山田豊(COMEMOスタッフ)

日本経済新聞社のCOMEMO担当。日経記者、デスクをへて2017年10月からCOMEMOスタッフ。※投稿する内容は個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

山田豊(COMEMOスタッフ)

日本経済新聞社のCOMEMO担当。日経記者、デスクをへて2017年10月からCOMEMOスタッフ。※投稿する内容は個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

    マガジン

    • 日経COMEMO

      • 11,609本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • COMEMO PICK

      • 4,085本

      日経が推す各業界キーオピニオンリーダーを中心に、ビジネスパーソンの知見が投稿される場「COMEMO by NIKKEI」。このマガジンでは、数ある投稿の中からCOMEMOスタッフが選んだ知見を共有していきます。

      • 日経COMEMO

        • 11,609本
      • COMEMO PICK

        • 4,085本

    最近の記事

    ビジネスパーソンはどんな作品をつくったか アート思考ワークショップ

    こんにちは。COMEMOスタッフの山田豊です。ビジネスパーソンが3日間のプログラムで生み出した作品を一般公開するイベントが23日、渋谷EDGEofで開かれたので参加させていただきました。 「ありえない」を生み出すフランス生まれのワークショップ「Art Thinking Improbable Workshop」です。 Art Thinking Improbable Workshopとは?1819年パリに設立された世界で最も古い歴史を持つビジネススクール、ESCP の准教授 

      • テクノロジーでシニアの働き方が変われば日本が変わる COMEMOイベント

        働き方、を論じるときになにかと話題になるシニア世代。なおかつローテクを象徴する世代ともいえますが、このシニア世代に最新のテクノロジーを掛け合わせると、いったいどんな未来がみえてくるのか。COMEMOによる、こんなテーマのイベントが26日、東京・霞が関のSENQで開かれました。 この日の登壇者は石山アンジュさん(モデレーター兼務) 内閣官房シェアリングエコノミー伝道師/シェアリングエコノミー協会 渉外部長 一般社団法人シェアリングエコノミー協会渉外部長として、政府渉外を担当

        • 【複業にトライ④】ニッチなスキルで世の役に立つ

          「コントロールとエンターのキーを使ってメールを送信して下さい」 「ショートカットはビジュアルで覚えましょう」 午前7時半、東京・銀座のリクルートGINZA8ビルで開かれた「アウトルック講座」。約3倍の抽選をクリアしたリクルートスタッフィング社員が参加し、講師の指示にしたがってパソコンのキーボードを操作していた。講師を務めるのは森新さん(30)。自称、ショートカットキー&アウトルック研究家だ。森さんは各テーブルを回っては、メールやスケジュール管理などアウトルックの使い方を懇切

          • Negiccoプロデューサー、副業を語る

            こんにちは、COMEMOスタッフ山田豊です。皆さん、新潟発のアイドルグループ、Negiccoはご存知ですか? ご当地アイドル日本一だそうです。私の勤務先、日本経済新聞社デジタル事業にも熱烈なNegiccoファン、自称「ネギヲタ」はどうしたことか、たくさんおります。   今回のセミナー、ゲストはデビュー以来、今までこのNegiccoに作品を提供してきたconnie(コニー)さん。実は新潟の建設会社員という本業がありながら、彼女たちに多大な時間を費やしてきました。そう、今回のテ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日経COMEMO
            日経COMEMO公式 他
          • COMEMO PICK
            日経COMEMO公式 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            好きなチアを続けていたら、いつの間にか……【複業にトライ③】

            試合の合間に華麗なダンスで会場を盛り上げるコートの華、チアリーダー。プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」のチアリーダーズ「BーROSE」に所属するChikaさんは、チアリーダー活動を図らずも「複業」として続けている。 高校生の時に始めたチアリーダーを社会人になってからも続け、いつしかプロのチアリーダーに。昼間は食品メーカーの営業職で働いている。「お金を稼ごうと思ったわけではないのですが、チームから報酬はいただいています。でもチアを職業として生計を立てられるわ

            オープンソースで世の中を引っかき回す【複業にトライ②】

            複業を始める目的は人によって様々だろう。お金がほしい人、自分の夢を実現したい人、趣味の延長で始めた人……。今回紹介する五十嵐康伸さんは、複業を始めた理由ついて「お金もうけのためではなく、データ可視化という社会貢献を実現するため」と断言する。 五十嵐さんは、パーソルキャリアという会社でデータサイエンティストとして働いている。その一方、データ可視化の研究者という顔を持つ。100人の複業メンバーで構成するデータビジュアライゼーション(データ可視化) チーム「E2D3.org」 の

            eスポーツ、来年くるって? COMEMO BUSINESS NIGHT OUT

            © yamadayutaka 「eスポーツ」って最近、何だかよく耳にしますね。でも、実際は何をやってるのか、何が楽しいのか、よくわからない。そんな方も多いのではないでしょうか。そんなeスポーツをテーマとするCOMEMOのイベントが15日、東京・渋谷で開かれました。その名も「eスポーツビジネス その魅力と可能性」です。 © yamadayutaka はじめに登壇したのは、サイバーエージェント系の広告会社、CyberZ(東京・渋谷)榊原龍介さん。 榊原さんによると、e

            非プロが伝える日本酒の魅力【複業にトライ①】

            「まずはビンのラベルを見て下さい。このお酒は特別純米、無濾過の原酒だとわかりますね」 平日の午後7時すぎ。東京・秋葉原にレンタルした部屋で、講師の原田裕一さん(32、左端)が、日本酒のラベルの情報をいかに読み解くか、10人の参加者に熱く語りかけていた。 原田さんはNTTドコモの社員。「日本酒の基礎知識を学ぶ」講座は、今年5月からはじめた複業だ。現在、およそ週1回のペースで、本業の仕事が終わった夜に、この講座を開催している。すでに18回を数えており、延べ参加者数は約130人

            【投稿者の皆さま】note移行申請の前にnoteIDの登録お願いします

            COMEMOリニューアルに伴い、noteにサービスを移行します。詳細は以下のリンクをご覧下さい。 https://comemo.io/entries/11181 COMEMOに投稿したデータの移行を申請するには、データ移行先となるnoteIDが必要になります。noteIDを持っていない方は、以下の登録手順を踏んでnoteIDを登録してください。 noteへの新規登録はこちら。 https://note.mu/signup © yamadayutaka © yama

            COMEMOサービスリニューアル(note移行)について

            はじめに COMEMOは今年の12月にnote上にサービスを移行し、リニューアルする予定です。 今年の8月に、日本経済新聞社とnote( https://note.mu/ )を運営する株式会社ピースオブケイクが資本業務提携を結びました。 資本業務提携にともない、12/1(土)から「note」上に「COMEMOマガジン」としてサービスをリニューアルし、これまでよりも多くのビジネスパーソンに利用していただく予定です。 note 若い世代を中心に、発信力のあるクリエイター

            アパレル界のリーダーとファッション、ビジネス、キャリアを考える

            日本経済新聞社は10月31日、コンテンツプラットフォーム「note」と共同で、対談イベント「アパレル界のイノベーターに学ぶ『旗をたてる』生き方」を開催しました。会場はSENQ霞が関(東京・千代田)です。 © yamadayutaka 登壇者は、尾原蓉子さん(一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション=WEF=会長)。1962年に東京大学を卒業し、旭化成工業(現旭化成)に入社された日本のファッションビジネスの草分け的存在。ユニクロの柳井正さんが「先生」と呼

            ビジネスパーソンになぜ美意識が必要なのか

            © yamadayutaka 東京とミラノを拠点に活動するビジネスプランナーと、「美意識」をテーマにした話題の本の著者が、「ビジネスパーソンになぜ美意識が必要なのか」を考える……。東京・大手町ファーストスクエアのLIFORKで23日、COMEMOイベントが開かれました。場所柄かテーマのせいか、いつものCOMEMOイベントよりもネクタイ姿の男性の姿が目立ちます。 © yamadayutaka 登壇者の1人は、山口周さん(写真中央)。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛

            ZOZOSUIT、獺祭…のビジネスモデルをチャーリーさんと図解してみた

            © yamadayutaka 「日本経済新聞社×note」の提携企画の一貫として18日、東京・大手町で『ビジネスモデル図解ワークショップ』が開催されました。「ビジネスモデル図解」のフレームワークを開発したのは、「ビジネス×図解の追求」をコンセプトに、大企業やNPO法人向けにコンサルティングを行う近藤哲朗氏、通称チャーリーさん。サイゼリヤからAmazon GO、ZOZOSUITなど、100のすごいビジネスの仕組みを整理した新刊「ビジネスモデル2.0図鑑」も話題を呼んでいま

            今のところ「通年採用」が多数派です

            レアジョブ・中村さんの呼びかけで新卒一括採用について【ご意見募集】したところ、多くのご意見をいただいてます。COMEMOツイッターでも投票を呼びかけたところ、2000近くの票が集まりました。現状、「中途採用と同じように通年採用すべき」が66%で最多となっています。 © yamadayutaka COMEMOには具体的なご意見もコメントで寄せていただいています。「コメントを書きたい」という方は下の【ご意見募集】コメント欄に投稿してください。いろいろな意見をお待ちしています。

            丸ビルのカフェで「お金のミライ」と「ルールメーキング」を考える

             9月25日から28日まで東京・丸の内で開催中のFIN/SUM×REG/SUM 2018(日本経済新聞社と金融庁主催)。多数あるプログラムの1つとして27日、丸ビル1階の「WIRED CAFE」でCOMEMO BUSINESS NIGHT OUT が始まりました。 © yamadayutaka SESSION1のテーマは「お金のミライを考える」。登壇者はGood Moneyger 代表取締役の清水俊博(写真左)さんと、TOE THE LINE(きんゆう女子。)代表、編集長

            カードで探すパラレルワーク COMEMO Business Night Out

            © yamadayutaka カードゲームで副業のアイデアを競おう!。大企業が解禁に動くなど、最近、何かと話題の副業をテーマとするCOMEMOイベントの第2弾です。日本経済新聞社は12日(水)、COMEMO Business Night Out「パラレルワーク・ディスカバリー Vol.2~みんなで競う副業アイデア大会」を日経本社2階SPACE NIOで開催しました。 © yamadayutaka スタートは、「会社員のための『パラレルキャリア』講座」です。講師はキャ