見出し画像

雑誌の意義とは?  ずっと頭に残っている編集長の言葉


その人と出会った時のその人の年齢に近づいてきた。その人とは、私が社会人となって初めて携わったファッション誌の編集長。その雑誌の提案するファッション、いや、そのすべてを体現しているような人だった。

その雑誌は、おしゃれで曖昧にされがちな部分をきちんと言語化し、誰にでも実現できるセオリーにおとしむことに注力していた。当時、パリジェンヌ推しだった女性誌群の中で、ミラネーゼを推していたのも特徴的な雑誌だったと思う。端正なジャケット、スラックス、ドライビングシューズ、モダンなゴールドのジュエリー…… コーディネイトの提案でテイストをミックスすることを「甘辛バランス」、質感や色を全身の中で繰り返すことを「リンクコーディネイト」など、普遍性のあるルール提案を信条としていた。

私は好きなものを自由に楽しんでいたカジュアル全盛の学生時代を経て、そのルールばかりのファッションにどうしても慣れなかった。毎号、毎号、同じような服ばかりリースしてくることを求められた(当時、その編集部では、スタイリングも編集者が担当していた)。そして、毎号、毎号、同じようなコーディネイトを組んでいく(ような気がしていた)。窮屈だった。

ある時、生意気にも編集長に「この雑誌が提案しているファッションは退屈だ」というようなことを言ってしまったことがある。今、40半ばの私が新入社員ほどのキャリアの後輩からそんなことを言われたらどんな気持ちになるだろう。けれど、彼女は落ち着いた様子で「女性がきちんと服を着て、社会で軽んじられないように。私は読者の方を全員、妹だと思っている。妹たちが社会で活躍できるように。ファッションはそのための道具。私はそう思ってる」と言った。「この人はいったい何の話をしているんだろう?」とまったく話が噛み合ないことにガッカリした(それは、もちろん当時の私の力量不足のよるところなのだが)。けれども、ずっとその言葉は頭の片隅に残った。

その雑誌は、1989年に創刊し、当時、編集長はファッション班のデスクだった。とにかくバブル期に東京を席巻したファッションに一石を投じたかったのだ、ということを後に聞いた。彼女が退いた数年後、2007年にその雑誌は役目を終えた。

当時の彼女の年齢に私は近づいた。彼女が雑誌を通し伝えたかったのはルールではなく、フィロソフィーであったことが今ではよく分かる。今、『ヴァンテーヌ』があったのなら、私はいったいどんなページをつくっていたのだろうか。時々、考える。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

instagramでは、主に観た映画やドラマの投稿について投稿しています。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。オススメのAmazonプライムコンテンツです♡
99
出版社勤務・女性誌編集者歴20年/毎日更新中。

この記事が入っているマガジン

観たこと、感じたこと
観たこと、感じたこと
  • 293本

ふと考えたこと、感じたことを。

コメント (3)
「妹たちが社会で活躍できるように。ファッションはそのための道具。」
泣きそうになりますね、当時そのような志でいらした女性編集長がいたこと、それから年数が経った現状を考えると。
七海さま

当時は、編集長の崇高さに気がつけず…今、噛み締めております!
‪ヴァンテーヌのおかげで正しい箸の上げ下ろしを身につける事ができました。どこに行っても完璧な自信を持って振る舞えております。ずっと感謝している事の一つです。‬

‪記事を何度も読み返したものです。家具や食器の選び方、イタリアマダムと娘の二世代インタビュー、生活する上での心がけなど、こうありたいと思えるお手本の宝庫でした。‬

‪天使の様な見た目のモデルさんが纏う渋い色味のかっちりとした服、肌を露出し過ぎないタイツ、高すぎないヒール、そうした美意識に触れられた事が得難い経験でした。女性らしさを出したい時に、甘い雰囲気の服や小物を単純に重ねていくのではなく、ほんの少しだけ柔らかさを覗かせる事の美しさを知りました。人の性格もしっかりした部分と柔らかい部分の両方があってこそ奥行きを感じられるのだと考える様になり、仕事をする上での指針となっています。‬

‪自分自身と周りを尊重する事の延長としての装いの大切さを、いくつになっても健全な自尊心を持って過ごす事の意義を学びました。服装の流行は常に変わっていくものですが、変わらない芯の部分を築く礎となってくださった忘れられない雑誌です。‬
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。