見出し画像

「家庭の幸福は妻への降伏」

哲ちゃんの晴耕雨読

表題の言葉は、安倍元首相が2013年11月21日、「いい夫婦の日」の前日に、我が家の夫婦円満の秘訣として語った言葉です。

非常に含蓄のある言葉だと思います。

結婚当初はその意味が解りませんが、20年30年すると、本当にそのとうりだと確信します。

実際わたしも、もうすでに、もうもっと早くから降伏しています。
決して反論はせず、返事は「ハイ」を実践しています。

妻に言葉で論破しようとするなど、言語道断です。決してうまい結果にはなりません。
何を言われようが「ニコニコ」として「柳に風」で返事は「ハイ」ついでに「ハイハイ」。

結婚式のスピーチで「家庭円満の秘訣」としてこういった事を言ってはいけません。
あまりに「夢」がありません。
だんだんと結婚生活で「学習」して体で覚えることが大切です。

しかし世の中には、夫がこうも学習せずとも二人穏やかに暮らしている夫婦がいるのも事実です。

そうでない夫婦は、ないものねだりは止めて、早々に白旗を揚げましょう。

3組に1組は離婚する時代です。
原因は様々でしょうが、もし夫の心に「家庭の幸福は妻への降伏」という「こころの余裕」があれば、もう少し止められるのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
哲ちゃんの晴耕雨読
宮崎県西都市でぽんかんを栽培する、やのポンカン園の矢野哲雄です。