つかのまの無双状態になりますね。すぐに解けますけどね。 この状態はたぶん、捨てたからです。今後したくない仕事はしない、電話営業のお兄さんたちに時間を渡さない。たくさんのモノを持ち歩かない、たくさんのコトに追われなが

          スキ
          11
          • レベルアップを目指して

            最近のワタシは時短社員。 朝の娘との交渉により、16時のお迎え、15:30、最上級なら15時のお迎え、ということがあり、今週は月曜から城山イオン→翌日鈴鹿のイオン(ベルシティ)→安濃の大きい公園→市民プール→スタジオペンキ塗り・・ という毎日遊びまくりのプランを送っています。先週も同様に。はっきり言って、仕事をしてるほうが200倍ラクだと感じながら、今しかできない経験、思い出を作れていることに、感謝しています。 ふと、考えるのです。 こういう生活を、自分は望んでいたんじ

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 撮影日誌
            山中優|写真家
          • LIFE(家族の日常をよりよく写真に残すために)
            山中優|写真家
          • 前撮り
            山中優|写真家

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            定休日つれづれ

            定休日の今日、娘が乗りたいと言っている電車に乗って、大阪か名古屋にでも行こうかな〜と思っていたら、昨日の時点で「明日のお当番が楽しみ!」と意気込んでいたので、やっぱりひとり事務所で仕事を。 ずっと作れなかった資料が、ようやく作れた〜。頭の中で毎日毎日練ってきたので、そのかいありました。 相変わらず娘は父ちゃんがいいを連呼し、里帰りしている妻のほうに泊まりたがらないし、うちのばーばのお迎えも拒否してしまう。この現象、子どもが生まれる前は、「そんなに思ってもらえて、父ちゃん嬉

            スキ
            12

            「僕が本当にお母さんから産まれてきたのか分からなかったから、」

            撮影日誌です。ずいぶん前の。 撮影中でも撮影前でも、ふとした会話からたまたま聞き出せる情報が大事、だと思っています。 マニュアルに基づいて聞けることではなく、人と人が出会って、その場で偶然交わされる言葉。その話し方や思い出し方、熱量、トーン。(文字にすると見すぎでコワイけど、そうならないよう気をつけて、ふわわわわ〜っと聞いたり見たり、です) だからって、パーソナルな部分をなんでもかんでも聞いてはいけない。初対面の相手に事細かく聞かれては、自分だったら疲れてげんなりしてし

            スキ
            9

            自分でスタジオを作っているところ。

            白黒写真はiPhoneです。なんと、じゅうぶんにいい感じなんだな。 ”新しい場所”を確保した経緯はいろいろあり、ずいぶん思い切ったことをしたのですが、借りたあとに「こんな場所どないするん」とか「家賃しんどいぞ」とか「何から手をつけよう」とか、計画はあるようでないのでふわふわしながらさまよっています。(いつもそう、大きなことを決めてからあとは流れにまかせる) この場所を初めて見せてもらったときの感動はどこへやら、とんでもないヤッカイモノを手にしてしまったのではないかと心配に

            スキ
            22

            精神的安定を求めて。

            ここ最近、働く仲間も変わるがわるダウンしたり、我が家も現在夫婦別居状態(里帰り)だったりで、働き方についてますます考えるようになりました。 人員は「忙しい時期」に合わせてチームを作るべきだと学んできて(ヒマな時期に余剰になるなら、その余剰をなくせばいい)、自分の精神は「いつなんどきも」安定した状態で送れることを理想とする、と仮説を立ててみました。 一緒に働いてくれるスタッフにもしんどい思いをさせたり、楽しめないことはしてもらいたくない。その積み重ねが、本人の健康状態を損な

            スキ
            10

            やるきスイッチを押せなくて

            些細なことの積み重ねで精神が低いところで停滞していく。やればいいのに、やらないを選択してしまうことが増えてしまう。 娘と2人暮らしも半月を超え、19時台に寝ていってくれることもあり、さあ自分時間だ、というのにぽかーんと過ごし、なにをしてるんだとまた悪い循環へと陥っていく。 昨夜は、娘のお気に入りのトッティというイタリアンのお店に行った。外食はちょこちょこしているけど、昨日は少しデート感のある、朝から約束をして行った日だった。案の定、最初にピザを3口ほど食べただけで、抱きか

            スキ
            12

            日進月歩

            ハードが重なり、せめて心だけ休めようと家ではのんびりしようと努めております。いろいろ決めたり資料を作ったりするタイミングではあったけど、それはもうあとでいいじゃないか、とあきらめチックです。 ひとつはスタッフの家族が陽性に、本人も自宅待機をはじめて後日陽性。撮影の穴埋めに奔走。ひさしぶりに撮影しまくりの日々を送り、新鮮さを感じつつ、よりチーム力を強めれたなと嬉しくもあり、ただ体はばきばきになっている。 ひとつは第二子が生まれ妻が実家で療養、自分は3歳半の娘と5歳の犬と暮ら

            スキ
            15

            書くことリストを作っておく。

            15日早朝に第二子が生まれ、そのあと怒涛の時を過ごしております。望んで迎えた時間から、望まずして訪れる時間まで。 これをほったらかしにするとおそらく触れなくなってしまうので、未来の自分へ向けて書くことリストを作っておきます。タイトルも決めておこう。 夜中2時前、さあ寝ようと横になったとき、「破水したかもー!」 上の子がいて、その子を病院に連れていけないというのは1クッション大変なことになる。 8月15日、5:55に3480gの50.5cmで生まれてきてくれました。 1人

            スキ
            16

            これが赤ちゃん返りというものなのか。

            イヤイヤ期とか赤ちゃん返りとか、当事者になってみるとあんまりそれだと分かりにくいもので、多分ずっとあとに、「あのときのあれがそうだったのかー」って、気付くような気がする。 お腹の中の赤ちゃんのことを好き好き言うも、甘えん坊が激しくなっている。もとからそうなのか、これが赤ちゃん返りというものなのか。 保育園についてから、車の中でMAX行きたくないと泣き叫ぶ。無理矢理あずけるべきなのか、未熟な親はどうするのが正解か分からない。先生に相談して、先生が車まで会いに来てくれ、めちゃ

            スキ
            37

            ありのまま、あるがままな家族写真を。

            普段、掲載許可をもらっておいてまったくもってどこにも掲載できていない写真が山ほどあって、今日こそは使わせて頂きます。 だいたい、クラウド納品システムを使って、撮影から2週間以内に納品をします。今朝納品したお客様からすぐさま、ご丁寧にお礼のメールをいただいて、そのメールに返信しつつ改めて掲載のお願いをしたので、絶対に今夜書くぞ!と誓い、ようやく書き始めたところです。 僕が常々思うのは、その家族における余白を残すこと。 ↑の写真なんかは、バンザイして、なんか言ってないけど、

            スキ
            196

            読んで上げる。

            いや〜なんか乗らない1日だったな。こんなことを言ってはいけないのかな。 編集を進めたいけど、他にやることは山積みで編集をするのが「逃げ」になる。かといっていろいろ進めるべきことを考えるパワーが今日はみなぎってこない。メンバーの休みが重なって、今日は事務所に自分ともうひとりだけだったのもあってか、活気がなく、意識的にぼーっとする時間を設けたりして、何しとんねんな1日であった。狭いくらいに人がいて、人にあれこれ確認をしたり指示を出したりしているほうが、自分の熱が上がるらしい。

            スキ
            13

            GRⅢxの1日目。

            午前中撮影仕事をして、午後、ついにゲット。自分も出たり入ったり、ヤマトの担当さんに電話して配送状況確認しちゃったり、そわそわしつつ、次の用事へ出ていこうとしたそのとき、ついについに到着!ありがとうヤマトさん! 箱をあけてバッテリーを入れ、まずすぐに使えるくらいの電池残量があったのがイキです。これはちょっとしたギフト。車に乗り、USB-Cで本体に直接充電できるのもイキ。ボディが小さいぶんバッテリーも小さく、その代わりに充電がしやすいという、いつ発売したんだろうって思うくらいの

            スキ
            20

            RICOH GRⅢxを買ってしまった話。

            LIFE写真教室の代表(自分含む全1名)として、かねてから例のEOS KissX7をすすめておいて、本題のカメラを買ってしまった山中です。 正確には、明日届きます。今日はそれについてはるばる言い訳をしにやってきました。 昨日突然「作品が撮れる、詩的な、ちっこいカメラが必要だ」と神のお告げがおりてきました。 X7を常にリュックの中に忍ばせておきながら、やれ忙しいだのやれ忙しいだので、そこから出すことを敬遠してしまっている自分がいました。 忙しさのレベルが1ランク上がると

            スキ
            39