見出し画像

いま、僕らがnoteを始める理由

9月21日。目標金額1000万円のクラウドファンディングが終わり、「DENIM HOSTEL float」のオープンした日から早3ヶ月弱。

12月は配送予定のリターンが多く、支援いただいた方の元へ、続々とデニムやタオルが届きはじめています。

投稿くださっているひとつひとつを読んで、やっぱり、こういうときに、やりがいというか、続けてきて良かったなあとしみじみ思うのです。

クラウドファンディング中は、自分たちのことをプレゼンテーションし続ける毎日。それが終わりリングを降りると、僕の場合、なんというかすうっと考えるモードに入ってゆく。

そうすると、ぱたっと発信は止んでしまう。それは、決して日常が慌ただしいからではなくて、いやもちろん暇なわけではないんだけれど、次に届けるべき言葉を探しにいこうとする。

息するようにやるのがツイートなら、僕は3ヶ月間、ほとんど息を止めていたことになります。

ひっそり、じっくり、ゆっくりと。日々を確かに生きながらも、思考の奥深くに潜っていってました。

そして、12月。弟の投稿をきっかけに、再び上がってきました。

9月20日。EVERY DENIM最大の挑戦1000万円のクラウドファンディング。

達成直後の想いを記したこのツイート。やっぱり、何かをやるからには、人に応援してもらえた方が嬉しい。褒めてもらえた方が嬉しい。

めちゃくちゃ単純で、褒めてもらえることが原動力になって、自分は頑張れるんだなあと。そう感じました。

ただ一つ、大切なのは、

過去の実績よりも

今の地位よりも

未来に描く夢に対して

いいね!と言ってもらうことでしか

僕は、本当の意味で胸を張ることはできないし、そうすべきじゃないということ。これまでのことは、これまでのこと。大事なのは、これからのこと。

いつまでも、未来のことを提案できる人間でいたい。今日のために今日を生きるのではなく、明日のために今日を生きる人間でいたい。

そして、夢という大切なもののために、人の力を借りる覚悟を持てる人間でいたい。周りに育ててもらう勇気のある人間でいたい。

そうやってこれからも、僕は、僕らは提案し続ける。自分たちの叶えたいことに誘い続ける。

この指に、止まってくれるか。

最後に決めくれたのがあなただということは、僕にとって、とても大切なこと。

重かった幕を上げ、再び僕らは舞台の上に立つ。これまでよりも豊かな表現で、観る人の心を打つことを目指して。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山脇 耀平

最後まで読んでくださりありがとうございます。いただいたサポートは僕の生きる糧にいたします。

ぼくも大好き!
23
株式会社ITONAMI代表取締役COO/デニムブランド「ITONAMI」/岡山県倉敷市児島の宿泊施設「DENIM HOSTEL float」