見出し画像

家具職人が空気を測定する事業を始める理由

Yoshi-Yuki Makino 牧野泰之

木材が空気中に出す成分を利用して、家具づくりをしています。

と書いても、ほとんどの人が?でしょう。まず、木から何か出ているとは誰も思っていません。実際、私たちの周りの多くの木材は塗装されているので、何も出していないか、逆に塗装から有害なものが出ているくらい。昨年、木材を県の施設に持ち込んで分析してもらったところ、実に多くの成分を放散(揮発)していることがわかりました。この放散成分を活用して、室内を人にとって良い成分で満たし、住まいを快適にできないかと取り組んでいるのです。

この続きをみるには

この続き: 184文字

家具職人が空気を測定する事業を始める理由

Yoshi-Yuki Makino 牧野泰之

110円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Yoshi-Yuki Makino 牧野泰之

飛騨高山の森林資源を有効に活用するための研究や活動をしています。いただいたサポートは活動費に使わせていただきます。

Yoshi-Yuki Makino 牧野泰之
樹木効能研究家 / 木工家 28歳で大手設備メーカーを辞めて、飛騨高山に移住して家具職人の道へ。 家具を作ったり樹木の研究をしたり、小さな森の豊かな恵みに触れながら25年。 株式会社FUSHI 代表取締役|高山環境アレルギー対策センター 代表