見出し画像

片石貴展(かたぴ)のような起業家に投資したい3つの理由

背景

Heart Driven Fundの投資先であり、アパレルを中心に複数のD2Cブランドを展開する、yutori社がZOZOグループに入った。(2020年7月30日)
Heart Driven Fund & アカツキとしては、2019年7月のツクルバ上場に続いて、2件目のExit。
いずれも投資前から知り合いで、投資先というより友達に近い形で切磋琢磨してたらめっちゃ成長してた!というのがアカツキらしいと思ってる。

yutoriのZOZOグループ入りを知らない方はこちら

yutoriのHDF卒業にあたり、Heart Driven Fund責任者のカズ(石倉)のメッセージ

ファンドチームで議論してるときに「かたぴのような人に投資したいよね〜」と過去に何度も発言したことがある。
ZOZOグループ入りのタイミングは石倉からのメッセージのみで、自分でもなにか表現したいと思ってたこともあり、上記がどういう意味なのか、投資先、そしてこれから出会う新たな投資先企業に向けて、その理由をまとめてみる。

かたぴのような人に投資したい3つの理由はこちら。

1. 好きを超越したビジネス

かたぴは昔から古着が大好きらしい。平日は仕事に関連して古着を調べたり、企画したり、メンバーとああだこうだ議論して、週末は彼女と古着屋デートをするらしい(現在彼女がいるかどうかは不明)。

「好きを仕事にする」ことへの賛否は様々だと思う。好きなことが仕事になったらずっと楽しんでいられる、と天国のような意見もあれば、仕事になったら好きではなくなる、というのもあるかもしれないし、好きから始めてもビジネスとしてうまくいかない、ビジネスはマーケットインで考えるべき、など。どれも正解らしい気がするし、正解ではない気もする。

この問いに対する僕の答えは、「その人に合ったスタイルを貫けるかどうか?」
金融or医療、日本orアメリカのどっちでやるべきか?の問いに対して、そんなの人によって違うでしょう、と同じ。

かたぴは心から古着を中心としたアパレルを愛していて、その「好き」が全ての源泉になってる。
このような異常なまでの「好き」から生まれる起業家やビジネスにはぜひとも投資したい。

2. 独創的な洞察と世界観

古着女子というコミュニティを立ち上げたかと思えば、アパレルD2Cブランドを立ち上げ、バーチャルインフルエンサーなんていう全く新しい取り組みもスタートさせる。
彼が手がける事業は、単純にトレンドを追っていたり、面白いからチャレンジしてみた、といったものではなく、時代観、世代観を紐解き、今必要とされる、または一歩先に大切にされる価値観を事業に落とし込んでるんだと思う。

思想には正解も不正解もないと思う。それに賛同する人がどれだけいるか、の違い。
その未来なんて誰にもわからない、だけど、かたぴが紐解く時代観から見えた新時代はとてつもなく応援したくなるなにかがある。
あれもこれも色々な思想があるけど、この領域は片石ワールドに賭けてみよう!そう思わせてくれる。

教科書的ではない、Webで調べれば数時間でたどり着くような答えでもない、自分が社会を見ていて気づく根底の考え方に、自分がチャレンジして得た洞察を掛け算することで、自分にしかない、そして自分らしい仮説はすごく魅力的だ。

3. 愛を纏った起業家

かたぴは自分が信じた人に対しては120%の愛情を注ぐタイプ。
yutoriの若いメンバーが未経験からどんどん活躍してる様子にもそれがうかがえる。
yutoriメンバーには数人しか会ったことがないが、みんなもかたぴを好きなんだろうな、という空気感が伝わってくる。

かたぴは人見知りなところもあるけど、投資先限定イベントに毎回参加してくれて、自分からどんどん盛り上げてくれる。
コミュニティに愛を提供してくれるので、他の投資先メンバーもかたぴ好きが多いと思う。

初めて出会ったのは実はまだ1年前なんだけど、「うちのメンバーのxxに熊谷さんのxxな経験を伝授してもらえないですか?」など熊谷という人をしっかり調べて、自分たちにどう還元できるのか、をしっかりイメージできてる。
その辺も打算的なように見えて、まったく嫌味なく、むしろ貢献してあげたいなと思わせる魅力がある。
(投資先だからサポートする、といった類ではない)

「兄貴!」などと勝手に愛着持てる呼び方を使ってくる。
たぶん彼の兄貴は100人はいると思う。それでも全く憎めない。

たまに資金調達中の起業家を紹介してくれるが、かたぴが本当に好きな人なんだろうな、というのがしっかり伝わってくる。

なにをしてもなぜか愛着を持ってしまうのは彼の大きな魅力だと思う。
この根底には彼自身がたくさんの愛を持ってるからだと思ってる。

以上がかたぴのような人に投資したい3つの理由。

医療、介護、金融、教育、AI、エンタメ、D2C、農業、ハードウェア、ソフトウェア、セキュリティ、流通、小売などあらゆる領域でこういった起業家に出会い、切磋琢磨することができたらどれだけ幸せかと思う。

最後に、yutoriのみんなおめでとう!
新たなスタートラインに立ち、これからさらに世の中を変えていってくれることを期待してる!

画像1



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます( ^ω^ )
16
Akatsuki Heart Driven Fund プリンシパル 2014年にiemo共同代表取締役COO就任を経て、同社をDeNA社へ売却。 2015年にスポーツテック事業を手掛けるSkyBall社を創業し、2018年にアカツキへ売却