うつトリマー 第一話&第二話

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7
画像8

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

84
妻と二人でペット関連のお店をやっています。合間に絵を描いています  ブログ https://sugiyan1192.hatenablog.com/ LINEスタンプ https://store.line.me/stickershop/author/4747/ja

この記事が入っているマガジン

コメント4件

肛門線!初めて知りました。 うちも昔ポメかってたんですが、
いくら体洗っても妙にくさかったんですがもしかしてこのせい!?
ポメラニアンは毛の密度がすごいので、家でだと洗えてるようで洗えてないパターンもあるんです(+o+)
うちの店は一度に4回シャンプーします笑
あと実はにおいの元って毛じゃなくて耳のことも多いんです。うちで前飼ってたゴールデンもそうで、体が汚れてるんじゃなくて、耳が外耳炎でにおってました。気づきづらいですよね
そういえば耳臭かったです。どうしたらいいかわからなくて、最後は毛がからまってかわいそうなことになってました。次にペット飼うときはトリマーも定期的に受けさせます。。可哀想なことしちゃった。でも一昨年くらいに、過労で潰れたら気が遠くなって、やたらリアルに感じる夢で、一時的に三途の河の彼岸にいったとき、死んだ犬と猫が二足歩行で立って、日本語喋ってましたが、あるじと呼ばれたり (猫は賢い性格でしたが、まさか執事キャラだったとは思わなかった。ハチワレで、体の模様は、猫の恩返しのSP猫みたいにスーツきて白い手袋してるような模様の猫でした)犬はおバカキャラなんですが(鬼灯の冷徹のシロみたいな性格)くるくる回りながら元気そうだったので、恨まれてはいなかったみたいで、ほっとしました。奥さんはペットのわんこに救われたそうですが、私も自分が発達障害とわからなくていじめられていた時代、友達がいなくて、飼ってた猫が友達でした。ペットの出会いって、なぜか仕組まれてて、ペットから学んだり救われなきゃいけないタイミングで出会うので、奥さんの友達のわんちゃんは、奥さんを助けるためにわざとやってきたんだと思いますよ。
うちにも結構毛がからまってる(毛玉になってる)来ます。ペットあるあるですよね。
毛の長い犬種は自宅でケアは難しいので、トリマーに任せれば間違いないです。
でも、トリミング嫌いな子も多いので自宅でできれば一番いいんですよね。@しょうがさんのワンちゃんも幸せだったと思いますよ!

うちの妻も、あのわんちゃんを飼っていなければトリマーになってなかったと言っていました。
ペットに救われるべきタイミングで出会う、まさにしょうがさんの言うとおりだと思います!運命として人生に組み込まれている気がします。
助けるためにわざとやってきたなんて、ちょっとホロリときちゃいました。いい表現ですね。

俺個人的には発達障害の人ってものの見え方が多くの人と違うから、こういうホロリとくる表現ができるんだと思います。
なので例えば漫画家やミュージシャンなんかはじつは軽く発達障害って多いんじゃないかと思ってます。
経験上、何らかの能力は何らかの偏りから生まれるものなので、今度そのへんをテーマにした漫画を描きます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。