見出し画像

【PJNO1位2位】シマダんちのクワガタ(SM5S5M~s3)

はじめに

どうも、凱(よし)です。
今回は、PJNOでクワガノンVのデッキを使用しました。

PJNOクワガタ



3人で共有し、
masa 優勝
ヤスノリ 準優勝
凱 0-3(ドロップ)
でした。

悔しい気持ちもありますが、デッキ共有した2人が最高の結果を出してくれました。
リストは公開されていますが、各対面の立ち回りなど、パッと見ではわかりづらい要素もありますので、解説記事を書くことにしました。

追記
7/2
ムゲンダイナVMAXのサンプルレシピ、立ち回りの追加。
ルカリオ&メルメタルGX+ザシアンVの解説の追加。


環境考察


PJNOに挑むにあたっての環境予想になります。
これらを仮想敵としてデッキを作りました。

Tier1
ムゲンダイナVMAX
マルヤクデVMAX
コンボザシアンV

Tier2
アルセウス&ディアルガ&パルキアGX+ザシアンV
ピカチュウ&ゼクロムGX
ズガドーン
クワガノンV


LO
ジュナイパー

デッキ選択の基準としては、Tier1、Tier2に約6割以上の勝率が見込めることを条件としました。
結果的に
・クワガノンV
・マルヤクデLO
解説(https://note.com/masa_poke/n/nef3281cdd7eb


この2つが候補になりました。


レシピの変遷


画像1

・課題
ムゲンダイナVMAXへの勝率が奮わず。
また、チラチーノを展開できるかどうかが不安定なため、4枠割いている価値は低かった。
また、ライチュウ&アローラライチュウGXの起動の要求が高いように感じた。


画像2

UB(ウルトラビースト)を採用し、対ムゲンダイナVMAXの性能がやや上がった。
また、チラチーノの代わりとしてオドリドリGXを採用したところ、中盤から後半のパフォーマンスが向上した。

・課題
各カードのサイド落ちや、アローラニャースが後攻からサイドをずらしてくる展開もあり、毎試合同じ展開ができるかと言われるとそうではなかった。
UBで攻撃するターンには当然グッズロックは出来ず、グッズロックの強みを活かしきれていない。


画像4

検証を重ねた結果、以前苦手意識を持っていたムゲンダイナVMAXに対しても勝率が安定するようになり、ライチュウ&アローラライチュウGXの起動の課題もオドリドリGXを採用したことでかなり改善した。

※各マッチへの立ち回りやプラン立て関しては有料部分にて解説していきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます!
無料部分はここまでです。
以下有料となります。


クワガノンVを活かすために(デッキ構築編)


様々な形のクワガノンVを試しました。
その中でデッキを組む際に意識したことを主に書いていきます。

この続きをみるには

この続き: 8,298文字 / 画像5枚

【PJNO1位2位】シマダんちのクワガタ(SM5S5M~s3)

凱(よし)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

83
PokémonTCG/Cardrush Pros(Sponsored by カードラッシュ)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。