yabesaya

編集・ライター・宣伝・企画

映画の在る生活

私は1990年代後半~2000年代前半の邦画が特に好きなのですが、映画って、その時代の社会情勢、経済、カルチャーなどの空気を反映している気がすることがたびたびあります。…

映画の寿命は観られた人数に比例する

タイトルは、Sustainable Cinemaで開催した「これからの座談会」でゲストの小川さん・西ヶ谷さん・汐田さんが話していて、とてもとても印象に残った言葉です。 生まれた映…

映画を観ながら映画に関わっている人の多さに感動する

映画のエンドロールを観るのが好きです。 そして、いつもその関わっている人の多さに感動します。(エンドロールを観ながらその作品を想う時間が好き) その気持ちをカタ…

公開後の映画に起こるムーブメント(にもっと可能性をつくりたい)

2018年から金曜日に公開する作品が増えてきて、ますます初週(金・土・日)の動員への注目が高まってきてるなあと感じています。 公開前のイベントや宣伝では「公開週の土…

これからの座談会をはじめます。

4月からはじめたSustainable Cinemaの取り組みの1つとして、トミーズアーティストカンパニーのマネージャー、宮田さんとはじめました。 Vol.1は「平成生まれが考えるこれ…

公開後の映画が再び注目される時

映画は、企画が立ち上がり、監督・キャスト・スタッフなどが決まり、撮影に向けての準備が進み、撮影、編集、宣伝などを経て、晴れて劇場公開となります。 どんなに長い年…