見出し画像

晩ご飯に一汁一菜どうでしょう?

ご飯、味噌汁とつくだ煮。

これ、朝ごはんでなく晩ご飯の薦めです。

毎日というわけでなく
夜遅く帰ってきたときとか
昼ご飯が高カロリーな時だったり
外食が続いた後など。

いわゆる「ハレ」の食事でなく
「ケ」の食事です。

最近、書店でも一汁一菜や
家庭の簡単料理の本が平置きされているように感じます。

その根っこ、今の不健康や心身の不調和の原因は「食べ過ぎ」じゃないですか?
と、勝手に解釈しています。

とはいえ、ファスティング(断食、不食)みたいな意識高い事は、中々踏み出せない。

それならシンプルに食べる量を
少し減らす日を作られたらいかがでしょうか。

そんな時便利なのがつくだ煮です!

画像1

レンチンも要らず(常温)
少量で満足できる。
本当に面倒ならご飯、味噌汁は即席でも。

しかしオカズは、つくだ煮がいいんです。
なぜなら

コンビニや惣菜店の出来合いの惣菜は
食べた瞬間に美味しく感じられるよう
少し濃いめの味付けになっているからです。

食感もストレスのないよう柔らかめ。
そのよく出来たお惣菜達は
「もっと食べたい」を刺激します。

「何だか食べはじめたらもっと食べたくなってきた」
ファストフードやコンビニのお弁当を食べた後、多くのかたが感じたことのある感想ではないでしょうか

つくだ煮は地味ながら
限りなく家庭料理に近い中食」と考えています。
使う調味料は、醤油、砂糖、酒。

優しい家庭料理がかえって珍しくなりつつある
中、つくだ煮を添えた一汁一菜、オススメです。

ととのいます。

つくしんホームページ
www.tsukushin.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
東京、佃島でつくだ煮屋をやってます。