マガジンのカバー画像

なんかこう、まきむぅたちとしゃべったりとかするとこ

タレント・文筆家のまきむぅこと牧村朝子が、雑談、日記、音声コンテンツ、あなたからのコメント読みをやったりする、いわゆる公式ファンクラブです。詳細→https://note.mu/ もっと読む
一般公開の記事や本と違い、ここでは応援してくださる方向けのないしょばなしをしています。また、ここに… もっと詳しく
¥300 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

大阪によばれ続ける2022年

大阪によばれ続ける2022年

西日本の言葉で好きな言葉は色々あるのですが、中でも「よばれる」って、きれいだな、と思います。東日本だとわりと下記の意味で使うと思うのね。

・呼ばれる(声をかけられる。『番号でおよびします』)
・喚ばれる(場によびだされる。『助けをよびましょう』)
・称ばれる(そのように称される。『愛称でよばれています』)

でもなんか西だと、「ご馳走になる、好意を受ける」みたいな意味で使うんだよね。「招ばれる」

もっとみる
バレエシューズを部屋履きにして踊って暮らすことにした

バレエシューズを部屋履きにして踊って暮らすことにした

頭がおかしいのだと思ってもらいたいんだけど、世界中の魔女に会いに行くと決めた。

『ニマーリさんのスリランカ・アーユルヴェーダ 疲れた心と体を癒やすセルフケア』

『ニマーリさんのスリランカ・アーユルヴェーダ 疲れた心と体を癒やすセルフケア』

在日20年のスリランカ人アーユルヴェーダセラピスト、吉田ニマーリさんが、話し言葉でやさしく教えてくれるアーユルヴェーダの本が出来ました。

目次は次のとおりです。

「はじめに」より一部ご紹介します。

というわけで、
 ・単なるマッサージや食事法の話ではない
 ・スリランカで生まれ育ち、日本で暮らしている、ニマーリさんの視点からの、生活に密着した具体的なアーユルヴェーダ、ひいては人生のお話
 ・

もっとみる
自分なりの弔いの方法を持つこと

自分なりの弔いの方法を持つこと

墓参りには行っていない。夜に全裸で手づかみで、桃をかじるのが弔いだ。

理系になりたい人生だった

理系になりたい人生だった

最近「ハーパー生化学」っていう、世界中のその道の学生さんの通学カバンを一昔前の不良の鉄板仕込んだ喧嘩カバンくらい重たくしておきながらしかしそんな分厚い本で勉強するような学生さんってカバンを武器に喧嘩したりは多分あんまりしないのでただただ肩こりの原因になっているだけのものすごい分厚くて重くてデカい本を頑張って読んでいます。

こんにちはド文系です。

長野まゆみさんの小説とか、Plastic Tre

もっとみる

「スマホ全通知オフ、SNSはLINE含め全削除、日が落ちたらスマホ画面見ない、Twitterは🔍ボタン以外押さない」という生活にして3年が経とうとしている

人間ってやつは本当に寂しがりやさんすぎていろいろ間違えてきたんだなあと、歴史の本を読んで思っています。

人間は本当に寂しがりやなんだよ。夜が無理すぎて電灯を作り、孤独が無理すぎてスマホを作っている。でも、本当はね、電灯を消して、星を見上げて、虫の声に耳を傾けて、一人静かに夜に沈む時間ってすごく大切なんだよ。人間は人間社会で認めてもらうことに必死になりすぎるあまり、「人間だけがこの世で生きてるわけ

もっとみる
東大阪とことこ日記 👣 司馬遼太郎記念館〜田辺聖子文学館

東大阪とことこ日記 👣 司馬遼太郎記念館〜田辺聖子文学館

おげんきかしら?
まきむらよ。

講演のため、東大阪に伺いました。

話す前に聴く!

というわけで、講演日の2〜3日前に現地に伺い、歩き、街の人のお話を伺い、地域の郷土資料を見てからお話しすることにしています。

東大阪、とっても楽しかったです。こちらのマガジンでいつも応援してくださるあなたに、東大阪でのお話をお届けしたいと思います。

[近況]荒んだ社会に疲れたおれにすごいスリランカ流行ってる

[近況]荒んだ社会に疲れたおれにすごいスリランカ流行ってる

荒んだ社会に疲れたおれにすごいスリランカ流行ってる。

「どうしようもない僕に天使が降りてきた」みたいな言い方をしたかったです。牧村朝子、34歳、文筆業9年目です。

みなさまお元気でいらっしゃるでしょうか。わたしは、無理です。
基本的に気温が20度を下回ると無理、晴れてないと無理。
つまり梅雨はもうずっと無理です。
南国で暮らしたい。

はたらいております。
最近は「愛することが所有欲・独占欲に

もっとみる
[限定日記]ことばを介して、ことばじゃないものへ

[限定日記]ことばを介して、ことばじゃないものへ

おげんきかしら? まきむらよ。

わたしは最近、秋刊行の書籍のために、色々新しく面白いことを試しています。植物を育てて油で煮たり、古代のヴェーダ文献っていうものに書かれている話について「それはつまり現代日本社会でたとえればどういうことなんだぜ……」って考えてうまい表現を探したりしています。

前回の本は「ことばの向こうに旅をして」という、カタコト異文化コミュニケーションの本でした。

ことばでなん

もっとみる
なんか花とか育てとる

なんか花とか育てとる

「自宅で待ってる生き物がいると好き勝手できなくて落ち着かない」という理由で、どんな人とも獣とも植物とも暮らさないことにした、別にわたしを待っているわけではなくてただ血を吸いたいだけの蚊とかなら自宅にいて待ち受けている場合があるけど、まあとにかく、彼らは吸えたらラッキーくらいのノリなのであって別にわたしのご帰宅をおかえりなさいませご主人様するつもりがあるわけではない。それがとってもフリーダム。なんだ

もっとみる