時差4時間、他の仕事と両立しながらでも活躍できる秘訣!
見出し画像

時差4時間、他の仕事と両立しながらでも活躍できる秘訣!

こんにちは!よっしーです。

私が所属する CASTER BIZ recruiting は、採用を科学し、セオリーに基づいて結果を出し続ける採用プロ集団として、スタートアップ・ベンチャー企業の採用支援をまるっと担っています!

全社員がリモートワークで働いている弊社には、海外在住のメンバーもたくさんいます!時差がある中で、普段どんなふうに仕事をしているのでしょう?
今回はニュージーランド在住で、原稿担当として活躍中のカエデさんにインタビューしてみました!

 ーー 経歴を教えてください!

新卒採用のコンサルティング企業で営業とバックオフィスを経験したのち、電子部品商社の採用担当として勤務。そのあと、ニュージーランドに移住して留学エージェント、飲食店経営を経てフリーのライターになりました。現在は、人事関係の記事やインタビュー記事を作成するライター業を行いながら、CASTER BIZ recruitingでクライアントの求人の作成、効果検証、運用、改善を担う原稿担当として働いています!

ーー CASTER BIZ recruitingに興味を持ったきっかけは何だったのですか?

もともと人事の仕事をしていたので、また人事に携わりたいなーと考えていました。そんな中で「海外からでも日本の採用の仕事に関われるんだ」と思ったことが興味を持ったきっかけです。

11年前、NZに移住した当時はZoomもSlackもChatworkもなかったんですよね。海外から日本の仕事ができる職種は、翻訳家やイラストレーターなど一部に限られていたイメージがあります。

そんな中、チームメンバー全員リモートで働いていて、企業の採用支援をしている会社があると知り、ここでチャレンジしてみたいと思いました。

ーー なるほど、確かにいろんなツールができたからこそ、リモートワークできる職種の幅は広がりましたよね。
ーー ちなみにNZと日本だと結構時差があるかと思うのですが、そこに対する不安はなかったですか?

日本の春夏は+3時間、秋冬は+4時間の時差がありますね。

時差があることによって、①リアルタイムのコミュニケーションがしづらい、②MTGなどの予定調整が難しい、③困ったときに質問しづらい、最新の情報が得にくいなどの障壁があるのではないか?と思っていました。

ーー 実際はどうでしたか?

それぞれCASTER BIZ recruitingでの仕組みや私なりの工夫などで、解消できているので、特にやりづらさは感じていません。

①リアルタイムのコミュニケーションがしづらい?
業務の95%をテキスト(Slack)でやりとりするため、相手が一読してすぐに判断できる書き方を心がけています。質問したいときは何がわからないか明確にして書く、主語や目的語を明確にして書く、といった感じです。時差の関係で相手の返信にすぐ答えられるとは限らないので、自分で出来る範囲のコミュニケーションロスは失くそうと意識しています。

②MTGなどの予定調整が難しい?
MTGに入れない時間帯はあらかじめGoogleカレンダーでブロックしています。祝日も日本と違うので、NZがお休みで子どもが家にいる日は、日中の業務量を調整しています。
また、クライアントとのやり取りをメインで行うリクルーターや採用のバックオフィスを担当するアンカーなど、それぞれの役割の「プロ」がチームとなって働いています。お客様とのMTGがタイミング的に無理な場合はリクルーターの方にお願いできますし、お互いにフォローし合えるので安心しています。

③質問しづらい?情報が得にくい?
ちょっとした疑問をSlackで聞けば誰かがちゃんと教えてくれますし、マニュアルや議事録が整備されているので、空いた時間に確認すればしっかりキャッチアップできます。

一つ一つは小さなことなんですけど、場所や時差がハードルにならない働き方ができていて、 CASTER BIZ recruitingってすごいなあと思っています。


ーー  コミュニケーションロスをなくすための工夫・・!勉強になります!カエデさんと日々仕事をしていて、コミュニケーションのしづらさを感じたことがなかったですが、そういった工夫があってこそだったのですね

ーー  ちなみに弊社以外のお仕事もされているとのことですが、1日のスケジュールはどんな感じですか?

CASTER BIZ recruiting以外ですと人事関係の記事やインタビュー記事を作成するライターを兼業しています。

日本時間でいえば、朝の6時頃~昼1時が私のメインの稼働時間です。この時間に集中して原稿作成やライターの仕事をしています。NZのお昼過ぎが、日本の始業時間(9時ごろ)になるので、その時間以降にルーティーン業務をすることが多いですね。

CASTER BIZ recruitingの原稿作成納期は基本的には翌日~数日の時間があるので、業務の調整がしやすくて助かっています。


ーー  業務のやりがいや、CASTER BIZ recruitingでの仕事を通じて身についたことはありますか?

やりがいを感じるのは、作成した求人に反応してくださる方が多いときです。クライアントの魅力を伝えられたのかなと思えて嬉しくなります!

あとは、はじめに求人原稿を作成するときですね。クライアントの事業の魅力や仕事内容を聞いて調べて、どういう書き方をすれば応募者の目に留まるのか、考えている時間は楽しいです。世の中にはいろんな事業や仕事があるなあと。知らないものを知るのが好きなんです。

CASTER BIZ recruitingの仕事で身についたことは、Slackの使い方ですかね。最初は、たくさんのチャンネルに一気に情報が流れてくるので戸惑いましたが、今はもう慣れました。(笑)

ーー  今後やっていきたいことはありますか?

CASTER BIZ recruitingで採用広報のお仕事も増やしていけたらいいなあと思っています。

ーー  いろんな仕事にチャレンジできる可能性があるんですね。

そうですね。 CASTER BIZ recruitingに入社前、面談をしたときに「今後やっていきたいこと」の話になり、「採用広報の仕事もしたいです」とお伝えしたんです。そしたら入社後即任せていただけて・・そのスピード感に感動しました。

原稿担当メンバーの中には、クライアントとのフロントに立ってディレクションまで行っている人や、リクルーターなど他の役割にチャレンジしている人、原稿担当としてたくさんの社数を担当し、プロフェッショナルを目指す人などもいます。個人の興味や適正に合わせて楽しく働けるのではないかと思います。


ーー  最後にメッセージをお願いします!

CASTER BIZ recruitingはメンバー全員がリモートワークなので、リモートで働くのに最適な体制が整っています。採用という仕事に興味や情熱がある方で、もし仕事を離れている理由が「場所」であるなら、一度弊社の扉を叩いてみてはいかがでしょうか。自分に合った働き方を選べる環境がありますよ。

ーー  これからも、働く場所にとらわれず、やりたい仕事にチャレンジできる環境をつくっていきたいと思います!

-------------------------------------------------------
少しでも興味を持っていただけたら、CASTER BIZ recruitingで一緒にお仕事しませんか?

ぜひお気軽にご応募ください!
(もちろん、国内からもご応募も大歓迎です。笑)

▼原稿担当
https://www.wantedly.com/projects/542794

CASTER BIZ recruitingの中のひとについてもっと知りたい方は、ZUKANのフォローをお願いします!
-------------------------------------------------------

▼CASTER BIZ recruitingのひとZUKAN


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!