背中を押してくれた曲
見出し画像

背中を押してくれた曲

ユウジロウ

中年になってから、それまで経験のなかった、レースの世界に飛び込む勇気を与えてくれたものの一つに、自分は音楽がある。

中島みゆきさん、長渕剛さんなど、今もよく聞いている。

中でも、オーディションを受ける勇気をもらった曲は、長渕剛さんの「西新宿親父の唄」。

「66の親父の口癖は、『やるなら今しかねえ』」というフレーズがある。

その言葉に、やるなら今しかねえと、心の中で歌いながら、自分を奮い起こしていた。

今を思えば、よく飛び込んだと思う。

決してレースで成功したわけではないし、全然自分的に納得する成績を残せたわけではない。

あの時レースに挑戦しなければ、もっと安定した余裕のある生活をしていたと思うこともあるし、今はとても不安定な生活をしている。

でも、あの時挑戦していなくても、後悔はしていたと思う。

あの時やっておけばという思いをかかえながら、生きる勇気はなかった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
ユウジロウ
人見知り中年男。 30代後半に突然?全く経験のなかった自動車レース🏎️に挑戦し、2年前までレース活動をしていました。 現在、飲食店でバイト生活をしながら、人生というレースを迷走中😅