公教育の限界。
見出し画像

公教育の限界。

 今日はとても穏やかな日和でしたが、いかがお過ごしでしょうか。世間は3連休というのに、私は相変わらず仕事着でまちをうろうろしています。

 さて、今日はとある小学校の校長先生と打ち合わせをしました。今度私の授業のゲストとしてお越しいただくためにご挨拶に伺いたいといったところ、この3連休であればということだったので、お休みに関わらず自宅まで押し掛けてしまいました。

 非常にエネルギッシュな校長先生でいろんなことを小学校で仕掛けているとのことでした。学校内だけでは生徒のフォローが足りないので、地域の人を巻き込んだり自宅を開放したりと自分ができることは全部しているという感じです。

 そこで、私はそれだけ新しいことをどんどんすると反対する人がいるのではありませんか?と聞いたところ、実は身近な先生が一番反対するとおしゃったので私は思わず「やっぱりそうですか。」と強くうなずいてしまいました。やはり身内が一番の敵だとお話しされたのがとても印象的でした。

 子どもたちには「どんどんチャレンジしろ。」と言っている先生が一番チャレンジしていないのは、大学だけではなく小学校も中学校も高校もみな同じのようです。特に小学校や中学校は指導要領でガチガチに固められているので、先生たちは身動きが取れなくなっていますね。なので、その校長先生はもう公教育内でやれることは全部やったので、今度は違うフィールドでチャレンジしたいとおしゃったので、私は思わず「誰もが入れる大学を作りましょう。」と呼びかけてしまいました。

 大学はまだ指導要領程の強い規制をかけられている訳ではありません。しかし、大学教員は教育よりも研究に興味があり、また教員評価も研究成果で評価するので教員・大学双方が教育に対する熱意が欠けてしまうことが多いようです。

 私は日本に1つでもいいから教育に特化した大学があってもいいと思います。そこでは、老若男女を問わずまた先生と学生という枠も越えて、人間同士のガチンコの交流でお互いが成長しあう関係があるというのを目指したいと思います。だから学生が先生を選ぶことができると同時に、先生も学生を選ぶことができるようにしたいと考えます。その判断基準はこの人といると「心地いい」とか「楽しい」とか「成長できるかも」とかというその人の直観で選んでもらいます。もちろん合わなければ関係を解消して、違う人と新たな関係を築けるようにします。

 こんな話を校長先生にお話したら非常に共感していただきました。最近、あちこちで新しい大学づくり妄想を話しているのですが、ひょっとすると本当にできるかもしれないという小さな小さな可能性を感じた3連休の中日でした。

 (帰路は行楽帰りの車ばかりだったので、車内で大声で歌いながら爆走した准教授でした。限界を越えろ!!)


 ​The limits of public education.


  ​It was a very mild day today. How are you? ​Even though it's a three-day weekend, I'm still walking around in my work clothes.

  ​​​Well, I had a meeting with the principal of an elementary school today. ​I wanted to visit her as a guest of my class next time, but she said it was only if it was a three-day holiday, so I rushed to her house regardless of the holiday.

 
 ​The principal is very energetic, and he is doing many things in elementary school. ​I feel like I'm doing everything I can, including involving people in the community and opening my house, because I don't have enough support from students within the school.

 So isn't there anyone who opposes me if I keep doing new things? ​When I asked, in fact, my closest teacher told me that he would oppose it the most, so I nodded strongly saying, "I thought so.". ​After all, it was very impressive to hear that relatives were the biggest enemy. 

 ​Teachers who say "Take on more challenges." don't challenge their children the most, not only at universities, but also in elementary, junior high and high schools. ​Especially in elementary schools and junior high schools, the teaching guidelines are very strict, so teachers can't move. ​So, the principal had already done everything that could be done in public education, and this time he wanted to try in a different field, so I involuntarily said, "Let's make a university that everyone can enter.".

​ Universities are not yet subject to as strong regulations as the teaching guidelines. ​However, since university teachers are more interested in research than education, and teacher evaluation is based on research results, both teachers and universities often lack enthusiasm for education.

  ​I don't mind if there is only one university specialized in education in Japan. ​Here, regardless of age, sex or gender, I would like to transcend the frame of being a teacher and a student, and aim to have a relationship where people grow up with each other through interaction with each other. ​That's why I want to make it possible for students to choose a teacher and also for teachers to choose a student. ​When you are with this person, you will be asked to choose the criteria based on the person's intuition such as "cozy" "delightful" or "I might be able to grow.". ​Of course, if you don't get along with them, you can break them up and start a new relationship with a different person.

 ​When I told this story to the principal, he really sympathized with me. ​Recently, I've been talking about the delusion of creating a new university here and there, but it was the middle day of a three-day holiday when I felt a small possibility that I might actually be able to do it.

​(On the way home, there were only cars on the way back from the excursion, so the associate professor rode while singing loudly in the car. GET OVER THE LIMIT!!)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
紆余曲折を経て今はある地方の准教授をしています。