マガジンのカバー画像

CODAあるいは最終夜行寝台に乗るということ。

8
Office ELANの篠原有利の旅とこれまでのライフストーリーを連載しております。起業するに至ったきっかけ、起業してからの激動の日々を淡々と(笑)連載していくことにします。 … もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

子供たちに怪我を晒すということ。

ビジネスの基本は夜の街で培った知識によるものが多かった。でも、それを活用しようと思ったの…

8か月前

大嫌いだったネオン街でビジネスに出逢う。

正直、夜の仕事は身体に合わなかった。 田舎の繁華街で育ったようなものなので、むしろ「ホー…

8か月前

炎の記憶。あの日の彼女の記憶。

肋骨の痛みと、腰の痛み、前と後ろの痛みに横になることも出来ずにソファで仮眠をとっていると…

9か月前

病院にて。Story of Office ELAN

ほんの数十メートルの救急車の旅を終えて僕は処置室に連れていかれた。 そこで、当直医とイン…

1年前

あの日

割れたフロントガラスを通して噴き出すように立ち上るエンジンからの煙をぼんやり見ている自分…

1年前

旅に行けない話。

2011年のはなし。 どうしても物が捨てられない性格だと改めて自覚したのはこの時なのかもしれ…

3年前

CODA 最終夜行寝台 篠原有利mystory

『CODA』というタイトルにしたのは、今よりもほんの前の事。 そのころ、とても体調を崩していたこともあり何となく今この文章を書くことが「終活」のような気がしていたので、こんなタイトルをとりあえず(仮)でつけていました。 それから何だかんだとあり、どうももう少し生きられるようになりまして、こんな元気でいるのに『CODA』では少々もったいないと思いましたが、それでもずっと想っていたタイトルではありますし、もしかしたら明日ポックリと逝くかもしれないと思いそのままにしておきました

スキ
2