オススメの副業・兼業(4) ビザスク

今日は、昨日上場したビザスクを記念して、ビザスクの話をしたいと思う。

ビザスクはスポットコンサルティングと言われ、

例えばこんな案件がある

「【コンビニのオーナー/店長募集】新しいコンビニサービスについてのインタビュー」

つまり、その業界のプロの人にインタビューをして、業界の知識を提供するということに対して対価が支払われる。

この案件だと、例えば、1時間お話しすると1万円、このうち3000円がビザスクの取り分なので、7000円がもらえるお金となる。

毎月、毎月、コンビニのオーナー向けのインタビュー(コンサルティング)はないが、僕が3年間使った感覚だと、4ヶ月に1度くらいは、自分の業界でのインタビューの案件が入ってくる。

案件獲得までの流れはこうだ

1 まずは自分のスキルに合う案件を探す

2 そのスキル、経験を記載して、先方に送付

3 先方が気に入れば、マッチング成立

4 マッチング成立後は直接、ビザスク上でDMでやりとり

5 WEB会議か面談で先方の質問に答えていく

6 終了後は終了通知をする

7 次月の末日にお金が振り込まれる

とこんな感じの流れになる。

コンサルティングとはいうものの、知見を教えてくださいなので、自分からベラベラ話すよりかは、相手の聞きたいことに対して答えていく流れのような気がする。

感覚的に、え?こんな浅い内容でもいいの?

と思っても、相手にとっては、その業界に初めて参入するなどの場合は、大切な情報もあるようだ。

もし、自分がお金を払って聞く方であれば、WEB調査をしてから聞くが、中にはWEBも調べずに聞いてくる方もおられる。

なぜだろう?と考えたが、おそらく、お金を払って必要な情報に素早くリーチしたいのだろう。1万円払って、その道のプロに直接話ができるなら、安いと考えることもできる。

結局WEB調査は、本当かどうかわからないところが多いので、その道のプロがそう言っているのなら、本当だろうと確信を得るために、

「ネットにはこう書いていますが、現場では本当ですか?」

と質問を受けることも多い。

僕の感覚では、ネットに書いてあることは8割当たっているけど、2割ずれていることがあるので、その2割で

「実はこんなところもあるんですよ〜」

と話している。

となると、先方にとっては新しい話なので、価値があるのではないだろうか

兎にも角にも一度登録しないと始まらないので、ビザスクに登録してみてほしい。コンサル業界のあるある

だが、若いと信用ならない(海外だと関係ないけど)

というイメージが多少あるので、20代よりは30代向けかもしれない。

是非一度登録してスポットコンサルティングすることをお勧めする。自分の知見が自分の会社以外で使えると知った時の喜びはかなり大きいと思います^^

トライしてみてくださいね。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
大手企業のサラリーマンの傍、副業で年間約100万円を稼いでいます。そのノウハウをみなさんと共有し、みなさんにも稼いでもらえるようになればと思っています。