ユリ・ヤンケ

in the end and end and the end

おれはタバコを取り出すと、精一杯皮肉げに微笑んで見せた。 終わりだ。何もかもが。 果たして何度目かになるそんな泣き言を聞きながら、おれはこぼれ落ちた左眼を再び…