見出し画像

御幣島芸術祭2018.

アトリエヤマダ:絵の具やダンボールを活用 し地域の子供たちと巨大絵本を作るプロジェクトを全国各地で実施。作品は、テレビドラマ等で使用されるなど、メディアでも注目を集める。代表は山田龍太 ) 。商業施設など、子ども向けアートワークショップを行なっています。アトリエヤマダ http://yamaryu-art.com

御幣島芸術祭2018.終了しました。
今年は、総合プロデュースを担当させて頂き、全国から新鋭アーティストを招集。
積層ガラス、巨大絵本、点描絵画、ボードゲーム、漫画、ローレフォト、体験型アニメーション、天体写真、スーパーハンコアートなど、これまでの芸術祭にはない独自の切り口の作品を集めました。西淀ブッシュウィック/壁面ライブペイントバトルも無事に終わりました。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像12

画像13

画像13


東京など遠方からもご来場があり、西淀川区に新しい芸術の動きが生まれるきっかけになれば嬉しいです。

画像14


運営スタッフ、アーティストの皆さま、ありがとうございました。


アトリエヤマダ http://yamaryu-art.com

お問い合わせ:info@yamaryu-art.com

#こども #アート #ワークショップ #ペイント #アトリエヤマダ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
「ワクワクをカタチに」をテーマに活動。絵の具とダンボールで子どもたちと巨大絵本を作るプロジェクトを全国で展開。 舞台美術、テレビドラマへの作品提供、芸術祭のプロデュース、宇宙ドミノ。株式会社ダンボる 取締役。アトリエヤマダ代表/巨大絵本作家。都内在住

この記事が入っているマガジン

芸術祭プロデュース
芸術祭プロデュース
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。