マガジンのカバー画像

COMEMO PICK

3284
日経が推す各業界キーオピニオンリーダーを中心に、ビジネスパーソンの知見が投稿される場「COMEMO by NIKKEI」。このマガジンでは、数ある投稿の中からCOMEMOスタッフ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

新時代の開発戦略。スーパーニッチを深く突く

タイガー魔法瓶は、炭酸飲料もOKな真空耐熱ボトルを販売すると11日に発表しました。開栓時に炭…

生産性の先の目的意識を明確に/働き過ぎ避ける自衛を【日経朝刊連動】#テレワークで…

日経COMEMOスタッフの山田です。こんにちは。月2回掲載の日経朝刊「働き方イノベーション」面…

丸裸にされた我々のプライベート

数年前に米国に訪問した際に、友人がiPhoneのカメラをシールでふさいでいたので、その理由を聞…

「ロレックスマラソン」が語るのは何か?ー「痩せた現実」が招いたもの

鍜治美佑さんという25歳の日経新聞記者の連載記事が気になります。謎の多いラグジュアリー市場…

その相見積もり、ちゃんと機能してますか?パワポで考えてみた。

昨年末に書いたnoteで、少し反響があった。 「競合プレゼンやコンペって、実はあまり意味がな…

欧米ニュースメディア業界の2022年トレンド予測〜ロイタージャーナリズム研究所レポー…

毎年1月に公開されるデジタルニュース業界における恒例の調査レポート、英オックスフォード大…

昭和はとっくの昔に終わっている ― コロナ・オンライン社会(下)

岐路である。現下のコロナ禍での仕事や生活を一時的のものと捉えるのか恒常的なものと捉えるのか。そのどっち?この変化を不可逆であると考えて動いているのか動いていないのか。そのどっち?「オンライン・DXは目的ではなく、手段である」と口では言うが、IoT・DXを「技術課題」としか捉えていない人・企業と、そうでない人・企業。そのどっち。それらがつくりだす世界観は人類史上初のもので、その本質を踏まえて動き出した人・企業、今だけのことと考えて今までどおり動いている人・企業。そのどっち?

スキ
49

日本の自動車メーカーって結構いいと思う。

5年くらい前からだろうか。CASEという大変革の波が車業界に押し寄せてきた。変革を牽引してき…

テレワークが発揮する従業員の創造性~ライフスタイルにあわせた働き方の選択肢を~

 Potage代表取締役 コミュニティ・アクセラレーターの河原あずさです。コロナ禍より前の会社…

足りていないのは探検家なんだ

時価総額10兆円を超えたスクェアの創業者、ジム・ジム・マッケルビーが、2020年に書いたイノベ…

DXを阻む「旧フォーマル」な悪しきマナーと忖度 #テレワークで上げる生産性

お疲れさまです。uni'que若宮です。 日経COMEMOから「テレワークでどう生産性を上げるか」と…

業界の非効率を解決する視点をもつこと-エムスリー、モノタロウからの学び-

時価総額1兆円を超え、成長性が高い企業の共通項は、業界の非効率を解消する発想を取り入れて…

「配属ガチャ」に「上司ガチャ」。若手社員が転職を求める理由とは。

皆さん、こんにちは。今回は「転職」について書かせていただきます。 「25~34歳の5人に1人が…

コロナ禍で世界観が変わる ― コロナ・オンライン社会(中)

東京日本橋から京都三条の東海道五十三次を歩いた。四国八十八ヶ所霊場をお遍路巡礼した。西国三十三所観音霊場を巡礼した。お伊勢参りをした。かつて何日もかけて歩いていた道を、電車で移動できるようになり、車で移動できるようになり、飛行機で移動できるようになった。技術の進歩によって、速く、遠い所に移動することができるようになった。そこに行って、見て聴いたことがすべての世界観のなかを、私たちはずっと生きてきた。それが変わった。 1.自分を中心とした世界観が変わる今、琵琶湖が見える山小屋

スキ
52