tatsuki

東京でシステム開発に従事しています。 2019年より株式会社ゆめみにてPMを担当しています。 経歴:ガラケーのアプリ開発→Androidのアプリ開発→開発リーダー→PM

tatsuki

東京でシステム開発に従事しています。 2019年より株式会社ゆめみにてPMを担当しています。 経歴:ガラケーのアプリ開発→Androidのアプリ開発→開発リーダー→PM

    最近の記事

    【書評】『ザ・ファシリテーター』

    なぜ読んだか ファシリテートにより、チームの成果をより良い結果導くことができないだろうかと考えた。 ファシリテートの機会が多いが、ファシリテーションを学習したことがないし、ファシリテータの技術も心構えも学べていない。 本書はストーリーベースでファシリテートが学べ、面白そうだった。 概要ファシリテーションが、どのように組織の活性化し、組織の変革させ、そして個人の成長、行動に変化をもたらすかというプロセスが小説で描かれている。 主人公は30代後半の女性でマーケティング部に所属

      • AWS Technical Essentials2を受講しました

        AWS Technical Essentials2を受講した感想です。 AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト認定を取得するために勉強を開始しました。 なぜ受けたかというと、AWSを勉強し始めて、知識としては理解できている感覚はあっても、実際に触っていないというのが気持ちが悪かったためです。 そして、最初の触って試すというハードルを越えるためでした。 そこでAWSでオススメされている、この講習を受講することにしました。 知識の習得は本で学習したので、Techn

        • 交渉アナリスト補を取得しました

          交渉アナリスト2級に続いて、交渉アナリスト補を取得しました。 交渉アナリスト補について、どんな講座なのか、参考になると幸いです。 「補」って?交渉アナリスト補とは、交渉アナリストとして、必要とされる交渉技術を習得した人に与えられる資格です。 交渉アナリストは1級が最高位なのですが、1級を取得するためには2級と補を取得している必要があります。 学習の進め方 補では交渉のケーススタディが中心です。 売り手と買い手のケースが配られ、互いのケース内容は知らない状態で、役に

          • スクラムマスター研修に参加したら、認定されなかった件

            Odd-e Japanが開催しているScrum Alliance公認のスクラムマスター研修に参加しましたのでアウトプットします。 ネットには認定されなかった話が少ないようなので貴重なアウトプットです。 研修の内容「今から皆さんには、課題を解決してもらいます。」 研修では課題が与えられ、全員でその解決に取り組みました。 スクラム研修前に、「スクラムプライマーやアジャイルマニフェストを読んでおいてね」という案内があります。 なので、スクラムの知識に関する学習は初日の午前中

            交渉アナリスト2級を取得しました

            特定非営利活動法人 日本交渉協会認定の交渉アナリスト2級を取得しました。 交渉アナリストとは交渉アナリストとは、交渉の達人を指すのではなく、交渉を論理的な目で分析し、実践できる人を指します。 交渉には分配型と統合型の2つがあり、交渉アナリストの目指すのは統合型の交渉です。 交渉というと、相手から自分の利益を勝ち取ることをイメージしていましたが、これは分配型の交渉と言い、お互いが自分の立場を主張して一つのものを取り合う交渉です。一つのものを取り合いで敗者が出るので

            書評『 学校の「当たり前」をやめた。』

            本書は千代田区立麹町中学校長、工藤勇一氏が本来の学校の在り方や目的を考え、学校の改革を行った話が書かれています。 学校は子どもたちが「社会の中でより良く生きていけるようにする」ためにあり、子どもたちには「自ら考え、自ら判断し、自ら決定し、自ら行動する資質」すなわち「自律」する力を身につけるに必要があると校長は考えています。そして、子どもたちに自律する力を身につけさせるためには、学校の「当たり前」をやめる必要がありました。 目的と手段を取り違えない学校の「当たり前」の見直し

            書評『学びを結果に変えるアウトプット大全』

            本書によると、「アウトプットしなければ学習した記憶は定着しない」そうです。また、「学習した内容を記憶に残すためのインプットとアウトプットの黄金比は3:7であり、アウトプットした内容にフィードバックすること(インプットに修正を加える行動)が重要で、やりっぱなしでは成長につながらない」そうです。 本書について本書は「日本一アウトプットをしている精神科医」である著者が数万時間を越える「アウトプット経験」をもとに確立した、圧倒的に結果が出る「アウトプット術」をまとめたものです。