見出し画像

占いは、幸せになるためにあるもの

「それって当たり前のことなんじゃないの?」

そう思われた方は、占いを上手に活用しておられますね、
素晴らしいです♪

このまま、占いを楽しみながら、
ご自身の人生にお役立ていただけたら、と思います。

占いは、幸せになるためのもの、
人生をより豊かに生きるためのもの。

そのために、古今東西、様々な占術が編み出され、現在も多くの占術家によって研究されています。

しかし、占いを「人をジャッジするため」に使ってしまっている方も、残念ながら、中にはいらっしゃるようです。

特に、

・命術(西洋占星術、四柱推命、算命学、奇門遁甲など)を学んでいる人で、
・占いの学びを始めて間もない人
・占いの学び始めで、いろいろ発見を始めた方
・セルフリーディングや自己学習がほとんどで、実際に人前での鑑定の経験があまりない人。


に多いようです。

セルフリーディングが多いので、
実際に「相手の話に耳を傾けながら(=実証・検証しながら)鑑定する」という経験が乏しいため、
「自分の思い込み」でリーディングをしやすい傾向にあります。

「自分の思いや先入観」が入りやすく、
「相手の話を聞き、検証しながら鑑定を進めることができない」ため、
あれこれと占いの情報をその人に当てはめながら、
「思い込みや先入観の修正」が難しい状態なので、
フラットな視点での鑑定が難しくなります。

どの占いでもそうですが、
「自分の思いこみ」だけでは、成立しません。

ましてや、相手の生年月日などの鑑定データを手に入れたからといって、

「この人はこういう人」と自分で勝手にジャッジし、
「その人をわかった気になってしまう、マウントを取ったような錯覚に陥る」のは、

占いの、誤った使い方であり、
とても心が貧しく、淋しい、恥ずかしいことなんじゃないのかな…?と感じています。


どの占いにもそれぞれの個性があり、一定の「限界」があります。

その「限界」を知らないということは、
「占いや相手に対する畏敬の念や謙虚さを失ったまま、占いをしている」ことになります。

だからこそ、相手との対話を通して、
初めて鑑定は生きてくるものです。


占いを学ぶきっかけは人それぞれです。

その中でも比較的多いものが、

「自分がよくわからない、
自分の人生は一体どうなっているのか? どうすればいいのか?」

「気になるあの人は、どういう思いなのか?」

といった、不安や恐れ、臆病な気持ちから、「セルフで占いの研究を始めた」人もいらっしゃることでしょう。

だからこそ、
臆病な自分に振り回されずに、
占いを「ジャッジの道具に使う」のではなく、
「誰かを幸せにする、豊かにする」ために、使うのです。

それが、ハッピーな占いの使い方なんじゃないのかな…?

せっかく占いを学んでいるのならば、

「心も生き方も豊かになる」使い方をして欲しいな💖

「占いに興味がある、誰かに占ってもらいたい」という方も、

占いは、「愛ある鑑定、見方」をする人から、占ってもらってくださいね♪


ただ、そう思っただけ。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ナース霊能師・占い師。 西洋医学からの現実的な視点と同時に、霊的な見地からも総合的に鑑定しています。 こちらでは、ちょっと不思議な霊的なお話や、神社やお寺を始めとする神様のお話を綴っていきます。 オフィシャルサイト:https://yuriaamane.com/