Yusuke Eigo

人生は日々冒険。今を生きる。 公式HP【Eigo.COM】https://www.yusuke-eigo.com/

Yusuke Eigo

人生は日々冒険。今を生きる。 公式HP【Eigo.COM】https://www.yusuke-eigo.com/

    最近の記事

    【Manga】A Letter from the Future: Thoughts beyond Time

    Title: A Letter from the Future: Thoughts beyond Time Original manuscript: Yusuke Manga: Kapuenu English Translation: Laurel International 「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」小説版はこちら *本作品の著作権は著者(Eigo Yusuke)に帰属します。無断転載はお控え下さい。商業利用のご依頼は、本サイトメールフォームよりご連絡下

    スキ
    1
      • 【漫画】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

        「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」小説版はこちら *本作品の著作権は著者(Eigo Yusuke)に帰属します。無断転載はお控え下さい。商業利用のご依頼は、本サイトメールフォームよりご連絡下さい。

        スキ
        3
        • 【短編小説】真田丸 ~未来への願い~

          【まえがき】 時は1615年1月、大坂冬の陣。 豊臣家と江戸幕府との間で緊張が高まり、大阪城の出城「真田丸」において、戦が始まろうとしていた。 これは時代に翻弄された、2人の真田兵の物語。 【本編】 / 大阪城 真田丸 陣内 / 佐吉:「なぁ、八兵衛」 八兵衛:「なんや佐吉」 佐吉:「聞こえるか、陣の外から聞こえるあの号令。あれ、徳川殿の軍勢やで」 八兵衛:「とうとうここまで来たんやな」 佐吉:「なんでこんなことになったんやろうなぁ」 八兵衛:「仕方ない

          スキ
          1
          • 《設定資料 公開》【短編小説】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

            2021年12月、私が人生で初めて執筆した短編小説「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」の漫画化が実現しました。 本作の漫画化を記念し、設定資料を公開いたします。 ■【漫画】「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」はこちら ■設定資料 ①キャラクター設定 (1)主人公 【現代:令和】 性別:男性 年齢:31歳 体型:細身 身長:170cm 髪色:黒色 性格:穏やか イメージカラー:青 (2)友人 【現代:令和】 性別:男性 年齢:29歳 体型:アスリート 身長

            有料
            100
            • 【漫画】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

              スキ
              3
              3か月前
              • 【短編小説】真田丸 ~未来への願い~

                スキ
                1
                5か月前
                • 《設定資料 公開》【短編小説】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

                  有料
                  100
                  7か月前
                  • 【怖い体験談】光輝く夜景×ネオン街の見知らぬ大男 ~アメリカ/ラスベガス編~

                    2019年初頭、アメリカ ネバダ州のラスベガスに仕事で行く機会があった。 今回は、その時に体験した怖い思い出をお話ししたい。 時刻は23時を過ぎた頃。 その日の仕事が終わり、私はラスベガスの夜の街を歩いていた。 仕事が終わった解放感もあり、ホテルでじっと過ごすのはもったいないと思ったからである。 眼前に広がるのは、映画で観たことのある光輝く夜景。 ベラージオホテル、パリスホテル。 とにかく美しく、街並みをスマホで写真を撮りまくっていた。 その時である。 「ニ

                    有料
                    100
                    • 【短編小説】放課後ジェントルメン ~出会い編~

                      /都会の街並みの景色と騒音/ 凛空「俺は凛空(リク)、20歳の普通の大学生」 凛空「今日は授業終わりに、風に乗って街にナンパに出てきた」 凛空「そ☆し☆て!言ってる側から可愛い女の子を発見!」 凛空「さぁて、クールに決めるぜ!」 凛空「やぁ、そこの麗しいお嬢さん!」 女性「ん?」 凛空「ご機嫌いかがですか?」 女性「はい?」 凛空「良かったら俺と一緒に、エレガントな恋をしませんか?」 女性「い、いえ・・・大丈夫です・・・」 /女性が走って逃げていく/

                      スキ
                      2
                      • 【短編小説】仮面婚活パーティー

                        スミス「レディース&ジェントルメン!」 スミス「皆さま、今宵は本イベント、仮面婚活パーティーへのご参加、誠にありがとうございます」 スミス「私は今回のイベント主催者であり、司会も勤めます、スミス・武田と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます」 / 参加者の拍手 / 男性客A「いやぁ、胸が高鳴ります。ワクワクしますね。」 女性客B「そうですね!素敵な出会いを見つけないと。あっ、イケメン発見!」 スミス「今日は私にとって大事なイベント。よってぜひとも成功させたいで

                        スキ
                        1
                        • 【詩】人生最高の日

                          毎日を生きていると 自分の生命が 永遠に続くように思えてしまう けれど 人には誰しもが 空へ飛び立つ旅が待っている 人生は短い だからこそ 昨日までの自分が 思わず嫉妬するくらい 今日一日を 人生で最高の日にしよう 【作品のあとがき】公式ブログ Eigo.com *本作品の著作権は著者(Eigo Yusuke)に帰属します。無断転載はお控え下さい。商業利用のご依頼は、公式ブログメールフォームよりご連絡下さい。 https://www.yusuke-

                          • 【詩】本当に必要なもの

                            あなたは 生きることに対して いつから感情を無くしたのか お気に入りの服を着れて 好きなご飯が食べられて 雨風をしのげる家があり 家族や友達と一緒に過ごせれば それだけで幸せだったはずなのに あなたにとって 本当に必要なものは何だろう 他人に自慢するために 無理をしていないだろうか あなたの本当に必要なものを 思い出す旅に出掛けよう あなたの人生は 誰よりも彩りに満ちている これまでも そしてこれからも 【作品のあとがき】公式ブログ Eig

                            • 【短編小説】検閲官との戦い ~挑戦を阻む者~

                              検閲官「よぉ、久しぶりだな」 私「なんだよ、またあんたか」 検閲官「今度は新しく小説を書き始めたみたいだな」 私「・・・そうだよ。また邪魔しに来たのか」 検閲官「お前の小説を誰かが見てくれると思っているのか?」 私「別にいいじゃないか。誰かが見ているとかは関係ない」 検閲官「俺には理解できないんだが、そんなことをして何になるんだ?」 私「自分がやりたいからやるだけだよ」 検閲官「誰もお前の作品に興味がないし、気にすらしていないぞ?」 私「言われなくても分かっ

                              • 【短編小説】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

                                こんにちは、若かりし頃の僕。 僕はいま、未来からあなたに向けて手紙を書いています。 ちなみに今日の日付は西暦2069年12月25日です。 80歳だけど、まだまだ元気です。 場所は冥王星の第3スペースコロニー。 ちなみに、さっきから5歳になる女の子の孫が、横で面白そうにこの手紙を覗き込んでいます。 さて、いまは新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大し、毎日の生活が本当に大変な時期だと思います。 当たり前だった生活ができなくなり、毎日のように暗いニュースを目にするこ