やむを得ない事情で夫の尻にエ○マグラをぶっ刺した話

つい先日のことである。
病院から帰った夫氏が開口一番こう言った。

「前立腺マッサージを勧められた」

当記事は何のとは言わないけど何かの参考になればいいなーとふんわり考えた腐女子が残尿感の強い一般男性の尻に前立腺マッサージ器具を挿入した体験をレポートするものである。(※エネ○グラ使用レポです)

※注意書き
・当記事ではあくまで医療目的で前立腺マッサージを行った様子をレポートしますが性質上・性格上、リアルな表現や感想が含まれます。また器具使用前の段階で指の挿入もレポしていますので、苦手な方はこの先をお読みにならないようお気を付けください。なお以上の理由から当記事の生々しい部分は有料記事となっています。
・当記事は当事者である夫氏の許可を得て執筆しております。

前立腺マッサージ器具導入の経緯

 冒頭で少し触れたが、改めてここで詳細を説明しておこう。
 事の発端は夫氏が感じ始めた残尿感である。過去に膀胱炎を患った経緯もあるので、最初は夫婦ともに「また膀胱炎かなあ」などと考えていた。近くの病院で検査を受けたが数値には異状がない。異常はないが、何らかの原因で前立腺が炎症を起こしていると尿道が圧迫されて残尿感を感じることがある、と聞かされた夫氏は、そう言えばつい最近まで風邪を引いていたことを思い出した(時期的に補足するけど受診の結果今流行りの感染症ではないとのこと)。今までも風邪を引いた後に残尿感のようなものを感じることはあったようである。医者とも「それかもね~」などと話し様子を見ることになったのだが、その際に勧められたのが「前立腺マッサージ」だったのである。ご丁寧に「そういうお店もあるし」という補足付きで。

 さて、帰宅した夫氏から相談を受け、我が家では前立腺マッサージを行う運びとなった。夫氏にとっては非常にラッキーなことだと思うのだが、私はかつて短期間ではあるが介護施設にいた経験があり下半身の世話にそれほど抵抗がなく、また過去に推しCPで前立腺開発本を描いた際に最低限実施できるレベルまで調査済であり、更に夫氏本人は私が前立腺をチョメチョメする薄くてやべぇ本をどうやら描いていたらしいことを知っていた。おそらく我が家は相談・調査・実施のハードルが一般に比べて著しく低い家庭であった。
 ただ一つ完全に私の想定外だったのは、相談されたその日の夜に独自に調査を行った夫氏が「ア○ゾンでエネマ○ラ頼んどいたから」とのたまったことである。

エ○マグラとは何なのか

 勉強不足で恥ずかしいのだが、私はエネマ○ラというものを単に大変えっちな大人のおもちゃだと思っていた。ところがどっこい、この器具はそもそも医療目的で開発された便利グッズらしいのである。前立腺マッサージそのものは医療行為としても実在するようだし(現代医療でどの程度一般的かは知らん)、実際行うなら指よりも器具を使用した方が確かに心身ともに衛生的であるような気がする。
 さてここまで散々みなさんお馴染み「エネマ○ラ」呼びをしてきた前立腺マッサージ器具であるが、ここで我が家が導入した器具の正式商標名「アネロス」に呼び方を切り替えようと思う。前立腺マッサージ器具商標名の詳細については各自以下のリンクを参照して頂きたい。(「エネ○グラ」も「アネロス」も、前立腺マッサージ器具の商標名である)

用意した道具

 私の予備知識と夫氏の選定によりア○ゾンから届けられたものは以下の3点である。

画像7

画像左から順に
・肛門洗浄用シリンジ
・前立腺マッサージ器具【アネロス】
・アナル用ローション

 えっ医療用器具?右下にめっちゃSEX TOYって書いてあるんやけど。箱左上部分に小さい文字で『アネロス以外はただのおもちゃさ!』と表記されているところにもご注目ください。

○シリンジ
でかい。これを…推しの…尻に…(妄想が捗りますね)
人肌のお湯を肛門に入れたり出したり何回かして洗浄するもの。

○アネロス
素材は医療用シリコン。まるでベルベットのような高級感あるマットな光沢。おおこれはいい商品だと思わされる。
使用の際はゴムなどでカバーせず、そのまま突っ込むのが正解のようだ。
電動などではないシンプルな作りである。これが前立腺を何だかスゴイ感じで刺激するものだとはにわかに考え難いが、からくりは後に判明することになる。両端のくるんとした部分は、挿入時の回転防止のためと、会陰部をイイ感じで刺激するためについているらしい。太さは女性の指2~3本分くらい。

○アナル用ローション
アネロスのもの。フタが片手ワンタッチで開け閉めできるのでマッサージ中でも使いやすい。試しにちょっと出してみたら超ぬるぬるだった。
アナル用は普通のローションに比べて粘度が高く乾きにくいようになっている。高名なペペローションにもアナル用がある。

この他に準備したものは
・床汚れ防止のためのバスタオル
・衛生対策のニトリル手袋
いずれも家にあったもので対応。

準備

 前立腺マッサージ前の準備として、衛生対策に肛門内を洗浄しなければならない。こちらは夫氏自身に一任。シリンジ片手にお風呂とトイレを往復しながら頑張っていた。もともと便秘がちで何度かイチジク浣腸のお世話になっているためか、わりとスムーズに済んだ印象。待つ間私はドラクエビルダーズ2の体験版を一生懸命プレイしていた。(ハマった途端セールで半額になったので製品版買いました。超おもしろい。このおかげでレポ上げるのが遅れたくらい)

 さて、ここから先は挿入場面となる為、耐性のある方のみお進み頂けたらと思います。

実践

この続きをみるには

この続き: 3,661文字

やむを得ない事情で夫の尻にエ○マグラをぶっ刺した話

あかりんぐ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

中年なので医療費に使わせていただきます。健康第一。

同志よ!
2687
書きたいことを書きたいときに。

こちらでもピックアップされています

バズり記事
バズり記事
  • 2231本

全ユーザの200スキ以上ついた記事を毎週月曜日に追加

コメント (5)
「尻がバスタオルからはみ出さないことを確認しながら、悶え転がるその様を優しく見守る」

愛を感じました!笑
Bennuさん、笑って頂けて旅立った諭吉も喜んでいると思います。ありがとうございます!

中川アガサさん、そこに愛はありましたか!ありがとうございます!
開発されちゃいましたね・・・ww
yさん、開発が進むかどうかは本人次第ですね…ww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。