見出し画像

例えばこの写真 2  V字構図について

コスプレの写真を撮っていると「多人数での撮影」(「あわせ」という表現をします)をすることがあるかと思います。複数のキャラが一堂に会すとなかなか見応えがありますし、それが好きな作品だとテンションがあがります。

ドラクエⅢの場合だと勇者1人もいいけど4人パーティの方が嬉しいじゃないですか(例えの作品が古い)。そういうことです。

1人のキャラを撮るよりキャラ同士の関係性が表現できたりと撮る方もバリエーションが増えます。

そしてせっかく集まったのだから「みんなで撮ろう」というのは自然な流れです。ただそこで学校のクラス写真のように撮るわけにはいきません。時間をかけて素敵なキャラに扮しているのだからそれっぽい写真を残したいのです。

どう撮ればいいか。

作品や人数、表現したい関係性等でいくつも撮り方はあると思うのですが、5人以上集まると「V字で並ぶ」というのに結構な頻度で出会いました(経験談)。

僕はこのV字で並ぶ写真、いわゆる「V字構図」がとても苦手で何度撮っても上手に撮れませんでした。頭の中にイメージはあるのにうまく撮れないのです。

何度か失敗して、他の人のバランスよく撮れてる写真を観察してそして気付きました。「中心線を引いてみる」ということに。

上の写真では赤い線が中心線です。Vで並んだ左右の8人の腰のあたりを中心にそろえました。すると頭を結んだ線が中心から左右へ斜めに。足元も中心から左右に斜めの線が現れました。

もう少しわかりやすいように同じ時に撮った、僕の視点だけ変えた写真を例に出します。

画角も撮ってる場所も同じです。僕の視点の高さだけが違います。それぞれ中心線を「人物の頭」「お腹」「足元」で引いています。

赤い線が中心線です。すると緑の線が強調されます。そうすると上から「逆三角形」「ひし形」「三角形」という形が写真の中に配置されてバランスが取りやすいのかなと思ったりです。

うまく撮れないな、と思ったときはお試しください。

多人数の撮影が苦手で敬遠されるカメラマンさんもおられるかと思いますが、「V字だけはまかせて!」と一つ強みを持っていると気軽に参加出来たりします。

ここだけの話ですが大型の合わせの場合カメラマンさんも複数いることが多いので、もし自分がうまく撮れなくても他の方がしっかり残る写真を撮ってくれてるので安心です。

そしてたいていの場合、集合の写真を撮ったあとは数人の撮影や個人撮影になったりするのでそれほど気負うこともないのかなと思ったりです。

それよりも大型を撮る人が少ないので行くだけでありがたがられたり、知り合いも一度にたくさん増えるので楽しいことの方が多いように思います。

大型撮影おすすめです。

下記DLボタンからこの記事をPDFとepub(電子書籍ファイル)でDLできます(今のところ無料)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
写真撮ってます。Twitter yosee0615スタジオリプル(@studioripple00)の代表してました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。