志水勝彦-シミちゃん

こんにちは「志水勝彦」と申します。小説、版画、陶芸をやっております。還暦を過ぎました。 以前は豊洲、西葛西に住んでおりましたが、現在は利根川と筑波山の間に住んで、太陽と大気の動きに一喜一憂しながら生活をしております。

志水勝彦-シミちゃん

こんにちは「志水勝彦」と申します。小説、版画、陶芸をやっております。還暦を過ぎました。 以前は豊洲、西葛西に住んでおりましたが、現在は利根川と筑波山の間に住んで、太陽と大気の動きに一喜一憂しながら生活をしております。

    最近の記事

    蒼い風/BlueWind

    第1部  蒼い想い 洋祐は、舟に立ちながら忙しく切符に鋏を入れている改札員の背後で、何故か立ち止まった。車の行き交う目白通りを睨むと、彼は静かに顎を突き出し、深く息を吸った。そして再び歩み始め、舟の平板へ切符を軽く放り、眩しく視界の開けた外界に出た。  どんなに心待ちにしていただろうか。最早何ものにも捉われず、過多な遠慮は一切無用、そして自分が自分である為の、ここが第一歩なのだ。そんな希望に満ちた思いだった。  千石町に在る工業高校を、やっとの思いで卒業したのが半月前だっ

    スキ
    2