皐月始/さつきはじめ

皐月ちゃんねる 朗読など (http://youtube.com/user/giil28), PixivでSS書き お絵描き練習, Podcast聴く

硫黄の雨の降る国を出て影の世界へ向かう、振り返らずに前へ進め。

子供虐待防止イベントに参加します。ぜひ来て欲しい。
https://ac-tokyo2018.hatenablog.com/entry/20180916-bosyu

せいぜい小さな枠をつくり、その中でまるで自分たちが利口そうに、賢くて、すべて上手くいっているという風に、偽り振る舞う事ぐらいしか打つ手はないじゃないのか?


まるでばかげている、私はそんなものは受け入れられない。

それにしても、かなしさとさびしさという元素で造られたこの世界において、私たちは何をなすために生まれてきたのだろう?

かなしい人の影か、あるいは、さびしい人の足あとで描かれたような、この世界で一体何をしろと言うのか。

私たちは、呆然と立ち尽くすしかないじゃないか。

私についているのは、たまたまよくできたガラス玉のようなもので、他の人間についているようなちゃんとした目玉ではない、とそんなことを考えた。

しかし、本当の目玉というものを持った人というのは、いるのだろうか?

聖人とか偉人と言われた人の中には、もしかしたら、いたのかもしれない。

私は胸が苦しくて、締めつけられていたが、何故か涙を流す事が出来なかった。

まるで自分には、本当の目玉というものが無いのではないかと考えたりした。

自分には、本当は目玉が無いという考えに、しばらくの間取り憑かれていた。