マガジンのカバー画像

🎓 Railsチュートリアル マガジン 📖

131
本
#Railsチュートリアル の最新情報をお知らせするマガジンです 📣🎓✨
運営しているクリエイター

記事一覧

🏕 第2回ソニックガーデンキャンプ開催

Railsチュートリアル法人向けサービスをご利用いただいている、株式会社ソニックガーデン主催の、学生・第二新卒のためのプログラミング合宿「ソニックガーデンキャンプ」の第2回(2022年8月)が開催されます。 「ソニックガーデンキャンプ」とは? プログラミング未経験者が、エンジニアとしてのキャリアに入っていくための第一歩を、仲間と一緒に取り組むことができるのがソニックガーデンキャンプです。 完全オンラインで約4週間の期間を集中して取り組み、Ruby on Railsでゼロから

スキ
4

🏪 解説動画がコンビニ決済に対応

Railsチュートリアル解説動画が、コンビニ決済に対応しました。今後は、クレジットカード決済に加え、コンビニでもお支払いが可能となります。 お支払いからご視聴までの手順1️⃣ 解説動画購入ページのよくあるご質問に記載されているアドレスに「コンビニ決済希望」のメールを送信してください。 2️⃣ 支払い用リンク付きのメールが届くので「コンビニ決済」を選択して必要な情報を入力し、「支払う」をクリックしてください。 3️⃣ 利用したいコンビニの種類を選択すると、それぞれの支払い

💎 動画:Jekyll × GitHub でサイト制作

Jekyll (Ruby) で作られている U-17 小中高生クリエータ支援プログラム『未踏ジュニア』のWebサイトを題材に、静的サイトジェネレーターを利用してWebサイトを制作・運用するノウハウの解説動画を公開しました! 動画ダイジェスト 🎞 動画の内容について「特定のプログラミング言語を知らなくても更新できる仕組み」や、「GitHub Actions を活用して SNS や検索エンジンからの訪問者が増えた話」など、Ruby × Jekyll × GitHub Acti

スキ
4

🎓 Webテキスト購入特典:トレーニング

Webテキスト購入者特典が増え、Railsチュートリアル解説動画の第4章に加えて、第4章のトレーニング機能もお試しできるようになりました 🎁✨ 第6版のWebテキストを既にご購入の方も、マイページ内にある『Web開発のトレーニング』からご利用いただけます。 📝 トレーニングとはトレーニングは「なぜ oo なのか?」という問いかけを通じて、より実践的な知識を獲得するための設問集です。「コードは動いたけど理解できたか不安」という人に特にオススメです。 各設問は解説動画から出

スキ
3

🗺 読み物ガイドで新コンテンツ4本紹介

Railsチュートリアルの『読み物ガイドから、新たに4つのコンテンツ/Webメディアを掲載いたしました 🆕 📚 🗺 読み物ガイドとは読み物ガイドはRailsチュートリアル完走者向けのお役立ちコンテンツ集です。完走者向けのコンテンツが目的別・種類別にまとめられていて、現在は全30本以上のコンテンツが紹介されています。 今回新しく追加されたコンテンツは以下の4本となります 🆕✨ 1. RailsチュートリアルのテストをRSpecで書き換え Railsチュートリアルで完成させ

スキ
7

📝 トレーニング機能が個人も利用可能に

これまで法人向けにのみ提供していた「トレーニング」機能が個人購入者も利用可能になりました 🆕 ✨ 📝 トレーニングとは?「とりあえずコードが動いた!」という状態から, 「なぜこのコードを書いたのか?」という理解へ. より実践的な知識を獲得するための設問集です! 例えば第6章ではパスワードをハッシュ化するコードを書きますが、「なぜハッシュ化なのか?暗号化でも良いのか?」といった設問がトレーニングで出題されます。 トレーニングでは「なぜ oo なのか?」という問いかけを通じ

🌐 AWSに自動デプロイする方法を学ぼう

サービス開発に必要なスキルが学べる学習プラットフォーム Techpit から、Railsチュートリアルの「Sample App」を題材としたテキスト「RailsアプリケーションをAWSに自動デプロイする方法を学ぼう!」が公開されました 🎉 「Sample App」に備わっているテストの実行を GitHub Actions で自動化したり、Heroku の代わりに AWS(EC2)にデプロイする方法およびその自動化について学べるコンテンツとなっています 🚀  また、Dock

スキ
8

💎 RubyWorld Conference に登壇

12月16日 (木) に開催される「RubyWorld Conference 2021」に登壇させていただけることになりました! 🗣 ✨ RubyWorld Conference (RWC) とは? プログラミング言語「Ruby」の国内最大のビジネスカンファレンスです。 Rubyが、多様な現実世界にどのように適合し浸透していくのか、そのような普及過程と成長を考える機会となることを期待すると共に、Rubyのさらなる普及・発展とビジネス利用の促進を目指します。先進的な利用事例や

スキ
5

🏫 研修支援サービス導入: Classi 様

学校のICT化を多角的にサポートする教育プラットフォーム「Classi」を運営しているClassi株式会社さまに、Railsチュートリアルの研修支援サービスを導入していただきました 🤝✨ 🏫 Classi とは?「Classi」は、授業や面談、学校と保護者のコミュニケーションなど、学校現場の多様なシーンで活用される教育プラットフォームです。 教育現場の環境変化を、先生方の負荷増加にするのではなく、これまでの指導をより効率化し、先生方が本来取り組みたかった指導にシフトさせる

スキ
4

🎓 法人活用事例:ソニックガーデン様

株式会社ソニックガーデンが主催する学生・第二新卒のためのプログラミング合宿「ソニックガーデンキャンプ」で、Railsチュートリアル法人向けサービスが採用されました 🤝✨ 「ソニックガーデンキャンプ」とは? プログラミング未経験者が、エンジニアとしてのキャリアに入っていくための第一歩を、仲間と一緒に取り組むことができるのがソニックガーデンキャンプです。 完全オンラインで約3週間の期間を集中して取り組み、Ruby on Railsでゼロからアプリを開発する経験を積んでもらい

スキ
8

🎤 対談動画まとめ「学習者の今」

これまで公開してきた対談インタビューのまとめ動画を公開しました!🆕✨ 🎞 対象者と内容の30秒ダイジェスト 🎥 動画の見どころ本動画では、最近の対談インタビュー動画の中から特に面白かった事例を3つピックアップして紹介しています。 本動画で取り上げた3つの事例!✅ ・事例: シンプルな技術でリリースし、メディア掲載された話 ・事例: 思った結果が出なくても何度でも挑戦した話 ・事例: 具体的な学びと抽象的な学びを繰り返して学ぶ話 Railsチュートリアル完走後の事例を

スキ
13

🎓 GMOペパボ研修×Railsチュートリアル

2021年に大幅リニューアルした「Railsチュートリアル研修支援サービス」の活用事例をご紹介するシリーズ記事(第4弾)です。本記事では GMO ペパボ研修における活用事例と公開された研修資料を取り上げていきますね。 🤝 GMO ペパボの活用方法今回は研修に組み込んで利用する「内製プラン」をご活用して頂きました。 「内製プラン」は研修プログラムが既に組まれていたり、学習者のサポーター・メンターを社内の方が担当できる場面でオススメのプランです。 (スライド資料「Rails

スキ
12

✏️ トレーニングが Slack 通知に対応

Railsチュートリアル研修支援サービスでご利用できる「トレーニング」が Slack 通知に対応しました📱💡メンバーがトレーニングを解くと、設定した Slack チャンネルに通知されるようになります。 参考: 「トレーニング」とは?  https://railstutorial.jp/training Slack 通知のご利用方法1. Slack の「Incoming Webhook URL」を取得する (既に取得済みの方は、2へ進んでください。) 下記 URL から

スキ
5

🎨 「CSS & Design 編」をリリース

Webサイトを制作しながら CSS やデザインが学べる新コンテンツ「CSS & Design 編」をリリースしました 🎉 ベータ版も多くの方々に試し読みして頂きとても嬉しいです 😌✨ 今回の記事では「ベータ」が取れた CSS & Design の本編から面白い学習ポイントをいくつかピックアップしてみたので、参考にしてみてください👍 1. GitHub Pages でデプロイしながら学ぶ  🔼 こちらが CSS & Design 編の最後に仕上がるWebサイトになります。

スキ
9