引地と北のあいまいなハタチの記憶 #3
見出し画像

引地と北のあいまいなハタチの記憶 #3

このコンテンツは今年12月19日にデビュー20周年を迎えるRAG FAIRとINSPiの歴史を、メンバー引地洋輔と北剛彦が振り返るものです。RAG FAIR、INSPiの活動で思い出されるキーワードとともにその年の活動を掘り下げていこうと考えてはいるものの、人の記憶はあいまいにつき・・・。
後に他のメンバーやお客様から記憶違いをご指摘いただくことも大いにありそうな、そんなリレー記事。毎月半ばと末に更新予定です。特設サイトのHISTORYも合わせてご覧ください。
(みなさんからの寄せ書きヒストリーも増えてきました。ありがとうございます!)
今回はRAG FAIR引地の担当回。

#3  「幻の女の子と間接キス」 RAG FAIR編 (2006年)

ひきち 今回もよろしくお願いします。

引地 あ、君は今回もいるの?確か……。

ひきち 20年前のあなたです。

引地 うん、どうりでしっかりしてる。

ひきち 今回も褒めていただいてありがたいんですが、前回の北さんの記憶の件読みました?

引地 あぁ、読んだ。「謝罪された記憶がない」って書いてあったな。いいか、あれがしっかりしてないほうの大人だ。君は違う。

ひきち 褒められても嬉しくないこの気持ちはなんでしょうか。あの、私この役を引き受けたがために、自分の未来がわかってしまうのが怖いんですが。

引地 大丈夫だ、若者よ。未来は自分で、その手で変えられる!

ひきち おおっ……。??えーっと、このパターンの場合は違うと思うんですけど。

引地 よし、今日はどの年をピックアップするんだ?

ひきち まずは2006年です。「幻の女の子と間接キス」というキーワードにしました。

引地 君はそのキーワードを自分で言ってて気持ち悪くないのか?

ひきち 気持ち悪いです。あの、それを言ってるのが昔のあなただってことわかってます?
2006年の出来事としては、

トリノオリンピック

サッカードイツW杯
ライブドアショック
などなど。

こんな感じです。
RAG FAIRは5月に「the WAVE」というツアーをやってますね。

引地 手書き全盛期だったようで、ライブの構成案を考えてたノートがあった。3/22に最初の案を考えて、

画像1

3/30にはだいぶ固まったのかな。

画像2

ひきち へー。残しておくものですね。

引地 手書きはだいぶ減ったけどな。

ひきち 「幻の女の子と間接キス」に関しては?

引地 焦るな!この年は昨年の武道館単独公演で一区切りついた後で、制作チームが一新されたんだ。CDのクレジットからも見て取れるが、ジャケットを見ても一目瞭然。

ひきち それまでのジャケットとテイストが違いますね?

引地 そう、2005年のシングル「Summer Smile」がイラストの女の子だったのに、「降りそうな幾億の星の夜」では実写になっている。そういえばこの曲の歌詞を考えてたノートもあった。

画像3

ひきち ちょっと恥ずかしいですね。これを考えた後に、ジャケット撮影の女の子と会って……間接キスってこと?!

引地 焦るな、そして望むな!まず誤解を、いやその淡い期待を取り除いておこう。キーワードの「幻の女の子」と「間接キス」は繋がっていない。

ひきち ……はい、わかってました。私がキーワード用意したので。

引地 ジャケット撮影にもいろんなパターンがあるが、この年のチームはミュージックビデオの撮影と合わせて、ジャケット撮影もしてたんだ。「降りそうな〜」の時は千葉県に撮影に行った。ただでさえ男だらけのチームに女性が来るわけだ。そりゃ心も踊る。

ひきち 男だらけで夏のシングルの撮影……。なんか男子校の部室感ありますね。

引地 夏のシングルだが、撮影はまだ春になりかけの頃だ。寒くて震えたぞ。

ひきち あ、じゃ汗の匂いで嫌な部室感はなかったんですね?良かった。

引地 おい、いいか。20年前の君に予言するぞ。我々には匂いに気づいたらさりげなく制汗スプレーを渡すという儀式がいつのまにかできる。言いがかりはやめてくれ。

ひきち (なにその儀式……)

引地 話はそれるが、珍しく女性マネージャーの時代に「あ!本番前だしスプレーしたほうがいいかも」ってタイミングがあってな。その時貴重品を預けるバッグに誰かのスプレーがあったから、それを使ったんだ。

ひきち みんな気をつけてるんですね。

引地 助け合いだよな〜、と思ってそれを数人で使ったんだ。するとフローラルな香りがしてだな。

ひきち へー、そういうところに個性出たりしますよね。誰のだろ?

引地 それが、誰に聞いてもメンバーは自分のじゃないって言うんだ。

ひきち え?じゃ誰の?

引地 女性マネージャーのものだった。

ひきち 女性用のスプレー!でもまぁ効き目は似てるんじゃないですか?

引地 用途が合ってりゃな。なんか感じが変だなと思ってスプレーをよく見たら、「うるおいまとまる!髪ツヤツヤ」って書いてあった。



ひきち 髪?

引地 女性用のヘアスプレーだった。我々は脇ツヤツヤで本番に臨んだって話だ。

ひきち (なにこの話……)あの、話元に戻してもいいですか?

引地 こっちのセリフだ!罠はりやがって!だから、ジャケットのモデルさんに会えると思ったんだよ。ところがろくに会えずに別時間で撮影してたってこと。時間がないからもうこの話はいいな?悲しくなるし。

ひきち これだと完全に脇メインの話に変わってますけど?

引地 おっ?脇なのにメインとはこれいかに!だな。

画像4

(ここでおまけの2006年写真。手書き全盛期らしく歌詞はすべてノートに書いて考えていたようだ↑は後に「夏の大三角」というタイトルになる。)

画像5

(↑はSong for youを考え始めた頃か。ボールペンが好きな時代。)


ひきち もういいです。では「間接キス」はなんですか?

引地 これはみなさんから「寄せ書きヒストリー」に寄せられた情報から、この年か!と思い出したんだが、どうやらINSPiの杉田と「ピッチパイプ」を通じて間接キスしてたらしい。

ひきち ピッチパイプというのは、曲の始まりでキーを確認するために吹く笛のことですよね?

引地 そうだ。みんな同じものを持っているから、こういう大事故を防ぐために名前を書いてたりするんだ。

ひきち あ、でも寄せ書きヒストリーに「疑惑」とあって「払拭された」ってありますよ?

引地 だから焦るな、そして望むな!おそらく……、
してる。

ひきち Kissed?

引地 Yes.

ひきち うわっ、妄想よりもこっちのほうが気持ち悪っ!私この先気をつけても、未来で間接キスするってことですよね?

引地 Yes.

ひきち いや、英語もういいわ。

引地 そうだなぁ、これきっかけじゃないか?杉ちゃんが「オーライ」って言い出したの。俺の薄っぺらい英語が移ったんだろうな、かわいそうに。

ひきち テキトーなこと言いますね……。

引地 この年INSPiと一緒にディナーショーをやったんだよ。そのリハーサルの中で小物がごちゃごちゃになったんだと思う。この事件の時に分解してとにかく洗ったのを覚えている。

ひきち 買い替えるまではしなかった?

引地 考えたとは思うが、おそらく杉ちゃんが「オーライ!」って言ったんじゃないか?

ひきち (否定しきれない……。)

引地 今回はもういいか?では、未来は君の手にあることを忘れずに。

ひきち いや、だからないでしょ、この関係性だと。ちょっと1年ごとだと追いつかないので別の年もお願いします。キーワードは「記憶のない年」で。

「記憶のない年」(2011年)

引地 「記憶のない年」か。2011年だな?

ひきち はい。東日本大震災の年で、RAG FAIRは活動休止前のツアー「That’s RAG FAIR!!」を震災前からスタートしてます。2011年から10年、今が3月ということもあるので2011年にしました。

引地 活動休止については随分と話し合ったはずだ。

ひきち 解散とかも話に出たんですか?

引地 覚えてないけど出たんじゃないか?どんなグループでも休止する話には絶対「解散」というワードは出ると思う。

ひきち なるほど、でも休止を選んだ。

引地 正解はないと思ったよ。選んだことをやるだけだ、と。ただ、今振り返ってみるとすべてが若い。ま、仕方ないけどね。

ひきち ほー、大人になったんですね。

引地 確か「冷凍保存しておこう」みたいなこと言ったと思う。

ひきち 冷凍、ですか。でもそれなら解凍がヌルッといつのまにか、になってません?

引地 確かに「活動再開宣言!」みたいにするパターンもあるな。それがレンジでチンして解凍だとしたら、うちは自然解凍ってことかもな。「あ、溶けてますね、もう食べてもいいかしら」みたいな。

ひきち 自然解凍、ですか。

引地 それこそ曖昧かもしれないがね。くさらずいこう。

ひきち 腐るにひっかけて丸め込みましたよね?

引地 ただ当時はかなりキツかったと思うけどね。実際、身体中にへんなブツブツできたし。

ひきち 私、繊細なんですねぇ。

引地 休止は重大な決定だし、お客さんはじめ、いろんな人にご迷惑もおかけするからね。でもそういうのを含めて今があるって思うしかないよ。
で、休止前のツアーに臨んだわけだけど……。

ひきち 震災が起きた。

引地 そう。「記憶のない年」ってキーワードはさ、ほんとにそのままで思い出せないんだよ。休止で震災で、とにかく普通じゃなかった。ツアー中だったのか?って記憶すら危うい。どう考えても音楽やってる場合じゃないわけで。

ひきち みんなそうだったんでしょうね。

引地 「なんかしなきゃ」と思うだろ?それで、RAG FAIRで動画メッセージと歌とか撮影するわけだけど「これ今か?」って思ってしまうという。でも、被災地のラジオでリクエストがかかったとか、そこのラジオ局と電話つないで話したりとか、自分たちがつくったものが遠く離れた誰かのところに届いていることを改めて知った年。当然こんな状況考えずにつくったもの、なんだけどね。

ひきち RAG FAIRとしての2011年の記憶は、ほとんどない?

引地 2011年って聞いても震災しか出てこない。メンバーみんなそうだと思うよ。休止したってのもあって、表に出ないことでもそれぞれでやれることやってたのは知ってる。
3/11の後、まだ余震が続く中でやったライブがあるけど、冒頭で「元気になりたい」だの「歌える人は歌うべき」だの言ってると思うんだよ。自分で言ってるけど「ほんとにそうか?」と悩みながらだったよ。

ひきち なんかこの連載には似合わず、ちょっとしんみりした感じで終わりそうですけど大丈夫でしょうか?

引地 は?しんみり?ならばこれを観ろ。

ひきち あ!「上を向いて歩こう」だ。確かこれも2011年にレコーディングしたんですよね?

引地 INSPiの声がけで集まった豪華なメンバーだよ。

ひきち 写真が若い(笑)。そうか、今年になって公開したんだ。

引地 後悔だって?してないよ。

ひきち (おれってバカなのかな…)

引地 いや、しようがしまいがこれまでの道のりあっての今だ!

ひきち あのー、まとめの一言が決まった!みたいな顔してるところすみません。次回の北さんに聞くことありますか?

引地 聞いても覚えてないことはすでに証明されているけど、この「上を向いて歩こう」のエピソードはちょっと聞いてみたい。

ひきち わかりました。こちらも次回はより具体的な振り返りをしましょうね。

引地 オーライ!

ひきち (バカなのかな…)

画像6

(2011「That's RAG FAIR」ツアーのセットリストが左。右はその中からメドレーだけを抜き出したもの。長っ!!)

#4へ続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
引地洋輔

いただいたサポートは音楽などのコンテンツ制作に使用させていただきます。

ϵ( 'Θ' )϶
1978年3月20日福島県生まれ。アカペラボーカルバンドRAG FAIRとして2001年音楽の世界にデビュー。以後、音楽つくったり、ラジオでしゃべったり、福島フェスというイベントつくったり、文章書いたりしてます。3日に1度くらいで更新予定。