『自分の真実を生きる』 臼井淑子/自分が誰だったか思い出させる人
第20回 自分とつながるとパワーが湧いてくる
見出し画像

第20回 自分とつながるとパワーが湧いてくる

皆さんは、自分とつながっていますか?
そもそも自分とつながるって、どういうことでしょう?

「自分とつながる」とは、自分が何を感じているか、何を必要としているか、何をしたいと思っているか、しっかり分かる、理解する、そして受け止める、ということです。
自分のことなんだから、そんなの誰でも分かってるでしょう~!と思うかもしれませんが、分かっている人、つまり自分とつながっている人、少ないです。本当に少ない!

キャリア面談/キャリアカウンセリングをしていて、いろいろお話を伺うのですが、あぁでもない、こうでもないと考えていることをひとしきりお話いただいた後に、「それに対してどうお感じですか?」とか「ご自身はどうしたいのですか?」と聞くと、「え・・・?」と止まってしまわれることが多くあります。
頭ではああでもない、こうでもないと考えながら、実は、自分自身の本当の気持ちや想いが置き去りになってしまっているのですね。

“自分”とつながっていないとどうなるか。
なんだかもやもやする、満たされない、不安だ、やるべきことに対処しているはずなのに何かが足りない、そもそも目の前のことに身が入らない。。。という感覚に陥ります。
これ、もしかしたら自覚できるかできないか程度の薄っすらとした感覚かもしれないけれど、この感覚を放置していると、自分自身のエネルギーは少しずつ確実に枯渇していきます。つまり、イキイキさとは程遠い状態になっていきます。

“自分”とつながるとどうなるか。
“自分”につながると、身体の奥底から自然とパワーが湧いてきます。

画像3

以前ある学生さんのキャリアカウンセリングをしたときのこと。
わたしは大学で長年キャリア支援をしており、今でも定期的に学生との1対1のキャリア面談を行っています。
その学生さんは、ある国際機関への就職を希望していました(個人が分からないように少しフェイクを入れています)。相談内容としては、「面接練習がしたい」、ということだったので、模擬面接でまずは志望動機を確認したところ、「こういう理由で志望しています」、と答えてくれました。その内容は、一般的に言えば模範解答的なよく練られた「正解」な内容でしたが、「志望している」と言っているのに、全然「志望している」という想いや情熱が感じられませんでした。彼が“彼自身”とつながっていないのは丸分かりでした。
わたし「本当にその理由で志望しているの?」
学生さん「いえ、あの、自分でもよく分からなくて・・・。この機関に入りたいという強い気持ちはあるのですが、それがなぜなのか、うまく言葉にならないというか・・・。だから、先輩たちのいろいろな回答例を見て志望動機をとりあえずつくりました」
そこで、わたしは模擬面接から急遽切り替えて、なぜその国際機関に行きたいと思うようになったのか、きっかけなどから今に至るまでをざっくばらんに話をすることにしました。
その話をする中でわたしが感じたのは、彼の人間と人間以外のあらゆる生き物や環境に対する愛の深さでした。「地球上のあらゆる生き物たちと人間が幸せに共生できるよう、世界の人たちと協力していろいろな課題を解決したいと思っているんだね」。彼との会話で感じた彼自身の気持ち、想いを代弁して伝えたところ、『!!!』 言葉にはならない、まさにエネルギーとしか言いようのないものが彼の奥底から一瞬で湧きあがり、「そうです、まさにそれなんです!」。そこからの彼は、今までのぼんやりしていた様子がどこへやら、イキイキと、自分の志望動機ややりたいことを語り、ただ、もう少し情報収集をした方がもっと具体的に話せるということで、「もっと調べてみます!!!」と元気よく帰っていきました。“自分”とつながって、自分の気持ちや想い、願いを自分自身が理解して受け止めると、人って本当にイキイキと生命エネルギーにあふれて、黙っていても生きたい方向へ生きていくのだな、そんなことを実感した出来事でした。


自分とつながるためにはどうしたらよいか。
上記のように、キャリアカウンセリングやコーチングを受けて、 他者からフィードバックを受けることは有効ですが、適切な人を探したり、サービスを申し込んだり、となかなかハードルが高いですよね。
だから一番いいのは、そのための時間を取って自分に“つながろう”とすること。前回の「キャリアビジョンの描き方」でも書きましたが、自分は今、どう感じているのか、何を必要としているのか、本当はどうしたいのか、そんなことを見つめる時間を取ってください。特に、最初に書いた「もやもやする」「満たされない」「目の前のことに身が入らない」、そんなときは、自分とつながっていないサイン。ぜひ、自分にゆっくり尋ねる時間を取ってください。

皆さんは自分とつながっていますか?
“自分”って、分かっているようで案外分かっていない“深淵なる世界”です。
4月でさまざまなことがスタートし、きっと皆さん、日々いろいろなことを考え、いろいろなことに取り組んでいらっしゃることと思います。そんなとき、肝心な“自分”が置き去りになってしまう、ということがよくあります。そういうときは“自分”とつながる時間をとって、自分は今何を感じている?どうしたいと思っている?そんなことを見つめてみてください。そうすることで、改めて前に進んでいくエネルギーが湧いてきますよ。

****
★自分とつながるための2種類のワークショップやっています★

★あなたの可能性をひらく『ライフ・キャリアビジョン』の描き方
Zoomセミナーご案内(4/23土14:00-16:30)★

あなたの心の奥底にある願いをひも解きながら、一緒にライフ・キャリアビジョンを描いてみませんか?

ビジョン編基本画像_アイキャッチ画像

★2022年4月23日 (土) 14:00 - 16:30
(お申込み、詳細はhttps://www.qhmd.que.co.jp/programs/20220423/
※Zoomにて。受講料3,300円。

****
★『ストレングスファインダー®セミナー 
~ギフト(強み)を知っていきいき生きる、働く~』
Zoomセミナーご案内(4/16土14-16時)★

いきいき生きる、働くために必須の 自分に与えられた「ギフト=強み」、知っていますか?
強みを知る「ストレングスファインダー®」というアセスメント結果をもとに、あなたの「ギフト=強み」をひも解きます。

扉と光

★2022年4月16日(土)14:00-16:00
(お申込み、詳細はhttps://www.qhmd.que.co.jp/programs/20220416/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
『自分の真実を生きる』 臼井淑子/自分が誰だったか思い出させる人
一人ひとりのもつ可能性を開花させるキャリアカウンセラー/コンサルタント/研修講師。人材開発業界15年以上。これまでのべ3000人以上に対しキャリカウンセリングを提供。ビール(銘柄指定★)をこよなく愛す二児の母。https://www.qhmd.que.co.jp/