参考和訳 Salesforce.com, Inc. (CRM) CEO Marc Benioff on Q3 2022 Results - Earnings Call Transcript
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

参考和訳 Salesforce.com, Inc. (CRM) CEO Marc Benioff on Q3 2022 Results - Earnings Call Transcript

yamato

セールスフォース・ドットコム社(Salesforce.com, Inc. (NYSE:CRM) Q3 2022 Earnings Conference Call November 30, 2021 5:00 PM ET

会社の参加者

エバン・ゴールドスタイン - インベスター・リレーションズ担当シニア・バイス・プレジデント

マーク・ベニオフ - 会長兼共同CEO

ブレット・テイラー - 副会長兼共同CEO

ギャビン・パターソン:最高収益責任者

エイミー・ウィーバー:最高財務責任者

電話会議参加者

ブラッド・ゼルニック(ドイツ銀行

ライモ・レンズチョー(バークレイズ

ブレント・ティル(ジェフリーズ

キース・ワイス(モルガンスタンレー

カッスリー・ランガン(ゴールドマン・サックス

デイビッド・ハインズ:カナコード・ジェニュイティ

オペレーター

皆さん、お集まりいただきありがとうございます。セールスフォースの2022年度第3四半期決算カンファレンスコールにようこそ。現在、すべての参加者はリスニングオンリーの状態になっています。スピーカーのプレゼンテーションの後に、質疑応答を行います。[【オペレーターの指示]

それでは、講演者のインベスター・リレーションズ担当シニア・バイス・プレジデント、エバン・ゴールドスタイン氏に会議を引き継ぎたいと思います。どうぞ、始めてください。

エバン・ゴールドスタイン

ありがとうございます、ジェフ。皆さん、こんにちは。また、FY22第3四半期の電話会議にご参加いただきありがとうございます。投資家対応担当上席副社長のエバン・ゴールドスタインです。当社のプレスリリース、SEC提出書類、および本日の電話会議のリプレイは、当社のIRサイト(www.salesforce.com/investor)でご覧いただけます。本日の電話会議には、会長兼共同CEOのマーク・ベニオフ、副会長兼共同CEOのブレット・テイラー、最高財務責任者のエイミー・ウィーバー、最高収益責任者のギャビン・パターソンが同席しています。

なお、本日の説明は主にNon-GAAPベースで行います。GAAP基準とNon-GAAP基準の業績およびガイダンスの調整については、決算短信およびプレスリリースをご覧ください。

特に、COVID-19のパンデミックが当社の事業、買収、業績、財務状況および顧客やパートナーに与える影響に関する当社の予想は不確実であり、変更される可能性があります。これらが現実のものとなった場合、あるいは当社の仮定が正しくないことが判明した場合、実際の業績はこれらの将来予想に関する記述と大きく異なる可能性があります。これらのリスク、不確実性、仮定および当社の業績に影響を与える可能性のあるその他の要因については、最新のフォーム10-Kを含む当社のSEC提出書類に記載されています。

それでは、マークに電話をおつなぎします。

マーク・ベニオフ(Marc Benioff

エヴァン、ありがとうございました。通話中の皆さん、そして皆さんのご家族が素晴らしい感謝祭を過ごされたことと、今週光の祭典を迎える皆さんにハヌカのお祝いを申し上げます。

今年は、いろいろなことに感謝しています。その中でも、ここで一緒に座っている親友のブレット・テイラーにはとても感謝しています。そしてブレット、Salesforceの共同CEOに就任したことを祝福します。

ブレット・テイラー

ありがとうございます、マーク。本当に一生に一度の名誉です。また、取締役会にも感謝しています。そして何よりも、お客様とトレイルブレイザーの皆様に感謝しています。セールスフォースの次の章で皆様のお役に立てることを光栄に思います。

マーク・ベニオフ

ブレット、私が最初に会ったとき、あなたはGoogleにいました。Googleマップで素晴らしい仕事をしていました。その後、自分の会社を立ち上げ、それがFacebookに買収されました。あなたはFacebookのCTOになりました。そして、Facebookを辞めて別の会社を立ち上げました。そして、Salesforceは幸運にもその会社を素早く買収することができました。そして、この5年、5年半の間、セールスフォースで素晴らしい活躍をされ、最近では最高執行責任者、そして現在は共同CEOとして活躍されています。私たちは、あなたとあなたのリーダーシップにこれ以上ないほど感謝しています。

ブレット・テイラー

マーク、あなたが知っているかどうかわかりませんが、私が2番目の会社を立ち上げたとき、最初に電話したのがあなたでした。ですから、今回のパートナーシップは、私にとって10年来の友情の集大成と言えます。私は、この次の章に感謝し、期待しています。

マーク・ベニオフ

それはとても楽しみですね。この話はこれからしますよ、ブレット。今期、あなたはお客さまやオハナたちとたくさんの素晴らしい体験をしてきました。そして、この四半期の中で、ひとつだけ感想を聞かせてください。世界について教えてください。また、この四半期に学んだことの中で、本当に驚いたことや啓発されたことがあれば、私たちに教えてください。

ブレット・テイラー

実は、ギャビン・パターソンと一緒にヨーロッパを旅行したんです。ロンドン、パリ、アムステルダム、フランクフルトを回りました。パンデミックにはジェットコースターのようなものがあります。しかし、この旅行で60人以上のお客様とお話しして感じたのは、健康と安全を考慮して前進しなければならないということでした。私たちはこのパンデミックを流行病として本当に考えなければなりません。しかし、落ち着いて考えてみると、人々は前に進んでいます。人々は成長に焦点を当て、この新しい常識に焦点を当てています。私は、このジェットコースターのようなパンデミックにもかかわらず、将来に対して非常に楽観的な見方をしています。

マーク・ベニオフ

パンデミックはジェットコースターのようなものですね。確かにその通りです。さて、この6四半期は驚くべきものでした。この6四半期は、セールスフォースがこれまで経験したことのない、また私がこれまで経験したことのないものでした。そして、私たちは、今もなお、変化し続けていると言えるでしょう。私たちはパンデミックの時代に入っていますが、パンデミックの中にいるということがどういうことなのか、慣れてきたところです。しかし同時に、セールスフォースはかつてないほどの成功を収めています。

ブレットは、決算を見れば、きっと同意してくれると思いますが、この第3四半期は素晴らしいものでした。当四半期の売上高は68億6,000万ドルで、前年同期比で27%増加しました。これは、素晴らしい製品のおかげでもありますが、お客様の素晴らしい成功のおかげでもあります。IDCの調査によると、当社はCRM分野で8年連続第1位を獲得しています。これは本当に素晴らしいことです。これには驚きましたか?

ブレット・テイラー

全く驚きませんでしたが、毎年この数字が発表されるのを楽しみにしています。

Marc Benioff

驚きましたか?また、セールス&サービス・クラウドは、現時点で巨大な個別事業となり、それぞれ60億ドル以上を生み出しています。これは、私が知っている多くのクラウド企業よりも大きく、しかも2桁台の成長を続けています。驚くべきことです。つまり、今期のセールス・クラウドは素晴らしいのです。

また、当四半期の営業利益率は19.8%と非常に良好で、私の予想を上回りました。また、営業キャッシュフローは前年同期比19%増の4億400万ドルとなりました。22年度については、売上高の見通しを再び引き上げます。数週間前のInvestor Dayで引き上げたばかりですが、今回、再び引き上げて、レンジの上限である264億ドルとし、前年比24%の成長を見込んでいます。昨年12月に売上高のガイダンスを開始した第2四半期から1億ドルの増加となります。昨年12月にガイダンスを開始して以来、8億5,000万ドルの引き上げとなりましたが、これは大変素晴らしいことです。また、通期の営業利益率を再び18.6%に引き上げることができ、大変嬉しく思っています。私たちには明らかに新しいチームがあります。新しいチーム、新しい体制。私たちは新しい世界にいます。そのことについては話しています。それが、今年の驚くべき営業利益率の実績と、来年の営業利益率の目安に反映されています。これは、私たちの新しい方法、私たちの新しい考え方、そしてトップレベルのSalesforceをどのように推進しているかを見事に反映しています。

9月の投資家説明会でもお伝えしましたが、23年度の売上高は318億ドル、営業利益率は20%を見込んでいます。

皆が知っているように、我々のような規模のソフトウェア企業で、このレベルの業績を上げているところはありません。私は、私たちのオハナをこれ以上ないほど誇りに思っています。そして、Salesforceは間もなくFortune 100に入る予定です。考えてみれば、200億ドルを達成するのに2年しかかかっていません。セールスフォースの売上が200億ドルになるのをどれだけ待っていたかを考えると、私たちはそれを終えたのです。今では300億ドルに届くかどうかという話になっているようなものです。そして、私はちょっと、うわー、これはすごいな、と思っています。いつまで300億円にとどまるんだろう?あっという間に過ぎてしまうので、一瞬一瞬を楽しまなければなりません。

そして、この成長を見て、本当にお客様の成功がすべてだと思いました。これは素晴らしいことだと思います。LVMH、VMware、ADTをはじめとする多くのお客様の素晴らしいお話をお聞きすることができます。また、Slackのお客様からも素晴らしいお話を伺うことができます。ブレットが素晴らしい話をいくつかしてくれるのを楽しみにしています。

昨日も、航空会社のチェックインカウンターにいた友人から素晴らしい話を聞きました。航空会社のチェックインカウンターにいた友人が、予約やチケットの手配にSlackを使っていたそうです。この会社の信じられないような話です。このように、Salesforceにとっては、一夜にして成功したようなもので、もうすぐ四半世紀になります。

素晴らしい四半期でした。ブレットさん、おめでとうございます。ここからはあなたの出番ですね。

ブレット・テイラー

ありがとうございます、マーク。マークが言ったように、当社は、新しいオペレーティング・モデル、新しい経営陣、そしてこの新しい世界で成功しようとしているすべての企業にとってますます重要となる製品ポートフォリオによって、驚異的な四半期を過ごすことができました。今回のパンデミックでは、お客様の成功が当社の成功を後押ししました。私たちは、3万人以上の従業員を遠隔地で雇用しました。また、これまで以上に多くの製品を発売しました。そして、これまでにないほど多くのお客様とのつながりを築くことができました。

また、私たちは、実際に会っても安全に集まれることを証明しました。2ヶ月前にはサンフランシスコでDreamforceを開催しました。今度はニューヨークでDreamforceを開催します。

Marc Benioff

すごいことですよね。

ブレット・テイラー

すごいですよね。

Marc Benioff

来週もDreamforceを開催してもいいかもしれませんね。なぜそうしない?

Bret Taylor

1年中ですよ、Marc。また、私たちは65のオフィスを開設しました。先ほどお話したように、Gavinと私はヨーロッパに出張し、60人以上のお客様とお話しました。サプライチェーンにしろ、大辞泉にしろ、さまざまな業界がさまざまな問題に直面しているのを目の当たりにして、実に興味深い思いをしました。しかし、すべての会話には1つのテーマがありました。どのお客様も、「仕事はどこかに行くものではなく、何かをするものだ」ということを強調していました。私が話を聞いたすべての企業は、デジタル本社を建設しています。それは、このハイブリッドワークの新時代において、チームが自宅やオフィスから成功する必要があることを知っているからです。Customer 360とSlackは、世界のあらゆる地域のあらゆる業界の企業のこの変革を後押ししており、それは当社の業績にも如実に表れています。

当四半期では、各地域で力強い成長を遂げました。当四半期は、米州で23%、欧州・中東・アフリカで38%、アジア太平洋地域で26%と、各地域で力強い成長を遂げました。そしてマーク、私が本当に注目しているのは、中核となるオーガニックCRMビジネスの強さです。

Marc Benioff

セールス・クラウド、それは素晴らしいですね。特にセールス・クラウドとサービス・クラウドが一緒になったものです。

ブレット・テイラー

マークが言ったように、セールス・クラウドは前年比17%の成長に加速しており、サービス・クラウドと同様に60億ドルを超えるビジネスになっています。また、サービス・クラウドは、前年比20%以上の成長を続けています。

Marc Benioff

はい、それは素晴らしいことです。おめでとうございます。私の予想を超えていました。

ブレット・テイラー

このような規模でこのような成長が見られるのは、まさに驚異的です。そして、年末商戦の始まりは何よりも大切です。先週から始まったブラックフライデーやサイバーマンデーでは、当社のコマースおよびマーケティングクラウドがいかにミッションクリティカルであるかを実感しています。サイバーウィークでは、世界的に有名な小売業者がSalesforceを利用しています。

その様子はまさに圧巻でした。コマースクラウドは、11月に1億件以上の注文を処理し、Ralph Lauren、Puma、Crocs、LVMHなどのブランドのショッピング体験を支えています。マーク、今年はMarketing Cloudから1兆通以上のメッセージを送信しました。そして、サイバーウィークだけでも、前年比34%増の400億件のメッセージを配信しました。

Marc Benioff

信じられない。

ブレット・テイラー

私たちは、パンデミックに遅れをとっていました。昨年、人々が買い物をする手段はデジタルだけでしたが、私たちはそれに加えて34%の成長を遂げています。私たちのメッセージプラットフォームは...

Marc Benioff

また、ここで信頼性についても言及しなければなりません。私たちは、週末に非常に困難な状況に陥りました。Marketing Cloudを利用していないが、私たちの優良顧客であるお客様から電話がかかってきたのです。ブラックフライデーやサイバーマンデーに他のベンダーから選んだ製品が動作しなかったため、週末に素晴らしいパフォーマンスを提供してくれたオハナたちには本当に感謝しています。

ブレット・テイラー

セールスフォースの全社員、特にエンジニアリングチームに感謝しています。お客様のビジネスの多くが日中や週末に行われる中で、このような信頼性を得るためには、これらのシステムを稼働させることが非常に重要です。このチームをとても誇りに思います。そして、これらのお客様の中から来年、Marketing Cloudのお客様になっていただけることを願っています。

Marc Benioff

そう願うよ。そう願っています。

ブレット・テイラー

そして、私が本当にコメントしたいことは、このモバイルコマースへの動きが続いていることです。Marketing Cloudのモバイルプッシュ通知の送信数は、前年比で94%以上の伸びを記録しました。このように、スマートフォンがコマースを変革し続けていることを実感しています。

第3四半期には、Commerce CloudsとMarketing Cloudsが前年同期比で25%成長し、世界経済のデジタル化が進む中、20ヶ月間にわたって素晴らしい成果を上げています。

また、Slackについてもお話したいと思います。SlackがSalesforceファミリーの一員となった最初の第3四半期は、我々の予想を上回る結果となりました。10万ドル以上の支出をしたSlackの顧客数は、前年同期比で44%増加しました。また、Slack Connectの導入率は、前年同期比で176%という驚異的な伸びを示しました。Slackは単なる製品ではなく、Slackはネットワークであり、このような成長を目の当たりにするのはまさに驚きです。

また、Slackは信じられないようなペースでイノベーションを続けています。Slackの新しいリアルタイムオーディオ機能である「Slack Huddles」は、すでにSlackユーザーの1/3以上が毎週利用しています。また、新しい非同期ビデオ機能であるSlack Clipsは、週に100万回近く再生されています。そして、今月開催されたSlack Frontiersでは、皆さんもご覧になったと思いますが、まだご覧になっていない方は、オンラインで視聴することができます。スチュワートとチームは今、Slackの次世代プラットフォームとして、企業のワークフローや自動化に対する考え方を真に変えようとしているのです。

Marc Benioff

航空会社が自社のシステム全体をSlackでフロントエンド化するなんてありえない。私にとっては衝撃的でした。

ブレット・テイラー

Slackは、企業内のすべてのワークフロー、すべてのアプリケーション、すべての人に対応するエンゲージメントシステムです。これは本当に素晴らしいプラットフォームです。そして、「Slack Frontiers」は必見です。まだご覧になっていない方は、きっと衝撃を受けると思いますよ。

Marc Benioff

それはとても素晴らしいことですね。私たちのポートフォリオに新たに加わった素晴らしい製品ですね。

ブレット・テイラー

Slackは、すでにSalesforceの仕事のやり方を変えています。Slackを社内に導入して以来、電子メールの送信数は46%減少しました。また、この30日間だけでも、社員は約6,000万件のSlackメッセージを送信し、50万件のSlack Huddleを実施しました。私たちはSalesforceをSlackで運用しています。

そして、私が話をするすべてのCEOや取締役会は、このフレキシブルワークの時代にいかにして成功するかに焦点を当てています。Slackの調査によると、93%のワーカーが働く時間の柔軟性を求め、76%が働く場所の柔軟性を求めています。企業は、従業員、パートナー、顧客をどこからでもつなげられるようにする必要があります。

Marc Benioff

そうですね。これは、ある企業のCEOが「全員がオフィスに戻らなければならない、これは義務だ」と言うのを聞いたことがありますが、それとは全く逆のことです。これは義務なんだ」と言っています。

ブレット・テイラー

マーク、そう言うとどうなるか分かりますか?従業員が辞めてしまい、隣の会社に行ってしまうのです。

マーク・ベニオフ

テレビ放送やカンファレンスで、「従業員は働き方に柔軟性を持てるようになります。社員は働き方に柔軟性を持つようになり、デジタル本社を持つようになります。デジタル本社もあれば、物理的な本社もあります。それらを混在させたり、組み合わせたりします。と電話がかかってきます。自分たちのビジネスで見ているものとは全く逆のことを言っているのです。

ブレット・テイラー

私たちのオフィスがなくなるわけではありません。ただ、デジタル・ヘッドクオーターがより重要になってきます。デジタル・ヘッドクオーターは、まさにすべてをつなぐインフラであり、特にこの新しい常識の中では重要です。そして、SlackとCustomer 360の連携が、この変革を後押ししています。

Slackの第3四半期の業績を見ていただければわかります。Slackの売上は2億8,000万ドルで、ガイダンスを3,000万ドル上回りました。サックスのような小売企業や、東南アジアのライドシェアやフードデリバリーアプリ「Grab」のような革新的な企業は、コラボレーションやワークフローの自動化、パートナーとの連携に、日々Slackを活用しています。

マークにとってエキサイティングなのは、SlackとCustomer 360の間で構築している深い製品イノベーションであり、すでにお客様の成功を後押ししていることです。今期は、VMwareの新CEOであるRaghu Raghuram氏と一緒に仕事ができてよかったです。彼はデルからVMwareをスピンアウトさせました。Raghu氏のチームはすでにSlackとService Cloudをケース形成に使用し、顧客の解決までの時間を短縮しています。私は、Slackビジネスの勢いと、特にSlackのSalesforceへの統合に、これ以上ないほど期待しています。

マークが言ったように、私たちは新しい世界にいます。マークが言ったように、私たちは新しい世界にいます。そして、この未曾有の時代に、当社のチームはお客様に素晴らしい成功をもたらし続けています。当社のコアビジネスはこれまで以上に強力であり、大規模で驚異的な成長を遂げています。

SlackとCustomer 360はこれまでになく重要な存在であり、お客様の次の成長をサポートする上で極めて重要な役割を果たしています。

ここからは、Gavinにこの話をしてもらい、彼が世界中のお客様と一緒に見ていることを話してもらいます。ギャビン?

Gavin Patterson(ギャビン・パターソン

ありがとうございます、Bretさん。

ブレット・テイラー

ありがとうございます、Gavinさん。

ギャビン・パターソン

マークとブレットが言ったように、私たちは新しい世界にいるのです。最近、ニューヨーク、サンフランシスコ、フランクフルト、パリ、アムステルダム、チューリッヒ、中東、そしてもちろんロンドンで訪問したお客様の目を通して、それを実感しています。私は、新しいオペレーションモデルがどのように機能しているかを示す初期の結果に非常に興奮しています。当社のコアビジネスの強さは驚くべきものです。そして、Salesforce Customer 360とSlackの力を合わせることで、お客様が成長を取り戻せるようなデジタルHQを実現しています。そして、Bretが言ったように、Salesforceはかつてないほど重要な存在になっています。

当四半期では、すべての地域、特にアメリカ大陸で力強い成長を遂げました。Amazon、Builders FirstSource、IQVIA、Sunbelt Rentals、Tapestryなど、多くの企業との関係を深めました。EMEAでは、Fennia、Primark、Pumaなどの素晴らしいブランドとの関係を深めました。APAC(アジア太平洋地域)では、FOXTEL、富士通、日立、ニュージーランド保健省などで大きな成功を収めました。

また、セキュリティ会社であるADT社も、Salesforce Customer 360を利用しています。ADTは、Salesforce Customer 360を活用して、4,000人のカスタマーサービス担当者と7,000人のフィールドサービス担当者に顧客の全体像を把握させることで、顧客体験の統一を図り、業務効率と成長を促進しています。

また、Bretが述べたように、2008年からSalesforceの顧客であるVMwareとのパートナーシップを拡大しました。今期、VMwareはSlackとService Cloudを組み合わせたパイロット版を開始し、カスタマーサポートの迅速化を図りました。また、Tableau社との提携により、データと分析をビジネス全体に拡大し、深い分析結果の提示を可能にすることで、より迅速なイノベーションを実現しています。

LVMHは、どこからでも高級品を提供するために、Salesforceを使って拡大を続けています。全世界で40,000人の販売員とカスタマーサービス担当者がSalesforceを使用して、お客様にパーソナライズされたリテールジャーニーを提供しています。

また、英国の大手オンラインファッション小売業者であるBoohoo Groupは、Salesforceのテクノロジーを利用して、素晴らしいオンラインショッピング体験を提供しています。BoohooはCommerce Cloudを使って、ソーシャルメディアやマーケットプレイスでのショッピングを拡大し、将来の構築を目指しています。

また、ネバダ州のDepartment of Motor Vehicles(自動車局)も、この四半期の素晴らしい事例です。彼らは、ビジネス全体のデジタル変革を推進するプラットフォームとして、Salesforceを選択しました。これにより、住民の運転免許証の更新、資格証明書の発行、車両の権利付与や登録など、さまざまな場面でまったく新しい体験ができるようになります。これもSalesforceを活用したデジタルトランスフォーメーションの好例であり、もちろんラスベガスに移住する大きな理由のひとつです。

これらの企業は、この新しい世界をナビゲートし、どこにいてもカスタマーサクセスを実現するために、ビジネスの軸足を変えた素晴らしい企業です。これらの企業は、これまで以上に私たちを頼りにしてくれており、Salesforce Customer 360やSlackなどのパワーを活用して、ビジネスを活性化させてくれています。

最後に、第4四半期について一言。第4四半期のスタートについては、非常に心強く感じています。需要もパイプも好調で、素晴らしい1年の締めくくりとなることを期待しています。

世界的な大変動の中で素晴らしい仕事を続けてくれている当社の素晴らしいチームに感謝したい。彼らの仕事とテクノロジーが、お客様の成功を支えているのですから、これほどありがたいことはありません。

エイミー、当四半期の財務状況について説明してください。

エイミー・ウィーバー

よろしくお願いします。ありがとうございます、ギャビン。2ヵ月前のアナリスト・デイでもお話しましたが、私たちは新しい世界にいます。そして第3四半期は、この新しい世界での実行力を再び示しました。第3四半期は、重要な指標を達成し、トップライン、ボトムライン、キャッシュフローともに好調でした。また、当社は引き続き規律ある収益性の高い成長に注力します。

また、第3四半期は、Slackとの最初のフル四半期という節目の四半期でもありました。過去数四半期にわたる好調な業績に加え、Slackの初期の業績は、このクラス最高の資産の戦略的重要性に対する当社の確信を深めるものでした。

それでは、22年度第3四半期の業績について、まずトップラインのコメントからご紹介します。第3四半期の総売上高は68億6,000万ドルで、これにはSlackの2億8,000万ドルが含まれています。これは、前年同期比で27%、恒常為替レートベースで26%の増加です。ここ数回の決算説明会で強調してきた旺盛な需要環境と新規ビジネスのパイプラインが継続し、トップラインの予想を再び上回ることができました。

当四半期の主なハイライトをいくつかご紹介します。

22年前に初めて導入されたSales Cloudは、当四半期に60億ドルのランレートビジネスとなり、売上高は17%増加しました。セールス・クラウドは、わずか2四半期前に60億ドルのビジネスとなったサービス・クラウドに加わりました。また、サービス・クラウドは規模に応じて20%以上の成長を続けています。これら2つの巨大ビジネスは2桁の成長を遂げており、その成功は当社のコアの強さを証明しています。

米州のビジネスは非常に好調で、目の前には健全な需要環境が広がっています。北米での新規事業は特に好調で、20年以上にわたって事業を展開してきた当社にとって最大の市場です。また、Bretから聞いたように、Slackは引き続き当社の期待を上回る成果を上げています。Slackの顧客獲得は好調で、特に企業での強さが際立っています。年間10万ドル以上の有料顧客数は4四半期連続で増加し、前年同期比で44%増となりました。

Slack Connectの導入も引き続き好調で、接続されたエンドポイントの数は前年同期比176%増と記録的な水準に達しています。そして、新しいお客様にSlackをご紹介することができました。すでに、今期の上位10件のうち4件にSlackの新規獲得が含まれています。

お客様がポイントソリューション以上のものを求め続けていることから、今回もマルチクラウド案件が大きく成長しました。第3四半期には、5つ以上のクラウドを含む案件数が前年同期比で33%増加しました。

今期は、MuleSoft事業に若干の逆風が吹いています。MuleSoftのようにビジネスが急速に成長している場合、スケーリングの問題に直面することがあり、今期はそのような問題をいくつか経験しました。今期はこのような問題をいくつか経験しましたが、私たちは今後の変更に自信を持っています。

なお、MuleSoftの収益の大部分は期中に認識されており、下半期の収益に大きな影響を与えています。MuleSoftは、顧客がすべてのデータとシステムを統合できるようにする、Customer 360の重要な部分です。

当四半期より、Slackの業績が組み込まれたことに伴い、投資家の皆様にサービス別売上高の最新情報を提供しています。今後、Slackは「プラットフォーム」および「その他」に計上されます。また、これまでプラットフォームとその他に含まれていたMuleSoftとTableau CRMを含むTableauを統合し、データという新たな収益カテゴリーを設けます。これにより、業績の透明性が高まると考えています。新しい収益の内訳を用いた過去の再分類は、プレスリリースと同時に公開した業績報告書でご覧いただけます。

また、人員削減についても引き続き大きな進展がありました。当社の歴史上初めて、売上高の減少率が8%を下回りました。第3四半期の減少率は7.5%から8%で、前四半期の8%から8.5%に比べて改善しました。

契約中の将来のすべての収益を表す、当社の残りの履行義務額は、第3四半期末で前年同期比20%増の約363億ドルとなりました。また、今後12ヵ月以内に収益計上が予定されている将来の契約上のすべての収益を表す現在の残存履行義務(CRPO)は、前年同期比23%増の約188億ドルとなりました(恒常為替レートベース)。スラックは、ガイダンスに沿った4ポイントの成長を示しています。

営業利益率に目を向けると 第3四半期の非GAAPベースの営業利益率は19.8%で、引き続き収益の改善、どこでも仕事ができる環境による効率化、および規律ある支出への注力から恩恵を受けています。

第3四半期のGAAPベースのEPSは0.47ドル、非GAAPベースのEPSは1.27ドルでした。当四半期の業績向上は、主に収益と費用の効率化、および戦略的投資ポートフォリオの実現・未実現利益の増加によるものです。これらの時価調整は、GAAPベースのEPSに約0.27ドル、非GAAPベースのEPSに約0.28ドルの利益をもたらしました。

キャッシュ・フローに目を向けると 第3四半期の営業キャッシュフローは、前年同期比19%増の4億400万ドルでした。当四半期の設備投資額は1億6,600万ドルで、その結果、フリー・キャッシュ・フローは前年同期比11%増の2億3,800万ドルとなりました。

次に見通しについて説明します。第4四半期の売上高は72億2,400万ドルから72億3,400万ドル、前年同期比で約24%の成長を見込んでいます。このガイダンスは、第4四半期にSlackから2億8,500万ドルの貢献があることを前提としています。

通年では、22年度の収益見通しをさらに5,000万ドル増額し、263億ドルから264億ドルとします。これは、第2四半期以降、収益見通しを合計1億ドル上方修正したことに相当します。今回のガイダンスには、Slackによる5億6,500万ドルの貢献が含まれています。Slackによる年度収益貢献は、前回のガイダンスから3,500万ドル増加しています。当社の通期見通しには、引き続きAcumenによる2億ドルの貢献が含まれています。

第4四半期のCRPOは、約19%の成長を見込んでいます。これにはSlackによる4ポイントの成長が含まれています。

注意を喚起する点としては、海外事業における米ドルの強化が財務に影響を与える可能性があることを引き続き念頭に置いています。通常、会計年度の中で最大の四半期を実行するにあたり、外国為替を引き続き監視しています。

第4四半期のGAAPベースのEPSはマイナス0.24ドルからマイナス0.23ドル、非GAAPベースのEPSは0.72ドルから0.73ドルと予想しています。通年では、GAAPベースのEPSは1.28ドルから1.29ドル、非GAAPベースのEPSは4.68ドルから4.69ドルを見込んでいます。最近のM&Aは、非GAAPベースの希薄化後1株当たり約0.49ドルのマイナス要因になると予想しています。また、当社のOIEおよびEPSガイダンスは、ASU2016-01で要求されている市場喪失会計からのさらなる貢献を想定していないことを想起してください。

また、22年度の非GAAPベースの営業利益率見通しを、前年比90bp拡大して18.6%に引き上げます。営業利益率の見通しを上方修正したのは、SlackおよびAcumenに関する想定を改善したためです。営業利益率の改善は、SlackおよびAcumenに関する想定を改善したことによるもので、現在、140ベーシスポイントの逆風を見込んでいます。

なお、今回の見通しには、第4四半期に集中する費用の季節性を引き続き織り込んでおり、これには従業員および成長機会への投資、T&E(人件費)の予想などが含まれます。

22年度の営業キャッシュフロー見通しを4ポイント上方修正し、前年同期比18%から19%の増加を見込んでいます。前回の見通しからの増加は、主に好調な売上高とM&Aによる逆風の減少によるものです。SlackおよびAcumenのキャッシュフローへの希薄な影響は、前年比成長に対して約5ポイントの逆風となります。予想されるM&Aの影響を除くと、営業キャッシュフローの成長率は23%から24%となります。

22年度の設備投資額は引き続き売上高の約3%と予想しており、その結果、フリーキャッシュフローの成長率は約19%から20%となります。先に述べたM&Aの影響を除くと、この成長率は25%から26%になります。

2ヶ月前にもお伝えしましたが、会社のあらゆる面で意識的な意思決定を行うことが非常に重要です。この新しい考え方は、500億ドルに近づいたときに、より耐久性のある企業となることを可能にし、22年度はこの新しい世界でいかに利益ある成長を実現するかを示しています。

23年度については、投資家説明会で売上高および非GAAPベースの営業利益率のガイダンスを発表させていただきました。本日、23年度第1四半期の売上高を72億1,500万ドルから72億5,000万ドル、前年同期比で約21%から22%増加させることを発表しました。ギャビンが述べたように、第4四半期は好調なスタートを切っており、23年度のガイダンスの詳細は2月の第4四半期決算発表時にお知らせします。

最後に、当社のビジネスは順調に推移しており、売上高と営業利益率は引き続き記録的な水準となっています。当社の主力製品であるSales Cloudは、3四半期連続で加速しています。また、当社は現在、セールスとサービスの分野で60億ドル規模のビジネスを2つ抱えています。

Slackは予想を上回る成果を上げており、統合は引き続き順調に進んでいます。私たちは、幅広い製品ポートフォリオとグローバルな展開により、すべてのお客様にサービスを提供することができる、非常に優れた体制を維持しています。当社の製品は、これまで以上に適切なものとなっています。

最後に、個人的なことですが、マークとブレットが新たに共同CEOに就任したことを祝福したいと思います。私は長年、お二人と緊密に仕事をする機会に恵まれてきましたが、お二人にとって、そしてSalesforceにとって、どれほど嬉しいことでしょうか。

では、ジェフ、あなたに代わって質問を始めましょう。ジェフ、オペレーター?

質疑応答

オペレーター

[オペレーターの指示に従ってください。] 最初の質問は、ドイツ銀行のブラッド・ゼルニックさんからお願いします。

ブラッド・ゼルニック

ブレットが共同CEOに就任したことを祝福したいと思います。実は2つ質問がありまして、1つはマークに、もう1つはエイミーにお願いします。マークについては、共同CEOの体制について、あなた方の間でCEOの責任をどのように分担することを想定していますか?また、過去に共同CEOを務めた際に学んだことで、この構造を前回よりもさらに良いものにするためのポイントは何でしょうか?

また、エイミーについてですが、第4四半期のCRPOのガイダンスは、大幅な減速を意味しているようですね。これにはどのような要因があるのでしょうか?為替に加えて、何か異常な要因があるのでしょうか?また、予測の信頼度に影響を与えるようなことはありますか?

Marc Benioff

まず最初に、Bretさん、本当におめでとうございます。とても興奮しています。そして、あなたの言うとおりです。セールスフォースでは、これまでにも何度かリーダーシップ体制を進化させてきましたし、以前には共同CEO体制で大きな成功を収めたこともあります。もちろん、最も恩恵を受けたのは、株主の皆様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様でしょう。これらの構造を変更したことで、実際には会社に加速をもたらしています。

ですから、私は共同CEOの体制にとても期待しています。このような仕事は大きな仕事ですから、一緒に仕事をするパートナーがいれば、とても楽になります。そして、キースが引退を決めたとき、私はこの仕事に戻ってきました。それはとても孤独なことでした。そして今、ブレットというパートナーを得て、これ以上ない喜びを感じています。改めて彼を祝福したいと思います。

エイミー・ウィーバー

素晴らしいですね。CRPOについては、ビジネスが好調です。22年度の売上は、3ヶ月前に3億ドル、2ヶ月前に6,000万ドル、そして今日はさらに5,000万ドル増加しました。これは、先ほど説明したMuleの逆風や、ご指摘の通り為替の不確実性があるにもかかわらずです。このように、CRPOのガイダンスは、第4四半期および通期の売上成長率のガイダンスに沿ったものであり、適切であると考えています。もちろん、前述のとおり、第4四半期は当社にとって最大の新規ビジネスの四半期です。

オペレーター

次の質問は、バークレイズのRaimo Lenschowさんからお願いします。

ライモ・レンズチョー

ブレット、役割の拡大、おめでとう。そして、私からも素晴らしい四半期を迎えられたことを祝福します。Slackについてお聞きしたいのですが。Slackの最大の特徴は、共有チャンネルの導入です。特にセールスサイドで考えてみると、これはとても面白いことだと思います。この点について、市場で見ていることや、お客様から得られるフィードバックについてお話いただけますか?

また、エイミーにも質問があります。今期の営業利益率は高かったですよね。第4四半期の支出の直線性について、少しお話いただけますか?というのも、このように非常に好調だったので、第4四半期にはかなりの支出や採用を行っているはずだからです。

ブレット・テイラー

Slackについてのご質問ありがとうございます。おっしゃるとおり、Slack Connectというブランド名で呼ばれている共有チャンネルは、Slackのプラットフォームとして最も差別化されたエキサイティングな部分の1つですし、特にSlackとCustomer 360を統合する機会について考えてみてください。先ほど申し上げたように、Slackは単なる社員同士のコミュニケーションのためのプラットフォームではなく、パートナーやお客様と関わり、会社のあらゆるアプリケーションと統合するためのプラットフォームなのです。

今期のSlack Connectは、私のスピーチでも触れましたが、前年同期比で176%という驚異的な伸びを示しました。その背景には、スチュワートがうまく説明したように、「複数の企業や複数のパートナーがこのサービスを利用することで、強力なネットワーク効果が生まれ、サービスの価値が高まる」という、実にエキサイティングな効果があると思います。私たちは現在、Slack Connectをお客様と一緒に使っています。

先週のサイバーウィークは、その最たるものだったと思います。私が一緒に仕事をした多くの小売業者は、サイバー・ウィークのコマンド・センターとしてSlackを使っていました。そこにはSalesforceも入っていました。そこにはSalesforceがあり、キャンペーンを行う代理店やマーチャンダイザーがいます。これらの人々が連携して、短期間にできるだけ多くのGMVを増加させるのです。その中心となったのがSlackで、あなたがおっしゃったように、複数の関係者で共有するチャンネルとして活用しました。

ですから、これは私たちの製品戦略の大きな部分を占めていますし、Slackが成長し続けるための戦略の大きな部分を占めています。率直に言って、このようなエンタープライズ製品は市場にないと思います。企業から企業へのネットワーク効果もありますし、私たちはとても期待しています。

エイミー・ウィーバー

素晴らしいですね。後半の営業利益率に関する質問にお答えします。今年全体で見ると、FY22の営業利益率の推移には満足しています。思い出していただきたいのですが、年初のガイダンスは17.7%でしたが、一貫して引き上げており、現在は通期で18.6%となっています。私たちは、特定の四半期ではなく、年間を通じて営業利益率を達成することに重点を置いています。とはいえ、当社は第3四半期に連続して素晴らしい営業利益率を達成しています。また、営業利益率には季節性があります。第4四半期は、仕事や成長のための追加投資が見込まれ、T&Eの予想も若干増加すると思われます。そのため、前四半期比で営業利益率が低下することになります。しかし、繰り返しになりますが、私たちは18.6を目標としている通期をとても楽しみにしています。

オペレーター

次の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルからお願いします。

ブレント・シル

ギャビンが第4四半期の需要とパイプラインの強さについてコメントしましたが、多くの人が、予約の伸びが23%で、第4四半期のガイドは19%だったのに、なぜこのように急激に落ち込んだのかと質問しています。ガイダンスや第4四半期に向けての見通しに関連して、何か考慮すべきことはありますか?

Marc Benioff

この点については、エイミーが直接説明し、その後ギャビンが説明することになると思います。エイミー?

エイミー・ウィーバー

ブレント、第4四半期に向けて、私たちはこのガイダンスについて非常に良い感触を持っています。ギャビンも言っていましたが、私たちは需要環境について非常に強く感じています。

今年の収益を見ると、第2四半期から1億ドルを調達したことを強調したいと思います。第3四半期の半ばに当たるInvestor Dayでは5,000万ドルを調達しました。第3四半期の半ばに当たるInvestor Dayでは5,000万ドルを調達しましたが、今はさらに5,000万ドルを調達しています。

このように、CRPOと収益の目安は、市場の状況を反映したものであり、支持されるものだと信じています。それではGavin、あなたが見ているものについてもう少し詳しく説明してもらいましょう。

ギャビン・パターソン

一言で言えば、第4四半期は非常に好調なスタートを切りました。コメントでも述べましたが、全体的に需要が旺盛です。パイプの状態は非常に良好です。特にアメリカが好調です。ヨーロッパの一部も同様に好調だと思います。また、様々な分野で優れた業績を上げています。このように、全体としてバランスのとれたパフォーマンスを実現しています。

私たちは第4四半期の業績に自信を持っています。このことに疑問の余地はありません。もちろん、現段階では具体的な数字は申し上げられません。しかし、申し上げたように、最初の数週間のスタートには非常に満足しています。

運営者

次の質問は、モルガン・スタンレーのキース・ワイスさんからお願いします。

キース・ワイス

とても素晴らしい四半期でした。エイミーには2つの質問があります。1つは、注目されている第4四半期のガイドについてです。第4四半期のガイドについては、為替の影響が懸念されていますが、今後の見通しについてお聞かせください。第4四半期のガイドに為替の影響がどの程度織り込まれているのかを教えてください。また、米ドル高をマージンの見通しやFY23ガイドにどの程度織り込んでいますか?

そして、2つ目の質問はもう少し幅広いものです。あなた方はこの2、3四半期、成長性と収益性のバランスをとるという新しい哲学に取り組んできました。それはどのように進んでいますか?会社の軸足を効率重視に移すという点で、当初予想していたよりも簡単な仕事だったのか、それとも難しい仕事だったのか、状況を教えていただけますか?

Amy Weaver

まず、為替の話から始めましょう。ご存知のように、今週話をするグローバルCFOは皆、為替を非常に注視していると思います。私たちのガイダンスにはわずかな影響しかありませんでしたが、今後も注視していくつもりです。

投資家説明会以降の変動をご説明しますと、ユーロは現在4%から5%程度の切り下げとなっています。英国ポンドは約2%下落しています。これらは当社に少なからず影響を与えています。

現在、当社では通貨の分割に関する詳細な情報を提供していません。しかし、当社の国際的な収益は主に4つの通貨によって支えられています。ユーロ、英国ポンド、円、そしてオーストラリアドルです。ご存知のように、当社では為替レートを明確には規定していませんが、計画プロセスには確実に織り込んでおり、それらの予測に基づいてガイドを作成しています。

2つ目の質問は...すみません、先に進んでください。

Marc Benioff

彼は、当社の効率性向上への取り組みについて話したいと言っています。つまり、この6四半期のハイライトは、パンデミックを利用して当社のモデルをリセットしたことだと思います。私たちは新しいモデルを持っていることを話しました。このことを非常に重要視しており、現在終了している22年度の予算だけでなく、23年度の予算も完成させようとしています。その際、当然ながら為替の変動も考慮に入れています。米ドルの強化については、皆さんも注目していると思いますし、私たちも注目しています。当社はグローバル企業です。これらのことは私たちにとって重要です。当社の業績がどうなるかは、常に通貨に左右されます。それによって、四半期ごとに変動する可能性があります。

効率性については、パンデミックが発生したときに、全体的にどのようにお金を使っているかを見直す機会がありました。そして、パンデミックサイクルの中での変化を実感しました。T&E、不動産の使用、マーケティング費用などです。私たちは、収益モデルだけでなく、費用モデルも含めた全体的なモデルをどのように見直すべきか、バランスを取り直し、形を変え、再考し始めました。会社を設立して以来、そのようなことを考える機会はなかったと思います。あなたは列車に乗っています。電車は動いています。電車は動いています。なぜ列車に変更を加えるのでしょうか?パンデミック(世界的大流行)でも起きれば別ですが。パンデミックでも起きれば別ですが、そうでなければ、これとこれを取り除かなければならないでしょう。

現実には、以前にはなかった変更を始める機会があります。そして今、私たちは本当に学ぶことができました。何度か繰り返してきましたが、この素晴らしい会社を買収した年には、18.6%という数字がとても素晴らしいものであることがわかりました。来年のガイダンスも20%と非常に強いものになっています。また、過去6四半期の営業利益率が非常に高いことがおわかりいただけると思います。

ですから、この素晴らしい新しいモデルを手にすることで、将来に対して非常に楽観的になることができます。そのモデルには効率性も含まれているのですか?もちろんです。しかし、このモデルの最も優れた点は、パンデミックならではの方法で会社を最適化することです。エイミーとブレット、そしてギャビンにもぜひ登場してもらいたいですね。というのも、これはここ数四半期の経営陣の仕事の中で非常に重要な部分だったからです。というのも、これまでは決して許されていなかった、いくつかのノブを回すことができるようになったからです。この点について、ブレットさんからコメントをいただけますか?

ブレット・テイラー

はい、まず私からです。まず、エイミーに特別な感謝の気持ちを伝えたいと思います。トップラインの売上高、パンデミック、その他多くの要因が営業利益率の向上につながっていることはよく知られています。しかし、その中でも最も重要なのは規律だと思います。基本的に当社は成長企業であり、今後も成長企業であり続けると思いますが、当社は成長と業務効率のどちらかを選択する必要のない数少ない企業のひとつです。トップラインの成長とボトムラインの成長の両方を見ることができます。その多くは、エイミーのリーダーシップと、経営陣全員によるオペレーション方法の変革によるものだと思います。マークが言ったように、「理論的には1つの列車」は、このパンデミックが終わった後、さらに成長するように準備されているのだと思います。

エイミー・ウィーバー

そうですね。ブレットさんとマークさん、お二人ともとてもいいことをおっしゃっていると思います。今回のケースでは、収益の向上、パンデミックで学んだこと、新しい仕事の進め方、さらには高い規律意識などの恩恵を引き続き受けています。しかし、何よりも強調したいのは、これは本当に経営陣全員のコミットメントであるということです。新しいポリシーを導入したり、予算を厳しくしたりする中で、私が本当に感銘を受けたのは、すべてのチームが本当にステップアップし、コミットメントを共有し、変化を共有しているという事実でした。

マーク・ベニオフ(Marc Benioff

次の質問に移る前に、当社の最高収益責任者であるギャビン・パターソンという素晴らしい役員がいます。皆さんもご存知のように、彼はパンデミックの際にも最高収益責任者を務めました。彼はまた、効率化と最適化のための新しいモデルを管理する上で、非常に優れた洞察力を持っています。Gavinさん、この新しいモデルがどのように機能しているか、あなたのビジョンについても一言お願いします。また、その一環として、新しい販売モデルについても触れていただけたらと思います。

ギャビン・パターソン

ありがとう、マーク。これはInvestor Dayでもお話したことです。私は、今後も成長を続けられると信じていますし、それは引き続き当社の最優先事項です。しかし、それと同時に、規律ある意思決定によってビジネスの効率化を図ることができるのです。エイミーが言っていたことですが、これは私たちがビジネス全体で使っているマントラです。

その前にお話ししたことの中には、事業全体をしっかりと把握し、各事業部にベスト・プラクティスを展開することに関連するものがあります。成功したモデルがあれば、それを世界中のオペレーションユニットにどうやって再現するか。私は、競争力の源泉のひとつである1万人のセールスフォースから最大限の価値を引き出すために、参加と生産性の向上などに重点を置いてきました。しかし、どのようにして全員が四半期ごとに貢献し、年間を通じて小さな案件と大きな案件の両方を引き出すことができるかを確認する必要があります。そして最後に、新しいチャネルをどのように開拓するかです。ダイレクト・モデルが引き続き当社の最大の強みであることに疑いの余地はありません。しかし、小規模なお客様に限らず、お客様はますますデジタルやオンラインを利用したいと考えていることがわかってきました。この分野は私たちが改革を進めている分野であり、今後、新規予約の獲得に向けて大きな役割を果たすことになるでしょう。

私が重視しているのは、Salesforceのエコシステム全体でベストプラクティスを推進し、組織をフラットにすることで、各ユニットで迅速な意思決定と強力なリーダーシップを発揮できるようにすることです。

マーク・ベニオフ(Marc Benioff

Gavin、ありがとうございました。ギャビン、エイミー、ブレットの3人は、このパンデミックの中、セールスフォースを運営する素晴らしい経営陣に恵まれていることを皆さんに伝えるべきだと思います。そして、この素晴らしいチームだけでなく、この間に新しいモデルを導入することができ、今ではこの新しい構造にもなっています。

いいですか、私たちは新しい世界にいます。私たちはそれを知っています。そして、今週起こったとされるすべてのことを見てきましたが、そのうちのどれだけが実際に真実なのかは誰にもわかりません。だからこそ、私たちには調整する能力があり、会社をダイナミックに運営することができるのです。だからこそ、第3四半期には信じられないほどの好調さが見られたのだと思います。そして、第4四半期は世界トップクラスの業績を達成し、来年の会計年度も素晴らしいものになると信じています。

質問者

次の質問は、ゴールドマン・サックスのカシュ・ランガンさんからお願いします。

カシュ・ランガン

ブレットの共同CEO就任、おめでとうございます。一つは共同CEOに、もう一つはCFOにお願いします。この会社のオペレーションモデルを見ると、非常にうまくいっています。有機的な成長率は20%に近いところまできています。マージンも20%に近い水準です。実際、Slackを吸収して、以前の最高のマージンと同程度のマージンを実現しました。すべてが順調なのです。買収の必要性はありますか?あるいは、買収したとしても、現在のマージン構造ですべてを抑えられると思いますか?

また、エイミーについてですが、非常に短期間で驚異的な営業効率を達成したことを見て、長期的な見通しに対する自信を深めていますか?長期的には具体的な利益率の目標を持っていないということですが。短期間での素晴らしい成功を見て、長期的には利益率の改善の持続性をどのように考えればよいでしょうか?

マーク・ベニオフ

Kashさんのおっしゃるとおりだと思います。私たちはSlackを吸収し、会社に深く統合するために非常に良い仕事をしています。Gavinによる販売組織への統合だけでなく、Amyによる財務特性の統合だけでなく、非常に大きなビジョンを見ることができます。特にDreamforceのキーノートでは、BretがSlack-FirstでSlackとSalesforceを一緒にしてくれました。彼にはぜひそのことを話してもらいたいですね。

というのも、12月8日にJavits Centerで開催されるDreamforce New York Cityでは、皆さんにもぜひ参加していただきたいと思っているからです。そこには2,000人のお客さまが参加されますし、その模様は世界中にも配信されます。さて、今回の買収がSalesforceの基調、テンポ、未来を根本的に変えたこと、そして、この素晴らしい買収によって、私たちが本当にまったく違う種類の会社になったことをご理解いただけると思います。

とはいえ、今回の買収は大規模なものです。この買収を吸収するために、経営陣は多くの時間を費やしています。また、Slackとの統合が完了したとお伝えするには、さらに数四半期を要するでしょう。

ブレット、あなたはSlackとスチュワートのために多くのリーダーシップを発揮してきました。現在の状況と、今後の買収環境についてどのようにお考えか、お聞かせいただけますでしょうか。

ブレット・テイラー

はい。まず、マークが言ったように、今はSlackの統合に注力しています。マークが言ったように、それはとても重要なことですが、近い将来のM&Aについては考えていません。セールスフォースの特徴は、買収した企業をいかにうまく統合し、成長させてきたかということです。投資家説明会でAmyと一緒に見たお気に入りのスライドでは、MuleSoftやTableauの正確なターゲットの成長について話していましたが、今回Slackからの早期のリターンを見て、これこそが組織のスーパーパワーであり、経営陣の集中力が必要であると思いました。

マークが言ったように、Slackは本当に特別です。Slackは、Marcが言ったように、私たちの仕事のやり方が、私たちが計画したものとは違うものになった瞬間なのです。ある日、仕事場に現れただけで、それが仕事のやり方だったのです。それと同時に、世界全体が再構築されます。私たちには、お客様のパートナーとして、この変革を支援するという素晴らしい機会があります。

世界がどこに向かっているのかは誰にもわかりません。私たちは、週5日のオフィスに戻ることはないでしょう。そしてSlackは、お客様との会話の中で戦略的に重要な役割を果たしています。

マークが言ったように、皆さんには12月8日にJava Centerに直接お越しいただくか、Salesforce Plusでオンライン視聴していただき、Salesforce Customer 360とSlackの力を実感していただきたいと思います。私たちがなぜこれほどまでに興奮しているのか、また、ガイダンスを上回った今期の早期収益をご覧いただけると思います。

Marc Benioff

ExactTargetを皮切りに、MuleSoft、Tableau、Slackなど、Kashは数多くの素晴らしい企業を買収してきました。しかし、このような買収にはゴールがありません。膨大な作業が必要です。それは、スキルであり、アートでもあります。すべてを継続させるには運も必要です。なぜなら、私たちは有機的に革新しているし、有機的にも革新してきたからです。そして、これらの買収をカスタマー360に深く統合しています。カスタマー360は、これらすべてがどこへ向かうのかという究極のビジョンです。これはまだ、私たちが明らかにし続けていることであり、これから明らかになることでもあります。ですから、これはダイナミックなプロセスであり、私たち全員の注意が必要なのです。私たちはSlackにとても期待していますし、短期間でどれほどの成果を上げることができたのかを考えています。

Amy Weaver

カッシュさん、2つ目の質問である営業利益率についてですが、今年は素晴らしい結果となりました。今年の営業利益率は18.6前後になると予想しており、大変喜ばしく思っています。ご存知のように、インベスター・デイでは、来年の目標を20%とすることを発表しましたが、これは私たちにとって重要な数字であることを象徴しています。来年はSlackを導入する年であり、T&Eの支出が多少増加することを期待していますが、これを実現することができました。しかし、私たちはこの目標を達成することに全力を注いでいます。

現在、私たちは23年度以降の長期的なガイダンスを示していません。しかし、営業利益率の改善に引き続き取り組んでいくことは申し上げておきたいと思います。ブレットが言ったように、私たちは「再構築」を行っています。ブレットが言ったように、事業の再構築が行われています。私たちは、事業運営のすべてを再構築する機会を得ています。私は、この機会を利用して、営業利益率や会社の運営方法を新鮮な目で見て、継続的に改善できるようにしたいと思います。

運営者

次の質問は、カナコード・ジェニュイティのDJハインズさんからお願いします。

デービッド・ハインズ

ブレットさん、MuleSoftで言及されていた成長の痛みについて、少し触れていただけないでしょうか。また、MuleSoftのビジネスにいくつかの変更が加えられたとおっしゃっていましたが、これはとても良いことだと思っています。その点を少し説明していただけますか。また、エイミー、その質問の続きとして、データクラウド事業の季節性とモデル化についてどのように考えればよいでしょうか、初めての試みですが。

ブレット・テイラー

ご質問ありがとうございました。マークが言ったように、買収の統合に終わりはありません。私たちは、長期的に見て正しいと思われるいくつかの変更を行いました。マークが言ったように、私たちは長期的に見て正しいと思われる変更を行いました。このように、私たちは自分たちが下した決断に自信を持っています。しかし、短期的な結果を見ると、この変更管理を少し乗り越えなければなりません。

しかし、私たちはMuleSoftの将来に自信を持っていますし、需要環境に変化がないことも確かです。実は、決算説明会の直前にGavinと話していたのですが、第4四半期の案件、特にCustomer 360の案件では、お客様が複数のクラウドと複数のバックエンドシステムを接続する際に、MuleSoftがいかに重要であるかということを話していました。そして、お客様との会話の中で、どれだけの統合が重要な役割を果たしているかということです。このように、当社は長期的なビジネスに自信を持っていますが、買収を統合する際に短期的な成長痛があることも認識しています。

Marc Benioff

はい。Gavin、ここでその点について直接説明してもらえますか?第4四半期から来年にかけての需要環境と、現在のお客様との間にどのようなパイプラインや機能があるのかを教えてください。

ギャビン・パターソン

具体的な数字を言うつもりはありません。しかし、私の口調や信念から、需要環境が堅調であることはおわかりいただけると思います。第4四半期はもちろん、第1四半期に向けても自信を持っています。Bret氏が非常に雄弁に語ってくれたと思います。今期のMuleは、ちょっとした成長の痛みを経験したと言えるでしょう。運用上の課題はありますが、取るべき行動は非常に明確です。しかし、MuleSoftがCustomer 360を提供するための基盤であるという私たちの信念は、何ら変わるものではありません。お客様の問題を解決し、お客様のために価値を創造するというMuleSoftの役割は、絶対に基本的なものだと思います。次の四半期には、これらの問題を解決できると確信しています。

マーク、全体的に見て、ビジネスと需要の環境は好調です。COVIDの次の波が来ても、それは基本的に変わらないと思います。

運営者

決められた質問の時間は終了しました。

ブレット・テイラー

今の質問の後半部分にお答えしたいと思います。

エイミー・ウィーバー

はい、それではさっそくお答えします。新しい報告指標におけるデータの季節性についてのご質問ですね。このように収益を分割することの利点のひとつは、すべての投資家の皆様に、より高い透明性を提供できることだと考えています。これにより、主にライセンスベースの製品であるTableauとMuleSoftが同列に並べられることになります。

これは季節性の問題ではなく、実際には一括りにされているということだと思います。当社では収益を期中に認識する方法を採用しているため、他の分野に比べてこのラインでは単純に変動が大きくなります。今後、この点を切り離すことができるのは、誰にとってもメリットがあると思います。

エバン・ゴールドスタイン

はい、わかりました。本日はご参加いただきありがとうございました。他にご質問がございましたら、investor@salesforce.com までご連絡ください。次の四半期にお会いできるのを楽しみにしています。

オペレーター

以上で、本日のカンファレンスコールを終了いたします。ご参加ありがとうございました。これで電話を切ることができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yamato
@Yamato_st8