見出し画像

2021年そして20周年

引地洋輔

時間が経ってしまいましたが、2021/12/19 Zepp Hanedaでの20周年感謝ライブに来てくださったみなさん、U-NEXTで配信を観てくれたみなさん、
ほんとうにありがとうございました。

メンバーがみんな「この1年準備してきて〜」と言うので、振り返ってみたら。
20周年の初回の打ち合わせは2020/1/10でした。1年と11ヶ月前。

この頃はまだマスクもつけず、今とは全く違う世の中だったんだな、
と写真を見て思いました。杉ちゃん、サムライにしか。。。

画像1

この時の打ち合わせで話したことのほとんどは実現しませんでした。
その後の世の中がまったく違ってしまったので。
残っていたのは2021/12/19にライブをやること、そして「感謝」というワードと気持ちだけだと思います。
それ以外はほんとに全部ひっくり返った感じ。

そんな中でも12/19にライブを無事開催できたこと。
お客様それぞれに感染症対策へのご理解、ご協力をいただいことに感謝です。

2021年はどんな年だったのか。
ようやく、仕事も一段落した年末に振り返ってみると、

とにかくRAG FAIRの一年だったと思います。
時間的な忙しさで言うと、2002年や2003年のほうがハードだったかもしれないけど、仕事量で考えれば一番の年だったかと。
できることも増えたってことでしょうか。

個人的にはデビューからしばらくの間「明日までにこれを覚えなきゃ」ということの連続だったあの頃の自分達に
「こんな準備をしてあげたかった」と思うことを準備してきました。
記憶の中の自分達を助けてあげるような気持ちで。

やれることはやった、と思います。

ただそれと「オンステージで表現する」ということは別物で、
あぁ、ビビりだなぁ。。。と、そこは変わらず反省材料ですかね。

このくらいの時間をかければこのくらいのことができるだろう
という予想はだいたいその通りでした。
そして、このくらいで限界がくるだろう、という予想もだいたい当たりました。

大変な時に助けてくれたメンバーは本当に頼もしく、
チームでなければできなかったな、と思います。
ここも感謝です。

さて、ここで20周年ライブでの絶対に伝わらない、小さな20年詰め込み満足部分をひとつ。おそらくメンバーにも伝わっていないやつ。

開演前の客席に流れていたBGMはLove Diaryのボーカル抜きの音で、
ここで彼らに活躍してもらいました(笑)。
broad6はステージで出番がありましたが、Love Diaryはここで。
そして、開演直前はルール上著作権フリーの音楽に切り替える必要があり、
自分の未発表、未登録のボーカル抜きの音源を使いました。
何年前かに作っといてよかったね、途中まででも。。。

そこが使われているかどうか、いや多分使われてないけど
U-NEXTで見逃し配信がこの年末年始にあります。

詳しくはこちら

Stars On RAG FAIR 20thと名付けたメドレーなど、本編での細かい詰め込みももちろんありますが、それを探しながら見逃し配信をどうぞ。

そのうちネタバラシします。

おかげさまで幸せな1年を過ごせました。
良いお年をお迎えください。

来年も年明けからいろいろあるよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
引地洋輔

いただいたサポートは音楽などのコンテンツ制作に使用させていただきます。