見出し画像

Sketch vs Figma、どちらを使うべき?

Sketch / Figmaとは?

SketchFigmaはどちらもアプリやWebのUIデザインによく使われるツールです。

私自身は画面のモックの作成やデザインなどに、約1年くらいSketchを使ってきましたが、デザインで有名なGoodpatch社がFigmaを推している理由が気になったので触ってみました。(Adobe XDは今回触れません。使用したことないので、また別の機会に...🙏)

簡単にSketch/Figmaの比較と、Sketchは2020年にSketch Teamsというコラボレーション機能をアップデートを予定しているようなので、そちらについても触れたいと思います。

Sketchの使用感

Sketchの主な機能として、以下のようなものがあります

・Symbol(=コンポーネント。パーツの再利用)

・プロトタイピング(簡単な画面遷移)

・デザインの書き出し

また、作成したデザインをエンジニアやステークホルダに共有したい場合、相手がSketchのアプリケーション(Macのみ)を使用できない場合、PNGなどの画像に書き出すか、Zeplinと連携する必要があります。

Figmaの使用感

Goodpatch社の記事はこちら↓(詳しくはこちらをご覧ください)

軽く触ってみた感じだと、使用感はSketchと結構近い感じがしました。が、Sketchと比較して、以下の点が優れているな、という感じです。

・Webで編集/閲覧可能

・同時編集が可能

・いつでも最新版

Sketchはアプリをインストールしないと編集できない、同時編集もできない、といったデメリットがありますが、Figmaであればそこをカバーできます。また、Webにアクセスすればいつでも最新版のデータにアクセスできるので、いちいち最新のファイルを探す手間も省けそうです。

同時編集によって作業効率・スピードも格段に上がると思われるので、スピードが求められる現場と相性がよさそうです。

Goodpatch社のブログにもある通り、一言で言うと、よりコラボレーションに向いていると思います。

Web上で色やサイズなどの詳細が見れたり、コメント機能があったりする点なども含め、Sketch+Zeplinをひっくるめた機能がFigma(Webのみ)で完結する、という印象です。

Sketchも負けていない

しかし、Sketchも負けていません。

2020年、Sketchでも「Webで編集」「同時編集」などの機能が実現されるとのことです!

そして先ほどリリースされたのが「Sketch for Teams」。これまでローカル上で保存していたSketchファイルをクラウドに保存、そしてこのファイルを複数人で閲覧・コメント・編集できるというものです。自動でバージョン管理もできるようになっています。(Sketch Cloudとはまた別物らしい)
ただし今回リリースされたBETA版には「同時編集」の機能は含まれていませんでした。

すでに複数人での編集には対応しているとのこと!

(Sketch Teams試したかったけど、最初から支払い登録求められたのでまだ試せていない・・・😭)

「Web編集」「同時編集」の機能が実現されたら、今まで通りSketchを使いつつ、Figmaのいいとこどりもできそうなので、すぐFigmaに以降せず様子見るのも良さそうです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
株式会社Phone Appli 所属 / リサーチャ / フロント寄り / 投稿は個人的なもので、所属組織とは一切関係ありません
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。